2日分ダラ〜ダラ〜
21日は椅子に座って船こぎました(^^;)。
a0067056_23122672.jpg
21日のノイエ。
猛暑にも負けず、元気はちきれています。
葛湯(いつの間にか葛粉と馬鈴薯でんぷんブレンドに)プラス
丸薬タイプの梅エキスを摂らせていただいてております。
これがどうやら効果があるらしく、軟便率がかなり低くなりました。
あとは、食後すぐのゲーをどうやって回避するか、です。
c/dがそうとうイヤなんだと見ていてわかるのですが
これを食って尿pH7.0あたりが平均ときては…
他に代わるゴハンがない。こまったぞと。
a0067056_23174939.jpg
22日のシマ坊。
シマはノイエと同じc/dを食っていますが、
尿pH6.4あたりが平均と、成績優秀です。
サバは…2度と食わせないよう注意しなければ(汗)。
シマ坊は一般フードをテストしてもいいかもなぁ。
でも寒くなるとやっぱり心配だなぁ。と、迷い中。
a0067056_23204829.jpg
ねまきを相手にぐるぐるダンス→ケリケリダンス。
ダンスをやめれ(^^;)。
a0067056_23213983.jpg
22日のすず。
21日、サラダちょうだいとあまりに熱烈に訴えるので
すいかの皮の、表皮を剥いた白〜ピンクの部分を刻んであげてみました。
驚いたことに、しゃくしゃく食べていました(^^;)。
おまいはカブトムシかと。
そして、22日にはとうとうおかんのスリッパをかじってしまいました。
すずが食べない素材のスリッパを厳選したつもりだったのに…。
ヌシはふたたび、おかんの新スリッパを探して(注文が細かいので 笑)
ホームセンターをさまようはめに。
a0067056_23275163.jpg
22日のオボロ。
お盆休みのあいだチヤホヤしてくれたキッズが去って
手持ち無沙汰気味です(^^;)。オボロがあんなに
子ども好きとは知らなんだ。
a0067056_2329302.jpg
猫の子どもは大嫌いらしく、実家ではヨチヨチの
猫ベビーをしげしげとのぞき込んでは「…フーッ…!」と
ひとりで怒っていました(^^;)。
a0067056_23313732.jpg
前後しますが、21日の夜。
ノイエとオボロ、ネコジャラの取り合い中。
ノイエ約5kg、オボロ約3kg。年齢ほとんど同じ。




☆がんばれアンジー 光明編☆備忘録
a0067056_23334576.jpg
21日。
a0067056_2334145.jpg
21日。
a0067056_23342983.jpg
22日。
a0067056_23344816.jpg
22日。

21〜22日にかけては、次第に元気を取り戻しつつあるのが
わかりました。亀の子座りも減り、うろうろと動き回るように。
皮膚の腫れは、まだ治まったとはいえませんが、
赤みは少し和らぎました。
耳の内側は、乾いた膿がぽろぽろと落ちてきています。
やや、じくじくしているようです(もともと脂性で耳アカは多い)。
全体的な顔の感じは、発症前の表情に近くなってきました。
チョーク状の軟便が続いていますが、少しだけ締まってきました(^^;)。
薬でお腹を壊したのかな。

21日朝、ステロイド投与。
22日は薬が終わったので与えず。

22日、動物病院へ。
直前に尿が取れたので、フレッシュシッコを尿検査に。
数日前に採尿したときと同様、妙に色が薄かったので
気になっていましたが

 尿pH7.0
 比重1.023(うろ覚え)
 潜血なし

で、中性尿だったけど、問題なし。

 体重 4.1kg
 足のケガは、赤い肉芽が消えており、他の部分もきれいに
 Newお肉が盛り上がっているので、経過よし。
 前回の治療で2週間持続する抗生物質の注射を打ったのと
 薬で肉芽を焼いたのがよかった。

薬で焼いていたんですか〜、知らなかったです。
この、2週間持続する抗生物質の注射については、
ノイエが昨秋に軟便解決策としてためした治療のときも
別の獣医さんから提案されたことがありましたっけ。
新しい薬ながら、両先生とも、なみなみならぬ意欲がありました。
アンジーが飲むタイプの抗生物質を続けていたわりに
妙にケガの治りが遅かったのは、胃の中で早々に
アレルギーが起きていたからかも知れません(?)。
注射が効いてよかったです。

 腫れはまだあるので、ステロイドを48時間おきに(3回分処方)
 服用して、それで経過を見てください。
 耳の内側の腫れには外用薬を使ってみてください。

と、ステロイドの内服薬に加え、塗り薬も処方されました。
獣医さんに細切れに聞いたステロイドの副作用は

 多飲多尿(もっとも多い)
 異常な食欲(も、ある)
 クッシング症候群(大量に使った場合)

など、だそうです。
ヌシ自身は勉強不足で、これら副作用云々については
くわしいことを知りませんです。
ネットでは人、犬猫どちらも多数の情報が見つかりますが
それだけ広く使われている薬だということでしょうか。
アンジーへの処方は控えめだったとのことで
あまり気にしないように、と思っています。
獣医さんはステロイドに過剰反応する飼い主が多いので
ちっとばかり辟易しているかも知れません(^^;)。
いちおう、猫は人間よりもはるかにステロイドに強い、と
されているそうです。
しかし、なんであれ、薬のダラダラ長期投与だけは
絶対に避けたいというのがヌシの本音です。
はて。そういえば、ステロイド服用中の尿検査って、
実は意味がなかったりするのかな。

(忘れてたぞ追記:軟便を治すため整腸剤を飲むように。との指示あり。
 ビヒラクチン-Cならヌシ家に在庫があったので、それを使う。)
[PR]
by K318Ci | 2008-08-23 00:32 | 猫話 | Comments(4)
Commented by 茶道具 at 2008-08-23 22:28 x
シマ坊…今日も満々丸々の黒目と、ふぐふぐのヒゲの付け根が可愛いですね~!赤トラ+白の猫さんは、ママレード塗ったフカフカの白パンをお思わせます(^▽^;)

しかし、すずちゃん。スイカの赤いとことか、メロンなら、うちのも大好きなのですが。白い所とは~!(^^;
瓜の甘くない味、OK?キュウリはいかが?

アンジーさん。良い感じですね!
そろそろ完治までカウントダウンに入ったかな♪

ステロイドといえば、昔、うちにいた雄猫。
顎ニキビ&尻尾ニキビに「プレドニン」を処方されて、一瞬で治って二度と出なかったのを、思い出しました。もう10年以上前のことでうろ覚えですが、1錠を半分とか1/4に包丁で割って、1日1回だか、2日に1回くらいを、3日だか1週間の短期集中でした。さすがに効きました(^_^;)
Commented by さっち at 2008-08-23 23:00 x
アンジーたん、だんだんよくなってきているようで、よかったですね!
おめめもきれいになってきましたね!
毛もちょっと伸びてきて、ぬいぐるみのような感じですね!
オボロ王子、ノイエ王子、同じ年齢でこの違いはねこの種類のちがいですよね!ね!
すずちゃん、すいかのしゃくしゃくうま~だったんですね!
ベジタリアンにゃのね!ww
シマ坊、まずるぷっくり、かわいい~。
ケリケリダンス、スイッチが入っちゃったのかしらぁ~ww
Commented by K318Ci at 2008-08-23 23:19
茶道具さん。
シマは黒目が開きやすいみたいで、じゃらしひと振りでこんな顔に
なるんですよ〜(^^)。茶トラはやさしい色で、かわいいです。
すずにすいかの赤いところをあげていないのです…人間が独占して
しまいまして(^^;)もしかしたら、食べるかも。キュウリはなぜか
食べませんねえ。今日もサラダねだりに情熱を注いでいました。
アンジーはステロイドを中止したら、やや腫れ戻りです(^^;)。
しぶといです〜〜。
アゴニキビにもステロイドが使われるんですね。尻尾ニキビとは、
もしかしてスタッドテイルですか? 普通はすぐ治るのかも知れませんね。
アンジーが飲んでいる薬も、たぶんプレドニゾロンというヤツだと思います。
錠剤に△マークが見えます。これを半錠/1日だったんですよ。
Commented by K318Ci at 2008-08-23 23:23
さっちさん。
アンジーは薬を中止したらちょいと戻っちゃいました(^_^;)。食欲だけは
変わらず、いつでもゴハン募集中だそうです(笑)。
オボロとノイエはずいぶん体格差がありますが、気質も考えるとバランスの
いいコンビになりそうです(^^;)。
すずの今夜のサラダは白菜でした。そろそろ野菜食べすぎが心配です。
シマは丸い猫ベッドをケリケリ大車輪するのが好きなんですが、ねまきに
ケリケリはやめてほしいですw
<< むっしー暑いです すずし〜! >>