すずバリバリ伝説
おおー、みなさんご心配をおかけしてスミマセン。
すずは元気です。と言うか、26日(27投稿)のトピックを載せた時点ですでに元気バリバリでした。また心配性爆裂でわかりにくい書き方をしてしまいました〜。
シクラメンについては塊根が有毒であると確かめましたので、人間と違う猫特有の中毒などなければ単に草を食って吐いたような状況だったと思われます。ユリ中毒は幸い軽かったようです。ただ、鼻づまりはここ最近にしては治りが遅いので、

また動物病院に行きますか、すず!

このトピックは次回、編集し直します。
んでは、カキナグリーノ・スパコイナィノーチ。


(↑28日早朝に、へろりん状態で書きました。)
—————————————————————————
(↓28日の夜更けに再編しましたが、やはりへろりん状態です。)


28日には、すずもすっかり元気を取り戻しました。
a0067056_2241294.jpg
じっ…と狙ってます。
a0067056_2261365.jpg
ネコジャラにくっついたキラキラボンボンがターゲット。
鼻づまりは夜になると悪くなるようです。
ちょっとだけ、目がショボショボしています。
a0067056_2293637.jpg
28日には動物病院で、おなじみの目・鼻薬&内服薬と
フードのサンプルをもらってきました。
ウォルサムから新しく出た“ベッツプラン”をすずに
食べてもらおうかなと考えていました。
子猫用がいいのか成猫用がいいのか聞いたら
「生後半年なら、そろそろ成猫用でもいいそうですよ。」
とのことです。ヌシ家のような多頭飼いの場合は
“ベッツプラン メールケア”の方をおすすめするそうです。
ヌシ家はほとんどがフィメールなんだけどな。
メールケアはカロリー低めだったので、すずにはもう少し
子猫用を食べてもらおうかな。
a0067056_2365091.jpg
頭数の増加にともなって、トイレを増設・テスト開始。
「キャットワレ」は驚くほどコンパクトでした。
新しい砂を入れただけで、さっそく使ってくれました。
シマ坊、どこカイカイしてるんだ。
しかし、この撮影から数10分後…。
a0067056_2395810.jpg
ま、まじですか?!







—————————————————————————
【すずバリバリ伝説・改】


すずは、25日夜〜26日午前中に、買ってきたばかりのシクラメンの鉢の
お花をもりもり食べてしまいました。
そして、26日の午前中に、おかんが奮発して買ってきたユリの切り花の
花びらと葉の一部をかじってしまったようです。
26日午後のまだ明るい時間、食べた物をほとんど全部吐きました。
ピンクのシクラメンの花びらが、そのままごっそり出てきました(T T)。
すずが嘔吐することは珍しいので、経過を観察していました。
26日いっぱいは、動きはやや緩慢でしたが、ゴハンを食べて排泄も順調。
(多頭飼いなので排泄の把握が難しいですが、運良くうんこシーンを目撃)。
元気といえば元気だけど、いつもの活発さはないかな、といった状態でした。
猫どものテンションは、日によってムラがあります。
ヌシの心配性ゆえ、ただ寝ているだけなのに元気なく見えた可能性が(^^;)。
27日にはほとんど復活していました。
むしろ、先週末から治らない風邪の症状の方が気になります。

28日、動物病院へ。
気になることは
●数日前から鼻づまりが治らない。
●そろそろ避妊手術はできるかな。
●ユリとシクラメンの花を食べた。
です。

体重 3kg、平熱。

●風邪は、点眼・点鼻薬と、飲み薬。いつもの薬です。
●避妊手術は、風邪が治ってから(症状が治まってから?)。
一般的には、歯がすべて生え変わったら手術は可能。
●ユリとシクラメンの猫に対する有毒性については…
「わかんない。」
は?
レアケースだったのか、獣医さんは即答できませんでした。
それでも、調べてくれました。
シクラメンについては毒性があるのかどうかハッキリしない語調でした。
ユリは危険なようです。
「腎臓に来るので、すぐに症状が出なくて2日ほど経って出る場合がある。」
と、何かに書いてあったようです。
「異変があったらすぐに連れてきてね。検査ができるから。」
だそうです。

いまひとつわかりませんでしたが、たった今調べてきてもらったことを
さらに細かく聞いてもしょうがないですね…。
すぐに吐いたこと、その後はいつも通りで食欲や排泄に異常がないこと
などから、とりあえず問題なしと結論が…あいまいながらも出ました。
今後機会があれば、
「毒物を摂ってしまった猫がどんな反応をするか、どんな症状が出るか」
といったことを中心に聞いてみようと思っています。

肝心の患畜=すずは、診察中もジタバタしながら「キャリーから出してー!」
「おうちに帰るうぅ〜!!」とばかりに鳴きまくっていました(^^;;;)。
鼻をスピスピ鳴らしてますが、バリバリ元気です。
[PR]
by K318Ci | 2006-11-28 03:54 | 猫話 | Comments(6)
Commented by うみ at 2006-11-28 16:29 x
えええっー!そんな事が起こっていたとは露知らず…。
でも、すずちゃん大丈夫で良かった。
ユリの花やシクラメンの花が猫にとって有害だなんて、
私も知りませんでした。
身近な所にキケンはいっぱいあるんですね。。。。
私も愛猫が食べちゃう前に知って良かったです。気をつけないとな。
Commented by すかぽん at 2006-11-28 23:38 x
すずちゃん、良かったーっ!!
しかし、鼻づまりの方もあるのでは、動物病院にGO!ですね(^^)。
植物系の中毒って、犬や猫に関しては、かな~り個体差があるみたいです。
すずちゃんは、耐性強いのかも(^^)。
いずれにしても、軽く済んでなによりでした。
セニョーラスズゥ、オダイジーニョ(笑)。
Commented by K318Ci at 2006-11-29 01:00
うみさん。
えええーっ! スイマセン。事件は危険極まりないものでしたが、結果は
幸いにして極めて軽い症状(1回ゲロンパしただけ)で終わりました。
お騒がせして申訳ないです。
ユリは危ないらしいですが、シクラメンの方は花、葉などは毒がないと
されているようです。でもほとんどのデータは人間用なので、猫の場合が
どうなのかわからないです。
うみさんメールありがとうございました。お返事遅れてすいませんです〜。
Commented by K318Ci at 2006-11-29 01:03
すかぽんさん。
はい、なんだか悪い方向へ想像できるような書き方をしてしまい、ほんとに
すいませんです。
鼻づまりやら目やにやら、風邪っぴきは相変わらずですね。
ほかの兄妹たちが元気にしているよう祈ってます。
すずは風邪の方はダメですが(^^;)、どこか強さとたくましさを感じます。
野良猫ってこういうところがすごくいいなあ、なんて思ってます。
Commented by ジェム at 2006-11-29 22:42 x
大事な事態だったようですが、現在は落ち着いているということで安心しました。
実家ではもう20年も(最多5匹)飼っておりましたが、ユリが危険な植物という認識が全然ありませんでした。
どちらかというと花瓶を倒される被害の方が多かったです。
そのせいもあって、現在は切花は買うのは避けてしまっています。
ただ、やはり葉っぱは気になるみたいですね。キリン草がたまにかじられています。

遅くなってしまいましたが、首輪無事に届きました。ありがとうございます。
上手く写真に撮ることが出来たら、お知らせします。
Commented by K318Ci at 2006-12-01 03:34
ジェムさん。
変な物食べちゃいました(^^;)。幸い、影響は少なかったようでひと安心です。
花瓶を倒されるのは家でもよく、いえ、必ずありました。引っこ抜くんですよねー。
少し前に近所のお家から菊の花をいただいて、それは全く無傷だったのです。
菊は猫が避けるナニカがあるんでしょうか。
到着のお知らせ、ありがとうございました! 似合ってくれるといいな、と
ドキドキしております。
<< 師走突入 花喰い猫 >>