エアコンの修理
12日の午前、みるみる雲がおしよせて、遠雷がたちまち頭上に到達。
ドカーン! ドカーン! ヴァリヴァリヴァリ〜〜。
部屋の前に立つ電柱のトランスがビチビチビチッ!!!
雨でたちまち側溝増水、近くを消防車がサイレン慣らして走る!
向かいのチコちゃん、はげしく絶叫。
ヌシはパソコンまわりのコンセントを抜いて縮こまっておりました。

パソコンなどを守るために「雷サージ機能付コンセントタップ」というものが
ありますが、こういう製品の雷サージは、1回働くと終わりなんだそうです。
通電をシャットダウンすることはありませんから、知らぬ間に雷サージ機能を
使い果たしていることがあるらしいですね。
(↑いま聞いた話なので復習なしに書いてます、間違っていたらご指摘を)。

11日はエアコン2台の修理にきてもらいました。
ヌシうさぎ部屋の7年モノ=規定の数値は満たしているし、壊れてないけど?
1階部屋の17年モノ=部品があるから修理できますよ♪
と、予想とは逆の結果に。
7年モノの方が修理可能で、17年モノはもう無理だろうと思っていたのですが。

でも「壊れていない」はショックでした。あきらかに冷えなくなっているのです。
修理のおじさんのアドバイスに従って、設定温度を低く、風量を最大にして
過ごしてみましたが、炎天下のうさぎ部屋は一向に冷えません。
あげくのはてにブレーカーが落ちました(T T)。使えねえです。
経年劣化による寿命、ということでしょうか。


深夜なのに設定温度20℃、やっとこさ冷え出したうさぎ部屋にて。
a0067056_14164013.jpg
「今日のしわくちゃシーツも最高よ!」
ユキ姐さんは、何がシーツの下で走り回っているのか
わからなかったようです。
a0067056_1418226.jpg
「重い、重いわっ!!」
ユキ姐さん、ガブガブやってました。
a0067056_14193517.jpg
「ぷはー、爽快だわ♪」

[PR]
by K318Ci | 2006-08-12 14:26 | 猫話 | Comments(3)
Commented by らっき~ at 2006-08-12 21:45 x
えっ!1回でだめなんですね
ますます電源落とすの気をつけなければ
近所の避雷針には何年かに1度の割合で落ちます
今度落ちるとそくご臨終ですね
気をつけよう、気をつけよう

ユキ姐さん、すごい真剣に見てる
ぷは~のお顔可愛い
アンジーちゃんお髭長~い
Commented by すかぽん at 2006-08-13 00:24 x
エアコン壊れてなくても、冷えないのであれば意味がないのでは(^^;)。
冷媒抜けちゃってるんでしょうかねえ?
ユキ姐さまの、じいっっ、の図、可愛いですなあ(*^^*)。
アンジー嬢は、ユキ姐さまにガブガブされても、大丈夫なんでしょうか(笑)。
Commented by K318Ci at 2006-08-13 01:07
らっき〜さん。
そう、1回だけ働いたらサージ機能はおしまいで、残るはただのタップだけ
ということらしいです。
2個、3個とつなげたら危険回避数は増えますが、それもスッキリしませんよね。
アンジーはシーツ敷きの邪魔をしてしごく満足そうでした(^^;)。
ヒゲ、長いですね。
それでもってヒョロヒョロしてるので、ちょっとお間抜けです。

すかぽんさん。
エアコンは年数が経つと風量などは確実に落ちる、とも言ってはりましたね。
冷媒の話は出なかったです。もう一度聞いてみるつもりです。
ユキは好奇心が強いので、こういう時にノリがいいんです(笑)。
アンジーはガブガブにさらにボルテージが上がったようで、
ぐるっぐるっとシーツの下を走り回ってました(^^)。
<< 限定解除 ママン? >>