猫と子ども
家にテンション最高潮の幼児がいると、猫どもはびっくりして
ヒキコモリになってしまいます。そのなかでも、それぞれの反応が
微妙に違っていて面白いですね。
a0067056_9572198.jpg
朝のひととき、窓際でのびのび。日々気温が急上昇しています。
好奇心の強いユキは、ちょくちょく幼児を観察しにきます。
a0067056_9585938.jpg
アンジーはひごろから来客にご挨拶をかかさない接待部長です。
今回も幼児パワーに負けず、愛想をふりまきました。
甥っ子がアンジーをだっこして、服が毛だらけになってしまい
半べそをかいていました(^^;)。
a0067056_1005522.jpg
ハリーがいちばんのヒキコモリでした。
来客中はいっさい姿を現しませんでしたが、日課のうんこ爆弾だけは
いつもの場所に落としていました(- -;)。
a0067056_10112046.jpg
シマはユキ姐の後ろをついてまわり、幼児の歓声を浴びると
シッポをギュッとたたんで妙なヘッピリ腰で逃げていきます(笑)。
幼児の猫人気ランキングは
1.ユキ 2.ハリー 3.アンジー 4.シマ ってな感じでした。
姿を見せないハリーがなぜ。シマ坊は不満そうです(笑)。
a0067056_10141041.jpg
ユキ姐さんは幼児にネコジャラをつんつんされて
ムッとしていました。
おおさわぎしていた甥っ子姪っ子たちは今朝、家路につきました。
平和が帰ってきたねえ。
[PR]
by K318Ci | 2006-05-06 10:22 | 猫話 | Comments(2)
Commented by mintcandy2005 at 2006-05-06 16:18
うふふ、大変でしたね!
子供って、ある意味猫にとっては脅威ですから。

でも甥っ子さんや、姪っ子さんたち、ニャンコがいっぱいで喜んだでしょうね~^^
お疲れ様でした~^^
Commented by K318Ci at 2006-05-07 00:19
mintcandy2005さん。
子どもたちにとって、我が家はさながら動物園の様相だったかも知れませんね(^^;;)。
猫どもは追いかけ回されてびくびくしていましたが、今ではすっかりくつろいでいます。
<< リセット 世界遺産への旅 >>