もっともうれしいこと
猫と暮らすのはすてきなことです。
もっともすてきなことは、
猫と22年間共に暮らすことだ、
と、いつも夢見ております。
a0067056_047539.jpg
つーわけで、オマエラあと18年ほどよろしく。
[PR]
by K318Ci | 2007-12-12 00:51 | 猫話 | Comments(8)
Commented by SUZUNA at 2007-12-12 01:45 x
より長く、穏やかな日々を愛猫と暮らしたい...私も常々思っています。
年長さん2匹。仲良く眠ってますね。まだ6歳なんですね。
ノア&アイリスはあと6年です。(でも何故に22年??)

結局、USBカードリーダーを買う事にしました。林檎専門店で。
今月中に皆既月食の写真が取り込めそうです。。。
Commented by おでん at 2007-12-12 07:41 x
22年一緒に暮らせたらそれは何と素敵でこの上なく幸せなんでしょうか。

私も後・・・バカ猫達と何年暮らす日々があるのかな?
いつも思います。昨日、猫達と一緒に寝ながら号泣しました。
このあったかい存在を知ってはもう、ダメですね・・・
11年半、猫&旦那(知り合っても含むw)とともに暮らす日常を大事に、
そして願わくば、次の世代に託したい、と思って頑張ってる気持ち。
ホントに大事にしたいです。
いつでも、これからもよろしくお願い致します(^-^)
Commented by ネネコチャビー at 2007-12-12 13:40 x
22年。私はバアさんだ……(爆)。自分のことはさておき、にゃんずと過ごせる幸せなひととき、一日でも長く継続できたら、とつくづく思います。悲しいその時が来たとき、「ああしてあげればよかった」という後悔をしないよう、毎日を暮らせたらいいのですが、なかなか……。黄金の肉弾、トラポンのとっつぁんに組み敷かれて「ミギャー!」と叫ぶ可憐なコチャや、天真爛漫チャビーにつきまとわれてパンチを繰り出す女王ネネを見るにつけ、悩みは深まります。子猫どもはやたら楽しそうなんですけどねえ。ヌシさんのおうちのにゃんずは、それなりに仲良くしているようですね。
Commented by すかぽん at 2007-12-12 20:53 x
本当にそうですねえ。
22年。その長い長い年月、一緒にいられれば、夢のようです。
わたしも、そういう長い付き合いを、うずらやふくと出来たら…と、
いつもいつも思っております。
そのためには、お互い自分もしっかり看取ってやれるよう、猫さまに
負けずに、長生き体制で頑張らねばいかんですなあ(^^)。
Commented by さっち at 2007-12-13 01:03 x
22年一緒に暮らせたら素敵ですね!
昨日は、久しぶりに思いっきり泣きました。
さっちととてもダブって映ります。
とっても貴重な時間、ずっと共有していきたいですね!

姐さんもシマ坊も幸せそうだ!!
Commented by K318Ci at 2007-12-13 23:19
SUZUNAさん。
ノアさんアイリスさん、皆さん長ーくお元気で暮らせますように。
11日にリンク先の猫さんが亡くなられたことを知ったのですが、
お歳が22でした(猫LINK「落花生と班員」さん)。
カードリーダーにも相性があるんでしょうか。MacのUSBは1.1しか
使った事がありませんが、何かと外部メディアにシビアですね〜。

おでんさん。
20年以上の歳月、人間の暮らしも変化しますね。人も猫も、いつまでも
そばにいてくれて、かわいがってあげられたら幸せだなぁ…と思いました。
ダンナ様も、もちろんですね☆☆11年半ですか。ちょっとアテられた
ような気が(*/∇\*)。こちらこそ、これからもよろしくです(^^)。
Commented by K318Ci at 2007-12-13 23:19
ネネコチャビーさん。
それを言ったら私だって(略)。後悔のないよう、と思う日々では
ありますが、気がつくと心配性(^^;)。心の持ちようも加減が
難しいですね。黄金の肉弾トラボンタン&チャビータンは絶好調ですね。
歳若き兄妹の破壊力、すごいでしょー。落ち着きの出た猫さん達には
刺激的な毎日かとお察しいたします。うちもなかなか、仲は険悪では
ありませんが、若者はKY(空気嫁)ができていませんから、気を遣う
こともありますです。あと集団心理の働きなど、数が増えると意外な
面も見せてくれます。
Commented by K318Ci at 2007-12-13 23:20
すかぽんさん。
20年以上、いろんな毎日があるでしょうけど、ずっとそばにいてくれ
たら本当に幸せなことですね。やすやすと叶うものではないのかも
知れませんね。長生き体制で、ええ、前向きに頑張りましょう〜。
20年後、うずら玉子サマとふくちゃんはどんな風に暮らして
いるのかな、と想像をめぐらしてしまいました(^^)。

さっちさん。
私も、寂しいやら悲しいやら、なにやら1日中フッと思い出しては
めそめそしてしまいました。小さくても大事な家族、いつまでも
そばにいてほしいですね。ぽんちゃんから、いろんなものを分けて
いただいたような気がしています。さりどんタン、さっちタンには
これからもいろいろいただきたいと勝手に願っております(^^)。
<< 6ツラ くんくんの脱皮? >>