ハリーの三種混合ワクチン接種
順番が狂いまくりですが、ハリーのワクチン接種に行ってきました。
本来はアンジーが先なのですが、アンジーはつい最近、ケガと
その治療の影響か? アレルギー症状で苦しんだので、
もうちょっと様子見です(アンジーもうすっかり元気です)。

動物病院ではカチコチになっていたハリー、
診察中はおとなしくしていました。
帰宅後。
a0067056_075562.jpg
「カメライヤーン!」
a0067056_084589.jpg
あー、ごめんね(T T)。
家に着くと「ニャーン」と小声で甘えてきて、いじらしいのでした(^^*)。
ハリーはこのところ絶好調なので、心配は少ないかな?
今夜はゆっくり休んでおくれ。

 ハリーの体重 3.52kg。
 体温38.5℃(緊張の影響か)。

出際にキャリーにシッコをおもらししてくれたので
尿検査もGO! と意気込んだはいいけど。
その尿を家で使っている検査紙で測定したら
pH8.0、検査可能域を振り切っていました(T T)。
先日のアルカリ尿も、間違いではなかったということか〜。

 pH8でした。ストルバイトがでましたよ。
 ストルバイトはpH7を超えたらすぐ出来るもので
 注意しなくてはなりませんが、結晶が見つかったからといって
 あわてる必要はありません。
 潜血反応がないので膀胱炎ではないです。
 比重は1.050以上で正常です。
 尿に脂肪球が出ています。
 脂肪球が発生する原因はよくわかっていませんが、

同時にお願いした血液成分検査で。
a0067056_018541.jpg
 ALT(GPT)がちょっと気になる数値だったので
 ひょっとしたら、これと脂肪球は関連性があるかも知れません。
 しかしこの程度なら、治療が必要なレベルではないですよ。

うーん、なんか微妙ですが、とりあえず要観察ということですかね。
とにかく、尿詰まりを起こさせないよう気をつけなければ。
…脂肪球とGPTの関連性は、よくわからないです。
ヌシの聞き間違い、勘違いかな〜?

獣医さんに指摘されたわけではないのですが、
今回のハリーの血液検査を見て、成猫に高カロリーフードを
与えるのは、肥満以外にもちょっとヤバーい場合がありそう…と
感じたりしました。いやあまり根拠はないです(^^;)。

a0067056_0304493.jpg
ノイエ、ヌシとクシの取り合い(語呂よし 笑)。
a0067056_0315725.jpg
オボロ、おかんにだっこされてトロ〜ン(*´д`*)としていました。
この写真はトロ〜ン顔じゃないです(^^;)。
a0067056_0354761.jpg
キャットタワーの最上段であふれているノイエ坊。


☆☆以下も、かなーり備忘録が続きます(^^;)。☆☆

ノイエとオボロ、この朝ゲーコンビについても
獣医さんにちょっと相談してみました。
 まれに胃の手前で食道が広がって(あるいは狭窄して?)
 しまい、食べたものがそこで詰まってしまう例もあったけど、
 この現象はレントゲンではすぐに見つからないことが多くて
 運良くその現象が起きている時を撮れるかどうか、難しいです。
 この異常がある猫は、食べものを吹き出すように戻すのが
 特徴です。
 そんな病気じゃなくても、吐きやすい猫の飼い主さんは
 ドライフードを水分でふやかして、詰まりにくいようにして
 与えるなどの努力をされているようですよ。
ノイエについては何度となく(他の)獣医さんに相談しているのですが
なかなか解決策がないようで…。検査を重ねて原因を調べるという
方法はあるにしても、一般的に猫の吐き癖は珍しくないこともあってか
「治療しなくては」という感じには、なかなかなりません。
ノイエもオボロも気力・体力が著しく落ちたという状態ではないので、
なんとも…。ゴハンの与え方を工夫するしかないかぁ。


☆ここではげしいねむけにおそわれたので、メモを放置して保留っでーす。
用語に間違いがあるですよ多分。

ユキ
 上皮癌(上皮腫? 聞き間違い)には炭水化物を多く要求する性質があるとされているが、肥満細胞腫は血液中に散らばっている癌なので、上皮癌と同じように炭水化物を避ける必要があるかどうかはエピデンスがなくわからない。
 高齢になれば慢性腎不全以外にも何らかの疾患を併発することが多いのだが、療法食が効果的とはいえいずれもひとつの疾患に対するものでしかなく、獣医師としても複数の疾患を抱える動物にどの食餌療法を勧めたらいいのかはいつも悩まされるところ。

 ヒルズのc/dは、マルチケアにリニューアルする前から長年食べている猫を多く知っているが、高齢猫にもいちばん影響が少なく膀胱炎再発率も低いと感じている。
c/dでアルカリ尿が続く場合は、一度s/dを短期間食べて酸性尿にして、またc/dに戻すとうまく維持できる場合もあるが。
(途中からユキとは関係ない、FLUTD+腎不全の例に話題脱線。この症例が多いのかな?)。
ウォルサムのフードは、基本的に食欲が落ちた猫にまずエネルギーを与える事を大前提に考えているらしく、腎臓サポートにもリンを多く入れている。リンが少なくなると味が悪くなる=猫が食べてくれないからだ。そして、過剰なリンの吸収を妨げる物質を添加してバランスをとっている。そして、どんなタイプのフードでもタンパク質が多く含まれている。pHサポートはやたらと塩辛いし、なんでも多く含まれているのがちょっと…。
(食べてくれるなら、ヒルズがおすすめのようです。ところで腎臓サポートはさすがに高タンパクではないような気がするなぁ)。
[PR]
by K318Ci | 2008-09-28 02:09 | 猫話 | Comments(2)
Commented by egonQ at 2008-09-28 21:39 x
今日ね、ちょっと髪切りに美容院行ってきたんだけど、
そこでたまたまあったネコの投稿写真集みたいなのあったんで、それ見てたんだけど、
ヘタな市販の雑誌なんかよりも、K318Ciさんとこのブログの方が、よっぽど美しい写真がいっぱいやわぁ…って、今見てて改めて思ったよ(*^^*
なんか質感が…すべての写真で統一されてて、すごく鮮明なんだけど、若干青っぽい光が幻想的な感じで、美しいって言葉がピッタリだよね!!

オレもね、今さっき自分の車デジカメで撮影してきて、日記にアップしてみた(^^;
日記の内容はぜんぜん関係ないけど(爆
この前付けたM3バンパーも写ってるんで、興味あったら見てくらはぃ♪
Commented by K318Ci at 2008-09-28 22:43
egonQさん。
最近は猫の本が多いんですね。Blogで見るととてもきれいなのですが
コンデジの画質は印刷ではちょっと乗りが悪くて、せっかくの写真が
生かされず残念に思います。
で、猫写真はもっともっとすごい人がたくさんいらっしゃるので(^^;;;)。
ほんとレベルが違いますよ〜〜(汗)。でも、ありがとうございます。
M3バンパー見ました(^^)。きれいにくっついていますね! 羨ましいです。
<< 猫トイレ すずのシーズン >>