おやつ命、ゴハンも命
おやつだよ、全員集合!
a0067056_245716.jpg
おいおいパソコン踏むなよー。
a0067056_262184.jpg
おやつ命の2匹が真っ先に最前線を陣取ります。
袋をフガフガやってジラしてみますが、この時点で
鉄の爪が飛んでくるのを覚悟しなければなりません。
うっかり隙をみせると、本気の爪出しパンチで奪われます。
おやつはいつも、真剣勝負!
a0067056_285791.jpg
朝、まだほんのり暖かい湯たんぽに乗っかって
暖をとるすず。
この布はこれら↑の袋もの用に購入したんでした(汗)。
もさくるしい用途で恐縮でございます。
首輪に仕立てたほうが見栄えがしますね。
[PR]
by K318Ci | 2006-12-09 02:14 | 猫話 | Comments(6)
Commented by さっち at 2006-12-09 02:55 x
いいな~、おやつでわらわら集まってくるのって。
アンジーちゃん、顔突っ込んでるしww
しまちゃんもなんとも言えないお顔だこと!

湯たんぽ入れ、とっても素敵ですよ~。
わたし、柄選びのセンスがないものでww
布地になっているとむつかしいです。
Commented by うみ at 2006-12-09 14:06 x
あにゃーみなさん目が真剣ですね。
瞳でものすごく語ってますねぇ~『おやつくれ』と。(^^)
湯たんぽ袋、可愛いですね。こんな風にオリジナルでどんどん作れるなんて、素敵です!ボタン付けさえ面倒くさがる私にはヌシさんが眩しすぎますっ。(☆ω☆)
↓にゃんこの画像、どの子達もカワイー♪
 ミケたんの初ブログデビューだ(笑)。素敵な首輪が見えずらい写真ですみませぬ。載せて頂いてありがとうございます。(^^#)ワーイ
Commented by すかぽん at 2006-12-09 23:14 x
いやいや、すっかりご無沙汰している間に、↓めっちゃ可愛い画像が(^^)。
うちの子は、試着は済ませましたが、まだもったいなくて、クリスマスの晴れ着にとってあります♪
で、正月実家に帰る時に着けていって、母に自慢したいと思います(笑)。
さらに↓のアンジー嬢、うちのうずらを彷彿とさせますです。
ふくがとても軽快で活発ゆえ、おもちゃ遊びのスピードについていけない様子が、
なんとも不憫で・・・・・
さりとて、うずらだけを別室で遊ばせると、ふくがイジケてしまうし・・・
なかなか難しいです。
Commented by ネネコチャ at 2006-12-10 00:20 x
 先代猫の命日、写真の前に水を置き、線香を焚いて手を合わせました。「3人」で(笑)。
  ↓ の亡くなった猫君のご冥福をお祈りします。見たことない猫君ですが、泣けてしまいました。これからは虹の橋で、飼い主さんをずっと待っていてくれることでしょう。
Commented by K318Ci at 2006-12-10 01:41
さっちさん。
わらわら、ではなくて【 殺 到 】です(^^;)。
数が多いからか食への欲求は尽きないものがあるらしいです。
とくにアンジーとシマが食いしん坊で…肥満の心配がなければ
もっと食べさせてあげたいのですが。
布の柄を生かすのって難しいですね。私はお裁縫の経験が
乏しいので、最近首輪づくりや↑のような簡単な袋物を作って
これはテクニックとかセンスが重要な世界なんだな〜と実感です。

うみさん。
食いしんぼ揃いで(;^_^A  クレクレコールは私が台所に寄る度に
浴びせられます。湯たんぽ袋ですが、もう拡大しては絶対お見せ
できない低クオリティの仕上がりです。いつ破けるやら…。
ちなみに手縫い、できません(爆)。
ミケたんの掲載許可ありがとうございます(^▽^)。
靴下猫さんっていいですね。風邪っぴきのくぅタン(弟君)もかわゆい
靴下でしたが、あれはいいものだ、しみじみ。

※うみさんのミケたんは、12/8トピックの画像の、左上から下に2段目、
 左から右へ数えて2枚目の、見上げポーズのソックス三毛さんです。
Commented by K318Ci at 2006-12-10 01:48
すかぽんさん。
おおお、ご無沙汰しております。もう落ちつかれたのでしょうか。
私などは新しい首輪を着けても、写真におさめるのが難しくていつも
あきらめてしまうのですが、みなさん上手に撮っておられるので
感激しました。首輪の着け換えは猫が嫌がったりするので、無理せず
楽しんでいただけたらと思います。
ふくちゃんとうずら玉子サマは極上の仲良しコンビだと思いますが
それぞれの性格は対照的なんですね。
のんびりさんと活発さんが同居していると、それぞれのペースを掴むのに
苦心するものですね。家も、争いがないのは幸いです。

ネネコチャさん。
チャさん、いらしたかしら。満足して帰ってもらえたらいいですね。
下記の猫さん、Blogにて闘病記録を拝見して私もいつか元気な姿が
見られると願っていただけに、残念で悲しくてしかたなかったです。
(サイドメニューの「カッツェ・カフェ」さん→「衣猫日記」さん)
この難病の治療法が早く確立してほしいと強く願います。
<< まごころのお知らせ 福猫 >>