エリザベスカラー問題
アンジーのテーピングをほどいてもらってきました。
患部はテープでくるんでいたのもあってじゅくじゅくしていましたが、
Newお肉がモリモリして、爪も伸びはじめていたそうです。
治るまでナメちゃいかんということで、ふたたび
カラー装着命令がくだりました。
「傷口に薬は塗らなくていいからね!」と
獣医さんから念を押されてしまいました(^^;)。
a0067056_043591.jpg
アンジーすごーく不本意そうです…(^^;)。
ケガした指がつるっとするまで、がんばっておくれ。

昨日のドーナツカラー 1号は、アンジーには小さすぎて
役に立たなかったのでした。慣れると同時に患部の破壊を(汗)。
成猫には最小2号からかな。それにしても、腹くらいなめそうです。
a0067056_062254.jpg
もともと、あのドーナツカラーは
オボロがまた目を病んだときに、とも考えていたので
テストしてみました。
オボロにドーナツカラー 1号を試着してもらって
眉間にテープを貼る!

…前足ですぐ取ってもうたがな。あああ失敗。
[PR]
by K318Ci | 2008-08-07 00:16 | 猫話 | Comments(0)
<< 有朋自遠方来 不亦楽乎 エリザベスカラー変遷 >>