牛柄の黒船
22日は豪雨のおかげで蒸し暑かったのですが
23日は涼しくなり、空気もほどよく乾いてきて、
すばらしく快適〜でした。
仕事で某企業のショールームを訪れ、そこで
デモンストレーション中の産業ロボットをたくさん見て
はげしく感動しました。
あんなに動きが速いとは!
a0067056_23432826.jpg
ノイエの動きより、速かったぞ(笑)。


さてさて…このところ困ったことが。
家の周囲に、猫がやってくるようになってかれこれ1年。
牛柄の彼は、すずたち風邪っぴき兄妹の父親説もある
筋金入りの野良猫です。
どうやら、家族の気配がないときを見計らって
窓の外から、家の猫どもに攻撃をしかけている模様。
突然、アルミサッシに体当たりするような衝撃音が聞こえたかと思うと
間断なく、シマをはじめユキやハリーの絶叫が響きわたります。
あわてて現場を見に行くと、パニックに陥ったシマやアンジーが
見境なくケンカをはじめたり、猛ダッシュであたりを走り回ったり
たいへんなことになってしまっています。
この襲来が起きると、しばらくの間、大人猫たちは総毛立って
ピリピリした雰囲気がただよっています。
家の周囲、外壁にはときどきシッコのあとも発見します。
かぐわしいこと例えるものなし。
犬は角にマーキングすると思いますが、猫は壁のド真ん中でも
マーキングするんですね、知らなかったです。

それこそ、迷える野良猫なら(家の外に立てばよく出会いますが
懐かせるのは難しくなさそう)保護するか、と何度も考えましたが
現在の我が家の状況では、保護も里親募集もできません。
こんなことがもう1年。まいったのね〜〜〜。
[PR]
by K318Ci | 2007-08-24 00:11 | 猫話 | Comments(5)
Commented by すかぽん at 2007-08-24 03:54 x
いやはや、実はうちも困っております(^^;)。
うちの場合は、れっきとした飼い猫の外猫さんなのですが、ドカン!と
サッシに体当たりをしたり、網戸を破いたり(^^;)(^^;)。
マーキングも、困ったことに、車のホイールにかけられたりするんですわ(怖)。
しっかし、サッシに体当たりをして、当のご本猫は、痛くないんでしょうかねえ~
物凄い音がするんですが(^^;)。
Commented by ネネコチャビー at 2007-08-24 09:29 x
 うちも困っております~、サビママン&茶トラッ子親子。
 ゴハンをあげるのは全然かまわないのですが、茶トラッ子が植木でシッコウンコしてくれちゃってます。網戸にぶら下がっていることも。そのうち、茶トラッ子も車にマーキングするようになるんでしょうねえ。やれやれ~。
Commented by チャーシロ at 2007-08-24 18:30 x
大変ご無沙汰ですが、毎日のように美猫たち拝見しておりますよ。
すずちゃんたちの母猫のこと気にはしておりました。里親探しはホントに大変ですよね。ところで父猫?とのことですが、北日本動物福祉協会で春に続き秋にも不妊手術キャンペーンが行われます。オス猫はなんと3800円です。うちの町内をぶいぶい言わせていた筋肉リュウリュウのオス猫も捕獲機で捕まえて手術したところ、毎夕おなかを上にどてっと寝転んでおります。こんなにも穏やかになるものかって感じです。まあ、性分にもよるでしょうが・・・先住町猫たちともとても仲良しになりました。こういう例もあるってことで、ホームページ見てみてください。でも総数に限りありかな?オス1匹ならなんとかなると思いますが・・・よろしくご検討の程を!
Commented by K318Ci at 2007-08-24 21:55
すかぽんさん。
飼い猫さんですか〜。それでは手も口も出せず、なんとも言葉に
しがたいですね。そうそうおんなじですよ、大きな音がするところ。
猫の習性なんですね。
ホイールにマーキング(T T)、おんどりゃぁ…。飼い主さん、
猫の行動をもうちょっと考えてほしいですね。

ネネコチャビーさん。
家では、ゴハンをあげたらもう面倒見なきゃと思っているので、今の
ところ一切手を出しておりません。こんなこと、はじめてで(^^;)
どう対処したらよいのやら困惑です。保護した方が気が楽っす。
しかし猫は大昔からこうやって生きてきたんですよね、きっと。
猫を飼っていながら、外猫を受け止められない自分を歯がゆく思います〜。
Commented by K318Ci at 2007-08-24 21:55
チャーシロさん。
おお、ご無沙汰しております。お元気ですか。ご覧いただいて
ありがとうございます。
不妊手術キャンペーンは富山市のショッピングセンターでポスターを
見ましたよ。富山市近郊限定かと思っておりましたが、心強い活動ですね。
実は、家では約3ヶ月ほど前、猫全員のコロナウイルス抗体価が
高いことが判明しまして、現在は抗体価の下降を目指していろいろと
取り組んでいるところです。しかし、未だかんばしい結果を出せて
いません。幸いにしてFIPを疑う症状は全く見られませんが(なので
発症とは違います。誤解なきよう願います)、家の猫たちもそれぞれ
保護主さん、ブリーダーさんから生涯を預かった存在です。
彼らの健康を無視して、外の猫の保護はできないと考えています。
何度か外で牛柄の彼と出会って、非常に切ない気持ちでおります…。
貴重なご意見に、このような答えしかできず、本当にスミマセンです…。
<< トイレベッド? 雨が! >>