産業動物と愛玩動物
失政の果て、と言われていますが。
問題は畜産業の危機、多くの人々の暮らし。
処分され土に埋められる資産。あまりの悲劇に言葉を失います。
a0067056_1171473.jpg
うちにあるビルコンSは、昨年3月に使用期限を迎えてしまっている。
ほとんど毎週作っていても、まだ1/3も減っていないくらいで
このまま使い切らない可能性が高いのですが
こんなものを寄付しても…と、うだうだ悩んでいるうちに
宮崎県の牛や豚は、殺処分がはじまってしまった。

今回の殺処分について、日本の動物愛護団体はどんな声を
あげているのかと興味を持っていくつかの活動Blogを
探してみましたが、目だった反応がありませんね。
この状況では、1頭たりとも命を救うのは不可能だと、
しかも本来食用の動物なのだ、と現実的に受けとめたりもしますが
しかし。



a0067056_117209.jpg
25日は写真を撮っていないので
2009年3月28日のすずを無意味にピックアップ。
カテゴリが猫話なので、ちょいと強引に(^^;)。
ビルコンSは、猫のゲーとかジャーとかぼっとんなどの
掃除に使っています。
[PR]
by K318Ci | 2010-05-26 01:54 | 猫話 | Comments(4)
Commented at 2010-05-26 11:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Niya at 2010-05-26 16:42 x
口蹄疫怖いですね。牛さん豚さん、弱い立場の子達が
犠牲になってしまったんですよね。人がしっかり気をつけていれば
大丈夫だったかもしれないそうで…

ビルコンSで調べたら、動物が舐めても大丈夫なようなことが
書かれていて、かつ伝染病の原因も殺菌できるとか。
ワクチンを打たないと決めたうちでは毎日気をつけないと
いけないので興味がありますが、どこも売り切れ(^^;;;
ついでに服用してる薬で常に免疫力が低い私にも
都合が良いんだけどなぁ…もちょっと探してみようっと。
Commented by K318Ci at 2010-05-28 01:51
鍵さん。
経済動物ということで、疫病の扱いも特別なんでしょうかね。
致死病ではないのに動物を殺して埋めなくてはならないなんてせつないです。
(↑政治家がこれ言っちゃおしまい、ってのもわかるんですが…)。

「都市伝説」じゃないんですね。もしかしたら三味線作りと同じように、
野良猫獲りも昔からの“伝統”だったのかも知れませんね。
保健所からの犬猫の引き出しは、現在は厳しくなったとか。
業者に渡さずとも結局殺処分なので、なんだかなぁと思います。。

猫飼いなので、猫の意思や感情には共感できるのですが、
豚や牛と心を交わした経験がないので、今回の殺処分を
どう受け止めたらいいのか迷っている感じかな、と
私の場合はそう思ってます。
Commented by K318Ci at 2010-05-28 02:16
Niyaさん。
当初の報道が、今もそうですけど、なんだかおかしな空気でしたよね。
感染症だから騒ぎ過ぎないように、と自制しているのかな~
なんて思っていましたが、放置していたとは。

ビルコンは4月のアイスランド火山噴火で輸入が滞って品薄だったところ、
口蹄疫騒ぎで枯渇状態になったようですね。
ノイエがお世話になっている動物病院ではこのビルコンを使っていました。
ほかの6匹が通っている病院ではクロルヘキシジンの消毒薬を使っています。
クロルヘキシジンは、一般では、ヒビテンなどが薬局で買えます。
ビルコンは噴射一発ですべての対象ウイルスや雑菌を不活化できる
ものではなく、約20分程度、水溶液に浸すか、あるいは湿らせた状態で
置いておかないと、効果が期待できないそうです。
また、動物と直接接触しないよう注意しないといけません。
使った後はうっすらとピンクの粉末が残るし、微妙に使いづらいです(^^;)。
消毒薬は製品によって特性が違うと思いますが、使いやすかったのは
次亜塩素酸系のものか、強酸化水などでした~~。
<< 猫TOYほかいろいろ 雨 >>