まぼろしのお客さん
雨がやんで、空気が少し乾きはじめました。
a0067056_2295481.jpg
夕暮れどき。
a0067056_22103939.jpg
かなーり薄暗くなってから。


日暮れ間近、むぁーた、シマ坊の情けない怒号が(^^;;)。
こんどはカメラを持って現場に急ぎましたが
お客さんの姿を見ることはできませんでした。



—————————————————————————
夜になって、ノイエがハッスルしていました。
a0067056_9464977.jpg
「むむっ! 敵機襲来!」
a0067056_947426.jpg
「迎撃すべし!!」 ↓
a0067056_9471387.jpg
a0067056_9472196.jpg
a0067056_9472917.jpg
a0067056_9474792.jpg
ベッドの向こう側に。
a0067056_9475524.jpg
轟沈。
a0067056_94848.jpg
そして誰もいなくなった(^^;)。



a0067056_9482610.jpg
「なにをやっているのかしら。」

[PR]
by K318Ci | 2008-06-06 23:01 | 猫話 | Comments(2)
Commented by tubaki at 2008-06-08 16:10 x
ノイエ王子、勇ましくて素敵♪
後ろアンヨかな、ちらりと最後の方で見えているのは。
何事にも動じない風なユキ姐さん、柄は違うけれど顔立ちはシマ坊ちゃんとソックリですね。
可愛いなっ!

葛湯は、カップに水(お湯)を入れて、沸騰するくらいまで温めてから葛粉を入れると沈まないと思います。
入れたら直ぐに、よ~くかき混ぜるのがポイントだそうで。
それでも混ぜて透明にならなかったら、再度1分くらい追加でチンすると透明な葛湯が出来ると思います。
吉野葛のお店の方からお聞きしました。
猫缶の香りのする葛きり。。。想像できないw
Commented by K318Ci at 2008-06-08 23:18
ツバキさん。
ノイエはベッドの向こうに後ろ足を残して落ちてました(^^;)。
ユキとシマは顔が似てきましたねー。
葛はお湯に入れても大丈夫なんですね。さっそくポットのお湯で
試してみましたが、これなら少しは早くできて助かりました。
ありがとうございます(^^)。ノイエ用の葛湯は海の香りですよww
<< おふろデー 飯の顛末それぞれ >>