心配性は聖徳太子になれるのか
すずはどーも調子が出ていないような気がします、が。
a0067056_025533.jpg
a0067056_035071.jpg
オモチャにはもれなくジャレるし…。
このあと空中を舞い、ジャンプ連発していました(^^;)。
元気っちゃー、元気だなぁ。
ゴハンは、水びたしは残すようになりましたが、
ドライの状態なら普通によく食べます。
a0067056_064514.jpg
傷ができています。誰かにパンチをくらったようです。
軽い傷ですが、これがきっかけだったのだろうか。
うーむ。思えば昨夏も、傷などはなかったけど
とつぜんテンションが下がって、ずいぶん心配したっけ。。

とりあえず、犯人特定につながるかと
全員の爪切り&伸びっぷりチェック。
みんな、まだ切るほど伸びてはいなかったのですが、
唯一。
a0067056_092092.jpg
ノイエの爪だけが つくつく(訳:つんつん)に伸びておりました。
まさかオマエ。
a0067056_0101519.jpg
「さぁね、ボク知らないよ〜。」
ブ、ブ、ブラックノイエ出現なのか?!

そんなノイエですが、先日おかんがアイスをあげてしまったおかげで、
ゲリピン再来です。アイスは困るよアイスは…うっうっ。
猫ども、おいしいものをくれたことは決して忘れませんなぁ。
ところで、爪の伸びが早いってことは、ノイエの体調はGoodなのか?
a0067056_0114112.jpg
オボロはとくに異常なし(^^;)。


ネコジャラでハッスルしていたアンジーは。
a0067056_014303.jpg
数日前、野良っ子のお客さん登場で大騒ぎしたとき
左後ろ足の爪を折ってしまいました。
傷口の治りがどうも遅いので、念のため動物病院に
連れていきました。
a0067056_0151075.jpg
帰宅直後。
傷口をテーピングで保護されたので、テープをはがさないよう
仮ごしらえのカラーを着けて、ラッセルしているアンジー(^^;)。
ハッスルからラッセルへ…笑いごとじゃないんですが(しょぼん)。
アンジーの傷口は化膿しており、薬で治療することになりました。
傷が化膿したアンジーにジャンプさせていたのか…と、
ヌシは非常に後悔しました。
a0067056_0205484.jpg

いそいで調達したグッズ。
エリザベスカラーと、サンプルでずすがよく食べた
モンプチのドライに、サプリなど購入。

a0067056_0251493.jpg

すずには水びたしをやめて、モンプチをふりかけた
ドライをあげてみました。快速完食!

a0067056_026339.jpg
「きょうの主役はわたしなのよ!」

あ、はい。ごめんなさい。しょぼーん。。
そんなアンジー、動物病院では丸刈り姿がかわいいと
獣医さんやAHTさんにモテモテでした(^_^;)。





——————————————————————————
猫の外傷について、など
獣医さんに聞いた話をメモメモ。

アンジーの体重 4.16kg、体温39.?℃(興奮したので高め)
 患部をレントゲン撮影。爪は残っている。骨はおそらく大丈夫か。
 3日後くらいにテーピングを取ってしまいたい。それまでカラーで保護を。

●猫の外傷について。
 傷の消毒には薄めたポピヨンヨードが最適。猫にも大丈夫。
 商品名イソジンなど。
 ポピヨンヨードは目や口に入っても問題が少ないとされているが、
 猫に使うときは、原則として目、口に入らないように注意。
 このほか、アルコール(エタノール)、オキシドールなども。
 ただし刺激があるので猫が嫌がりそう。
 赤チンは毒性があるので、猫に使っては絶対ダメ!

 最近では、いたずらに傷口を消毒しない方がよいという説もあり、
 一般的に健康な成猫なら自力で治してしまうことが多いので
 消毒にはあまり気を使わなくてもよい。
 じゅくじゅくに化膿してしまった傷には、
 傷口の消毒よりも抗生物質の内服の方が有効である。

 今回のように猫が爪を傷つけた場合。
 猫の爪は指の骨と直結しているので、
 傷の化膿が続くと骨に炎症(炎症か化膿か、表現うろ覚え)が
 広がってしまう。骨のような組織には内服した抗生物質が
 行き渡りにくいため、最悪の場合は骨が壊死する。
 こうなると骨を(つまり指を)切断しなければならない。

 アンジーの骨には小さく爪の根っこが残っていたので、
 骨に化膿が広がっていなければ、いずれ爪が生えて
 くるでしょう。

a0067056_023376.jpg

アンジーの傷に消毒は必要ないと言われましたが
ヌシからお願いして、猫の外傷に使える消毒薬を分けてもらいました。
動物病院で使われている、ポピヨンヨードが主成分の薬です。





いつもの動物病院では、薬の名前は告げられないので
今回アンジーに処方された「抗生物質」の薬品名や
具体的な作用などは確認していません。


ネット耳年寄り情報によると、イソジンなど酸化作用で傷口の細菌を
殺すものは自細胞も殺してしまうため、化膿していない部位にまで
使用するのは好ましくないとの説があるようです。

要するに、素人が加減もわからず薬を使って、副作用が起きたら
危ないぜよ、ということかな。
[PR]
by K318Ci | 2008-08-03 00:41 | 猫話 | Comments(5)
Commented by さっち at 2008-08-03 14:23 x
アンジーたん、足がぐるぐる巻きで痛々しいですね!
早く治りますように!
いい感じにアンジーたんの毛が伸びてきましたね。
仮のカラー、クリアファイルで作成ですか?
イソジンは猫にいいんですね~。
応急処置で使う分には良しとして、すぐに病院へ行くのがいいんでしょうね!

すずちゃん、どうしちゃったのかしらぁ?
すずちゃんもアンジーたんもお大事に!!
ブラックノイエ坊、み~た~なぁ~って感じでツボですWW
オボロ王子、きば見えてますよ~!かわいいなぁ~。
Commented by こってりん at 2008-08-03 16:43 x
多頭飼いには怪我が付き物ですね~
早く良くなりますように。
傷についてのメモは、とても参考になりました。

オボロ君すごくかっこいいですね~
惚れてしまいました(*^^*)ポッ

ウチは、えさの食い付が悪いとき、シーバをふりかけにしてます。
Commented by ツバキ at 2008-08-03 23:07 x
後足の爪は、前足の爪を折るよりも猫的に痛いそうですね。
(爪の生えている角度の違いからだと説明を受けました。)
爪を折った場合は、冬でもない限り早く来院してね(ハート)と言われました。
どうしても猫砂などからもバイキンが入り易くなるそうなので。

ブラック・ノイエ王子の今後の動向が気になりますw
すず嬢もアンジー嬢も、お大事に~。
Commented by K318Ci at 2008-08-05 01:04
さっちさん。
実は昨年からシマ、ユキ、アンジーが連続して爪を折るケガをしていまして
さいわいそのときは非常に治りが早かったんですよ。
今回、ふたたびアンジーが爪を折った際、化膿しているのにすぐ気づかなくて
超反省です。
仮カラーはクリアファイルです。筒みたいになっちゃいました(^^;)。
すずはなんかまた元気になってました。やっぱり昨夏と一緒みたいです。

こってりんさん。
うちで一番困っているのは、外に猫が現れたときです。大人しく見ていれば
いいものを、大パニックになって内輪もめを始めるんですよ(T T)。
傷の処置は、私がうろ覚えに書いた部分もありますので、いざというときは
獣医さんにご相談くだされ〜(^^;;)。
モンプチの隣にシーバが置いてあって、かなり心揺らぎましたw
はい、オボロもまた登場しますので、どうぞヨロシクです(^^;)。
Commented by K318Ci at 2008-08-05 01:09
ツバキさん。
痛い…でしょうね。それでジャンプしているんだから、我慢強いのか
なんなのか(T T)。私は嗅覚がかなり弱いのですが、診察のときは
獣医さん&AHTさんが一瞬引くほど患部がニオっていたようです。
ブラックノイエは今朝もどすどす駆け回っていました。腹を壊しつつ
えらい元気です。アンジーはカラー巻きでムカムカしていますが、
すずは意味不明に元気になりました(^_^;)。
<< バナナココナッツミルク・マンゴ... 朧月 >>