見えないことがある
大地震発生から1ヶ月、これまでいろいろなことが起きて。
復興に向けて動き出した、と報道されているけど
どこかの避難所ではいまだ食料品も充分に行き渡っていない、などと
ネットで噂が流れてきたり。
原発の問題では、政府や関係機関、電力会社の会見内容について
おかしい、本当のことを言っていない、とさかんに非難されていたり。
うちの地方では被害がありませんが、緊急地震速報や津波警報だけが
けたたましく鳴り響く中、仕事だけは期限まで確実にこなさなくては
ならなかったり。
なっかなか、落ち着いて暮らせない状態ではあります。
しかし、これほど自分が大勢の人と同じ事を考えて、
同じ反応をするとは思っていなかったですよ。

a0067056_3191426.jpg

a0067056_319156.jpg

a0067056_3191744.jpg
猫どもが普通に元気に過ごしていること、
これは助かりますな~。



仕事で、被災地に赴き、大災害の最前線で働いた人たちと
接することがあるのです。
1週間程度、現地で過ごし、帰ってきた彼らは
みな一様に面立ちが変わっています。
なぜか、顔が赤くくすんで、吹き出物が多いです。
赤いのは、もしかしたら日焼けかもしれません。
顔色がくすんでいるのは、十分な休息が取れなかったのかもしれません。
でも、帰着直後の彼らに共通した、どこか壮絶さを感じる表情に、
彼の地で、何を見て、何を感じたのか。
…なかなか聞くことができません。
[PR]
by K318Ci | 2011-04-14 03:33 | 猫話 | Comments(6)
Commented by さっち at 2011-04-14 13:08 x
現場で働く方に、漏れ聞こえてくる情報を知るに従い、聞けないですね。。。
壮絶な緊張感の中で、働かれているんだと思うと。。。
福島では、防護服や長靴が道の真ん中に置き去りにされているとのことです。
本当にお気の毒だと思います。
まだまだ大きな余震で、落ち着かないですね!
Commented by 茶道具 at 2011-04-14 22:47 x
かの地で何があったのか…
TVで見てるだけでも、想像するだけで頭が痛くなるけど、
本当のところは、現場に行ってみないと、
わからないものなのでしょうね。
伯父が、北茨城の海岸で旅館を営む遠い親戚の所に、
津波の片付けの手伝いに行ったのですが、
普段タフな伯父が「とにかく凄まじかった」と憔悴してました。

大手メディアもネットも、右に左に大荒れですね(^ω^;
大手メディアは、ある方向に視聴者を導こうとしながら、
どーもやり方を間違ってるようだし、
WEBの情報も含めて、
あらためて情報との付き合い方を考えさせられる局面。

個人的には、原発ストレスがそろそろ限界です((+_+))
Commented by すかぽん at 2011-04-15 23:33 x
ユキ姐さまの正面顔、かわいくて大好きです(*^^*)。

被災地帰りの方々のお顔の件、おそらく日焼けでは…
ただの日焼けではなくて、津波を被った場所は、塩混じり油混じりの
埃まみれなので、日焼けも海以上なのではと思われます。
うちの会社の子たちも被災地入りするんですが、
日焼け止め持たせないといけないかも…と思いました。
Commented by K318Ci at 2011-04-19 02:24
さっちさん。
何と言っても被災者の方々の思いに、どこまで応えられるかが
大事なことなので、よそから入っていった人間は衝撃を感じても
思うように言葉に出せないようです。
福島原発の問題はまだまだ解決の糸口が見えず…多くの課題を残しつつ
避難生活を送らざるを得ない方々の苦悩に、声さえかけられないという
現状が、いちばんつらいです。
余震、すごいですね。うちはほぼ揺れないので、警報だけでドキドキ
しているんですよ。余震に晒されている生活は本当にストレスが多いと
思います。早く沈静化してほしいです。
Commented by K318Ci at 2011-04-19 02:24
茶道具さん。
茨城の被害もはんぱないですね。いまだ報道に取り上げられることが
少なくて、それだけ今回の震災が大規模だったと言うことでおそろしいです。
片付けお疲れさまです。うん、被災地に行った人は憔悴していますね。
お疲れさまです、と心のうちで声をかけたりして…それしかできないです。
メディアは、影響力を考えると火種になるのだけは避けたいといった部分が
大きいような気がします。
ネットは好き放題ですからね~、でも、匿名で大騒ぎしている人でも
直接話をすると「まぁ危険と言えば危険だけど、政府の安全性に関する
報道に間違いがあるとも言い切れない」となってしまうんです。
それだけ、今は、一声で大パニックになりかねない事態だと思うんです。
私、原子力のことはさっぱり詳しくありませんが、逃げる準備だけは
しておいて、落ち着いて過ごすのが賢いかな、と感じています。
…きっと誰もがそう感じていそう(^^;)。
Commented by K318Ci at 2011-04-19 02:25
すかぽんさん。
お元気そうで嬉しいです(^^)。
ユキの方は変わりなく元気にしています。いやもう、猫がいつもどおりに
世話をかけてくるのが幸せだったりしますね~。
すかぽんさんの身辺でも被災地に赴かれる方がいらっしゃるんですね。
もう出発されたのでしょうか。そろそろ紫外線が強くなるので
屋外に出られるなら、日焼け止めがあったほうがいいかもしれませんね。
私が出会った支援(というか応援)組は、11日から被災地に向かっていて
当時は雪がちらつく悪天候の中での仕事だったはず、なので赤ら顔の
理由はいまだによくわかりません。
皆さんご無事で!
<< つくるよろこび(嬉) 春らしく >>