顔が腫れたシマ坊
exciteが不調なのか? 写真がまったくUPできないので
下書きのみUPします、以下乱文ですぜ(^^;)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ最近、シマ坊の顔が腫れ気味なので気になって。
久しぶりなので、おみやげにフレッシュな尿を採って
動物病院へ尿検査&顔の腫れ診察に行ってきました。
診察は院長先生でした。

体重3.8kg。

尿は正常。
以前の尿検査はすべて、事前にほぼ強制的に水を大量に飲ませて
採尿したものだったので、今回ははじめて自然に出た尿を
持って行くことができました。
 比重が1.050(早口先生だったので少し違うかも…)。腎臓元気。
ほかの数値は聞いていませんが、問題ないとのこと。

顔の腫れは、
 目の中を傷つけてはいない。
 風邪などの症状ではない。
 症状を見る限り、うたがわしいのは、アレルギー。
 ステロイドを投与してもいいが、この程度なら経過観察でよいでしょう。
とのことでした。
アレルギーだとすると、同腹であるユキと同じ症状のような気がします。
ユキはハウスダストアレルギーです。


結局治療することが何もなさそうなので、これまたついでといっては
何ですが、先日から気になっていたFIVワクチンについて
院長先生に聞いてみました。

 県内では(たぶん獣医師会経由)何も情報は入っていない。
 FIVワクチンは2年ほど前に日本で認可は下りているが
 未だ、どの製薬会社も製品化していない。
 アメリカのFIVワクチンが日本でそのまま使えない理由は
 「かぶが違う」。

…株が違うってことかな? 日本の猫エイズは、アメリカの猫エイズより
種類が(株が)多いそうなんです。

 私見(院長先生の)ですが、もし日本でFIVワクチンが製品化
 されたとしても、どのくらい信頼性があるのか…現状では
 なかなか信用しがたいなぁ〜と考えています。

この質問に答えてくださったのは長い経験をお持ちの慎重な
先生ですし、ネットでも日本製のFIVワクチンについては
はっきりしない情報しか見られないことを考えても、
たとえ近日中に日本でFIVワクチンが製品化されたとしても
しばらくは動向を見守るのが賢いかもなぁ…と感じました。
ヌシ個人的には、FeLV/FIV簡易検査キットが使えなくなるらしい
というのが気になっています。
これでは、製薬会社としては、よほど効果に自信がない限り
売りにくいでしょうな。
いずれにせよ、近いうちに…という情報があることは確かなので
注目していたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
exciteが復活したようなのでUP。
14日のシマ坊。
カメラの癖で、実際よりもかなり赤みが強く写っています。
また、病院帰りから時間が経っていなかったので、ややコーフン気味です。
a0067056_21504942.jpg
a0067056_2151584.jpg
a0067056_21512832.jpg
うしろの棚の廃っぷりも気になる(^^;)。
a0067056_21515818.jpg
↑はユキ姐さんのアレルギー症状。左目に腫れがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



☆脱線話
ひさびさに仕事機から .mac にアクセスしてメールチェックを
と思うたら。
.mac から MobileMe に変わっていて、
ウェブメールは「Safari 3 または Firefox 2 が必要です」。
だと!? こら、おい、家の仕事機はMacOS9.2だごらー!!
ちなみにマイマク(仕事では使わないMac)はOS10.3.9です。
…次年度更新、強力に悩んでます(うぅ)。
[PR]
by K318Ci | 2008-07-15 01:34 | 猫話 | Comments(4)
Commented by Niya at 2008-07-15 06:01 x
シマ坊ちゃん、大きな病気ではなくて良かった。
でもアレルギーも大変ですよね。
うちも女王様がフードやナイロン、ホコリ…と
女王らしいところがありますから(笑)

FIVワクチン、ホイホイと簡単に使われるよりも
慎重になってくれる獣医さんが良いな。
みニャさんの主治医さんは良い先生ですね(^^)
Commented by さっち at 2008-07-15 23:02 x
シマ坊、アレルギーでしたか。。。
腫れてますなぁ~。
みなさまお大事に!
ヌシさまのところは、なかなか食事がたいへんそうになってきてますね~。
うちは、結局2にゃんとも同じ食事でらくら~くww
食べる食べないは別として。。。
ワクチン、気になっているのは、猫はどうして狂犬病が義務になっていないのか不思議です。
狂犬病は、哺乳類は必ず感染するしほぼ死に至る病気なのに、義務化になっているのは犬だけ。
会社の獣医に聞いてもわからないらしい。。。

Commented by K318Ci at 2008-07-16 00:09
Niyaさん。
とにかく腎臓に問題なくて、本当によかったです(^^;)。アレルギーは
ユキが発症した頃からシマにも若干出ていましたんで…最近になって
目立ってきたのは気になります。フード+ダスト+ナイロンアレルギーですか。
それは大変ですね(@@)。やみくもにゴハンを変えられないのは好みの
厳しい子だと本当に苦労しそうです。
獣医さんの話から、猫用の医薬品開発って遅れているんだなぁとつくづく
実感しました。
Commented by K318Ci at 2008-07-16 00:10
さっちさん。
うーん、デジカメ写真はどうしても赤みを強く拾ってしまうので、ナマのシマは
ここまで赤らんではいないんですよ〜。腫れたのは間違いないのですけど。
食事は、家ではロイカナが一番安定しているかな。みんなで一斉に
食べるからか、好き嫌いだけは比較的少なくて助かります。
狂犬病はかつて日本でも犬に広まった歴史があるから、ではなかろうかと…。
私がチビのころ、野犬狩りが行われていました。昔の犬は、気性の荒い
子が多かったと思います。群れるととても危険でしたし、飼い犬でも咬傷
さわぎは珍しくなかったと記憶しています。また歳がっ(^^;;)。
そのころ、猫の感染率はどうだったんでしょうね。猫の室内飼いの習慣
はまったくなかったのに。猫が人間を咬むことは少ないので、感染という
観点からは問題視されにくいのかも知れませんね(あくまで想像ですが)。
<< 車検とか 蒸し暑い日々がはじまる >>