安全首輪
ハリーに着けていた首輪を発見しました。ホッ。
a0067056_0485672.jpg
工具などを詰め込んである場所に、
1本に伸びた状態でみつかりました。
狭いところにもぐりこみ、引っかけて外れたようです。
猫の首輪に気を遣う人はあまり多くないかも
知れませんが、狭いところへ、高いところへ
自由自在に行動する猫は、首輪を引っかけて
動けなくなる事があります。
家では、すべて外れる首輪を使っていますが
これがまあ、よく外れて落ちます。

首輪の安全性にこだわる理由は…今は亡き先代の猫が
縁の下に脱走しまして(脱走ダメですねえ)。
しばらくのち、何くわぬ顔をして帰ってきました。
彼女には皮のひもで作った首輪を着けていました。
何日も経ってから、縁の下への侵入口に、ちぎれた
首輪がぶらさがっているのを発見しました。
彼女は首輪に縛られたまま、ずっと頭を伏せて
途方にくれていたのでしょう。
そして、必死で首輪を引きちぎったのでしょう。
その時のことを考えるたび、寒気におそわれます。
先代猫の首にひっそり残っていた傷跡、かさぶた、
いまでも忘れられないです。

a0067056_153143.jpg
今日の写真の中に、
シマの変な顔が写っていました!
いま「オーラの泉」放映中なので
いろいろ考えちゃうですよ(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2006-03-14 01:14 | 猫話 | Comments(3)
Commented by mintcandy2004 at 2006-03-14 01:40
首輪が引っかかって・・・怖いですね。
先代ねこちゃん、無事でよかったけど、怖かったでしょうね。
すぐに外れてしまっても、猫ちゃんにとって安全が第一ですね。
可愛いだけでは選べませんよね。
Commented by らっき~ at 2006-03-14 16:04 x
迷子札は考えれば考えるほど悩みます。
外れてしまっては意味がないし、かといって外れなくても
引っかかった時大変。
う~む、う~む。
Commented by K318Ci at 2006-03-14 23:54
>mintcandy2004さん、猫の首輪でプラスチックのカッチン止めになって
いるタイプは、簡単に外れる首輪に改造出来るんですよ〜。
機会があったら公開します(他でも公開しているHPがあったような)。

>らっき〜さん、それ、その悩み、まったく同じです!
迷子札なのに、猫は元気で首輪+迷子札ばかりが迷子になっています(笑)。
田舎では、マイクロチップなんてアテにならなさそうだし…
ほんと悩みます。
<< また雪 キセノン >>