シトシト雨
そろそろハミ肉が気になる季節ですよ、ユキ姐さん。
a0067056_235532100.jpg
シマ坊とともにぎりぎり3kg台を維持しているのですが
姉弟の体型は歳を追うごとに違っていきます。
a0067056_23575167.jpg
シマ坊はますます調子を取り戻したように感じます。
しかしだな。ここ数日のマーキングはシマ坊が犯人と判明したので
ナワバリを主張してスッキリしているのかも(-_-;;)。
a0067056_23591466.jpg
目の前を横切られて、ムカッとするアンジー。

フェリウェイを撒いたら、富士通の脱臭機がブオーンと
フル回転をはじめたのですが、どうしたらいいのかと(笑)。




——————————————————————————
む、むゎた、推敲及ばず猫話からも脱線の話題でして、
以下スルーOKです057.gif





夕方にコンタクトレンズを補充するため、目医者に行きました。
ひどいドライアイのため、いつも目薬を処方されるのですが
薬局が目医者の向かいのショッピングセンターにあります。
ショッピングセンター内の薬局で目薬を受け取って
店内のスーパーで軽くゴハンの菜(おかず)をみつくろうつもりで
スーパーをぶらぶら。すると
「ゴン!」
と、什器の向こうからものすごい衝撃音が。
続いて、お客さんの息を飲むようなざわめきがどっと伝わってきます。
おそるおそる什器の向こうを覗くと、そこには
あお向けに倒れたオバサンの姿が。
ロボットのように手足をかたくつっぱって激しく震えており、
かなり危ない状態のように感じました。
異様な光景に、だれもオバサンに近よりません。
ここが飛行機の客室だったら、ビジネスシートあたりから
お医者さまが現れたりするんだろうなぁ…(ほんまかいな)。
しかし田舎のスーパー、しかも平日のデイタイムに
そんな人物の登場は期待しようがありません。
ヌシよせばいいものを、介抱をはじめてしまいました。
とはいえ、救命処置などまったく知りません。
このオバサンの状態がどうなのかも、まったくわかりません。
おまけに、人を励ましたりするのがきわめて下手なキャラです。
カナヅチなのに、おぼれている人を発見して
後先考えず海に飛び込んだようなものです。
正直、やめとけばよかった…と内心後悔しました。
しかし、こうなったら意識がないままもがいているオバサンを
放っておけないです。
痙攣して頭を打ちつけそうになるので、上着を枕にと敷いて
なんだかわけがわからないままに、声をかけたり
背中をさすったり、頼りなく励まし続けてみました。
救急車はお客さんの一人が携帯で呼んでいました。
また、オバサンが倒れるところを目撃した別のお客さんが、
ずっと一緒に付いてくれていました。
泡を吹いて、黄色い顔にみるみる血斑を浮かべはじめた
オバサンでしたが、次第に目を覚まし、よろけつつも
上半身を起こすほどになりました。
意識はもうろうとしているようでした。
ヌシやほかのお客さん、店員さんが近よるたび
「ギャー!」
と怖がられました(T_T)。そして
「きもちわるい…」「帰る、帰りたい」
をくり返していました。
救急車の到着が遅くて…なにもできず、しんどかったです。
看護師さんや、お医者さんの仕事はエライ、とつくづく思いました。
ようやく救急車の担架にのせられたオバサン、ここでやっと
ホッとした表情を浮かべました。
ヌシはここでスーパーを立ち去りました。
買い物するつもりで手に持っていたはずの
“野菜炒めの素”を、どこに放り出してきたのかわかりません。
家に持ち帰っていなかったのでホッとしました。
[PR]
by K318Ci | 2008-04-19 01:01 | 猫話 | Comments(5)
Commented by ネネコチャビー&トラポン at 2008-04-19 09:55 x
 ユキ姐さん、ハミ肉というか、ハミ尻? シマ坊くんはお目々がクリンクリン。好調になってきたかな?
 ヌシさん、大変でしたねえ。私は医療の知識はありませんが、声をかけ続けるというのが大事という話を聞いたことがあります(ほんとか?)。私もこちらに越してきたばかりのとき、川の畦道を鼻歌まじりに自転車で走っていたら、5月の炎天下の草むらの中に倒れているお婆さんを発見したことがあります。救急車を呼ぼうにも、越してきたばかりだから地名がわからない。人に聞こうにも周囲に人家はなし。お婆さんは顔から血を流して、「たすけて…くだ…さい」などとつぶやいている。しぇぇ!とぶったまげて、はるか遠くの焚き火の煙を目指して走りましたよ~。で、やっと人を見つけて叫んだ一言が「ここはどこですかっ!」
 まあ、めでたく救急車は呼べたんですけどね。このときほど携帯電話のありがたみを感じたことはありません。
Commented by すかぽん at 2008-04-19 16:30 x
シマ坊くん、すっかり調子が戻ってきたようで、良かったー!!
しかし・・・マーキングは困ったモンですねえ(^^;)。
まあ、それですっきりして、気持ちを切りかえてくれたのなら、あきらめるしか
ないのでしょうかねえ・・・・
緊急時の対応って、なかなか難しいですよね。
とりあえず、心臓が動いていて、呼吸していて、吐いたものが気管に
詰まりそうもなければ、声をかけて、頭を安定させておくくらいしか
わたしも考えられないなあ。
Commented by さっち at 2008-04-20 20:14 x
大変でしたね!
てんかん症状でしょうか?
私も、友達とスキーに行ったとき、友達(女性)が高速の休憩中に急に白目をむいて痙攣しながら気を失ってしまいました。
救急車を呼んで、到着するまでの間、なんにもできませんでした。
経験無いことって、とっさの判断はできませんね。

ユキ姐さん、おちりが落ちてますよ!
シマ坊、縄張りですかね?
男の子ってむずかしいわぁ~。
消臭剤撒くと空気清浄機がフル稼働しますね!!(笑
Commented by K318Ci at 2008-04-21 01:13
ネネコチャビー&トラポンさん。
シマはずいぶん調子がよくなってきたみたいです(^^)。代わりに?
御粗相が増えて…膀胱炎あがりだし、何がどうなったのか戸惑って
おります。
おばあさんのお話、以前チラッと伺っていましたっけ。ネネコチャビー
&トラポンさんの場合、もしかしたら命の恩人なのでは。↑のときは
眼科医院(内科もアリ)から直行したので携帯を持っていませんでした。
なんだか全然役に立たなくて、ブルーになっちまいました(^_^;)。

すかぽんさん。
これまでになくさかんにマーキングをやっているので、ちょっと困っております。
日曜は拭き掃除に追われました(T T)。外のお客さん猫が、よりによって
向かいのお家の玄関口で愛の大合唱を繰り広げまして(笑)、シマ坊、
はげしくジェラシーだったようです。情けないッス(^^;)。
急病人の対処のしかた、まったくなっちゃなくて、とても悔しいような
残念な気持ちです…ずっと意識がないまま動いておられたので、危なくて
途中で引っ込めなくなってしまいました(^_^;;)。
Commented by K318Ci at 2008-04-21 01:14
さっちさん。
いえいえ、周囲には大勢の人がいたので、あえて首を突っ込むことは
なかったのでした(^^;)。てんかんだったのでしょうか? 短く叫んで
突然あお向けに倒れたそうです。脳梗塞の症状のようだ、と思ったの
ですが(周囲のほとんどの人もそう感じたのでは…)自信ないです。
ユキ尻、やばいですよね。体重は大きく変わらないはずなのに、
なぜに垂れるかな。シマはカテーテルでゆるくなったのかも???
<< すずの計画 ビヒダス仮面 >>