シマ坊の受難
エアコン暖房でぬくぬく。
a0067056_2373657.jpg
10日夜のシマ坊ですが、
今夜(11日夜)もまったくおなじポーズで寝ております(^^)。
a0067056_2383984.jpg
足が伸びてきた。
a0067056_2392973.jpg
すずとノイエは団子でグー。

明けて11日。
a0067056_231053.jpg
アンジーの腹天がっ。
a0067056_23105962.jpg
「すぴー。。」



そんな日々ではありましたが。

以下、推敲及ばず冗長ですがな027.gif

10日あたりから、シマ坊がちょっと変だったのです。
やたらヌシの膝に乗りたがり、膝猫でゴロゴロまったりしつつ
股間のあれだあれ、あれが見えて、しかもなにやら
先端が赤いのでした。
あれはこの冬、ノイエに“ほもほも”しているときも時々
出ておりましたが、こんなに赤くなかった。
そもそも去勢しているシマ坊、もともと頻繁に出すタイプでは
ありませんでした。

11日の昼ごろ、とうとうトイレ通いがはじまりました。
しかもノイエの時と違って、尿がまったく出ていない。
長い時間いきんでは「ゥギャ…」とつぶやいて顔をしかめ、
しおしおとトイレを立ち去り、家中を1周しては、また。

午後の診察時間開始を待って…といきたいところでしたが
この季節、犬のフィラリア薬をもらいに動物病院が混雑
しているのはわかっていたので、午後の診察開始時間より
30分ほど遅れて病院に連れていきました。
家でお腹を触ってみたヌシにはまったくわかりませんでしたが、
獣医さんの触診で、尿がたっぷり溜まっていると指摘されました。
じたばた落ち着きのないシマ坊、麻酔して搾尿されることに。
処置が終わって見せてもらった尿の量に、ヌシビビリました。
キドニー形の器にたっぷりです。
そして、グラニュー糖のような結晶がたくさん。
顕微鏡の画像もうるわしい…ストラバイトの結晶。
幸いにして、石が詰まっていたのはごく先端のみで
先端だけ器具を使ってあとは手作業で出たそうです。

このときの血液検査では、腎臓に悪影響は少なかったようだ、
との結果が出ました。
処置が比較的早かったため、最悪の事態はまぬがれたようです。
治療は抗生物質を服用するのみで、療法食はとくに必要ない
でしょうと聞きましたが、いままで食べていたフードが原因
だった可能性が高いため、中止した方がよさそうです。
3月末を最後に水びたしゴハンをやめていたので
それが影響した可能性もあります。

この病院では(ノイエが通った病院とは別)、
FLUTD療法食は強くすすめない方針のようです。
あえて必要とするならウォルサムのスターターを出して
くれるそうですが
「長期間食べても問題が起きていない実績があるフードだけど
 塩分が多いため、それが気になる場合はやめられた方がいい。
 ヒルズのs/dは食いつきが悪いのと目的が特殊なフードのため
 めったに出さない。」
頻尿が発覚して直ちにs/dが処方されたノイエの場合は
ちょっと特別な体質で、ノイエを診てくださった獣医さんも
それをわかっていたため、一概には言えませぬが。
a0067056_23362168.jpg
麻酔から覚めてフラフラ気味のシマ坊。
ダレたポーズはいつものことですが、顔がむくんでいますな。
シマ坊、つらかったな。よく我慢したな…。


受難のシマ坊、食欲の方はまるっきり衰えず
今日のゴハンも音速で食いつくしました(^^;)。
グリーンフィッシュ+ヒルズのヘアボールコントロールから
いきなりノイエ御用達だったc/dマルチケアにチェンジです。

その他、今夜から、全員に水びたしゴハンを再開してみましたが
中断期間が短かったためか、みんなガッツいて
食べてくれてホッとしました。
…明日のトイレは、たれうんこ祭りの悪寒020.gif






————————————————————————
☆いちおう、検査の記録など。

「膀胱に尿が詰まっているのが触診で確認できたが
 そのわりに膀胱の張りが弱いように感じる。」

体重 3.86kg。
体温 37.7℃(低い)。
尿 ph8.0。

当日昼ごろ、自宅で膀胱に検査紙を押し当てて
調べた結果ではph6.8〜7.0。
自宅検査の不確実さを実感……。
特に膀胱押し当ては頼りにならんですな。

a0067056_23503079.jpg
腎臓は正常。
血糖値が高いのは、今回の尿詰まりによる一時的なストレスとも
考えられるけど、念のため1週間後に再検査を。

また、近日中に再度、尿検査。
a0067056_23532525.jpg
エコー検査。
スキャナでうまく撮れなかったのでわかりにくいですが、
中央やや上部の暗い帯が膀胱(尿が溜まった状態)。
正常な状態であれば真っ黒になるはずのものが
おびただしい量の結晶が浮遊しているため
ザラザラとした白い粒がいちめんに写っている状態。
だ、そうです(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2008-04-12 00:37 | 猫話 | Comments(10)
Commented by ネネコチャビー&トラポン at 2008-04-12 00:59 x
 しぇぇぇぇぇ……白い粒が一面! シマ坊くん、大変でしたねえ! でも大事にならなかったようで何より。やはり男の子はその手の病気になりやすいんですかねえ。むむむ、トラポンも気をつけねば。もっとも、トラポンは割と水をよく飲む子なので(飲み過ぎも問題らしいけれど)、つまるのはあまり心配しなくてもいいのかも。うーん、つまってほしくないなあ。
 ともかく、シマ坊くん、お大事に!
 トラポンはゆうべ、ゴミ箱をあさってインスタントラーメンのスープの空き袋を丸ごと食べました。ウンチといっしょに出ることを祈っていましたが、早朝「ケッケッケッ、クワッ」という音とともに、口からリバース。彼はめったに吐かないのですが、吐き始めると少量ずつ、何度も何度も吐きます。吐いた場所、十数カ所、ところかまわず。たぶん、私が見つけてないところにも吐いてるんだろうなあ。
Commented by こってりん at 2008-04-12 03:32 x
ヌシさま、シマ坊ちゃん、お疲れ様。
大事に至らなくて良かったですね。
お大事にしてください。
療法食出さない病院、珍しい気がします。

うん子祭りにならないように祈ります~(^^;
Commented by おでん at 2008-04-12 17:20 x
シマたん、大変だったね。ホントにお疲れ様です。
大事に至らなくて、ホントに良かった・・・!
おしっこでないのも、うん子でないのもどっちも大変だもんね。
お大事に。


うん子祭り・・・盛大にならないように祈ってます(;^_^A
Commented by さっち at 2008-04-12 18:33 x
みなさん気持ちよさそうに寝ていてww
一緒に寝たいわぁ~。
シマ坊、病院の開いている時間でよかったですね!
男の子って特に大変よね!
大事に至らずよかった。
お大事にしてくださいまし。

たれうんこ祭りの開催、さっちも参加してもよかですか(笑

Commented by らっき~ at 2008-04-12 21:26 x
シマ坊ちゃん、大事にならずに良かったですね
膝でごろごろお知らしてくれたなんてお利口さんです
毛玉ケアって食物繊維が体内の水分を通常食以上に
よく吸うんですよね

コレステロール、うちでは♂の正常上限値が135ですが
病院によって範囲がかなり違うもんですね
膀胱押し当てという検査方法あるんですね
Commented by K318Ci at 2008-04-13 02:03
ネネコチャビー&トラポンさん。
エコー画像は見慣れなくて正直ピンと来なかったのですが
顕微鏡で見たものは、一面の結晶で宝石のようでした(^^;)。
5歳になるまで何ともなかったので、ショックを隠しきれない
飼いヌシです。
水をよく飲むのは、そうですね。気になるかもですねえ。
トラポンタンはリバースが多いんですね。実はシマもそうなんですよ。
この季節なら毛玉かも…と思ったりしますが、嘔吐癖は原因が
すぐわからないことも多いらしくて、やきもきしますね。
すずも吐くことが多かったのですが、スリッパの底やオモチャなど、
異物食いまくりが原因だったようです。
トラポンタンの原因が早くわかるといいですね。

こってりんさん。
まいどお騒がせしております(>_<;;)。療法食は、ノイエの病院では
かなり重要視されたのですが、病院によって考え方が違うんだなぁと
思いました。推察ですが、猫が食べてくれなかった→食餌療法中断
というケースが多いのかもです。うんこ祭り、現在のところ始まって
いませんが、明日はどうかな〜〜ガクブルです。
Commented by K318Ci at 2008-04-13 02:04
おでんさん。
どうもこんな話題ばかりでお恥ずかしいです(^^;;;)。シマには
つらい思いをさせてしまいました。水びたしでお腹が緩くなる子も
いるのですが、現在のところ大丈夫そうです。調子に乗って水の量を
増やしたので、明日が勝負かも知れません!?

さっちさん。
さっちタンもたれうんこ祭りですか。ゴハンを食べてくれないのは
本当に心配ですね。夜中などに不調に陥ったら、どうすべきか
判断に苦しみそうです。シマのトイレ詣ではお昼に気づいたので
午後の診療時間まで、かなーり長く感じました。
しかし、さっちタン、ゴハン食べてころっと出してほしいなあ。
Commented by K318Ci at 2008-04-13 02:05
らっき〜さん。
妙にベタベタしてきたなぁ…と、これが彼なりの訴えだったようです。
そうか、毛玉ケア系はそうでしたね〜。たまたま混ぜはじめた直後で
ブレンド率はかなり低かったのですが、いろいろ条件が重なった
ようです(T_T)。かわいそうなことをしました…。
家の猫は全員危険尿域なので、今後も重々気をつけなければです。
コレステ、そうなんですか。↑の病院はかなり古くからあるところで
勉強していないわけではないようですが、やや保守的な面があります。
上限135だったらシマ坊は赤字です〜(@@)。
Commented by うみ at 2008-04-14 00:34 x
久々にニャン様たちのお顔を拝見しにきたら、シマ坊が大変な事に!でも発見が早くて大事に至らなかったとのこと・・・良かったです。
実は私の猫も、去年おしっこが出なくて苦しみました。女の子なので、雌猫には珍しいとお医者さまも首を捻っておられました。それから、猫砂を変え、おしっこに注目するようになりました。
大きな病気もしない子なので、あの時はビックリして不安で、病院で検査に預ける時も半泣きでした。心ここにあらずで仕事していました。ヌシさんも心配なさったでしょうね。シマ坊くん、お大事に。
Commented by K318Ci at 2008-05-18 01:57
うみさん。
コメントを見落として1ヶ月も経ってしまい、大変申し訳ありません!
ご心配いただき有難うございました。
シマ坊、おかげさんで膀胱炎は一段落ついたかなぁ…といった状態
です(^^)。予想よりも時間がかかって、かわいそうな思いをさせて
しまいました。うみさんもご経験おありでしたかー。こういう事があると
こまめな観察は本当に大切だなぁと実感しますね。その後、いかが
でしょう。お互い、再発させないよう気をつけないといけませんね〜。
あぁ、冬の訪れがコワイです(^^;;)。
<< ナイスタイミング…じゃない 春鳥 >>