ね、む、い、で、す〜
a0067056_23574182.jpg
シマ坊、今夜もぽわーっと暖房ボケです。
a0067056_2357559.jpg
寝ぼけています(^^;)。
a0067056_23581331.jpg
ハリーは最初ノロノロ食べていたpHコントロールが
いまでは美味に感じるらしく、7猫中最速で食べ終わるように。
そのわりにゃー、たぶん尿は戻っていない予感です。
a0067056_235829100.jpg
変な顔が撮れていました(^^;)。
カメライヤンだけどネコジャラにうずうず。かな。
カメラ向けてゴメンね。
a0067056_23584547.jpg
ノイエ、去年と比べるとずいぶんモフってきたような。
わきに久しぶりにドレッドさんができていました。
a0067056_2359751.jpg
ファンヒーターのその後…どうして、どうして上に乗らないと
いけないのか、明日までに400字以内で書いてこいと(^^;)。



☆ぼやき1☆

オボロが飲んでいるフラジール希釈液を投与する際、
スポイトに残った“泡”をひとなめしてみました。
「どぇっ!!! にぎゃー、苦い!!!!!」
泡のひと粒だけでも、もだえるような苦さですっ!
これを規定量(1.5ccだっけ、忘れましたが)毎夜の水びたし
ゴハンに混ぜて服用しているなんて、オボロ強すぎ(^^;;)。
ふつうは、ゴハンに混ぜたら絶対食べないと思います。

☆ぼやき2☆

なにしろウチで原虫さんが発見されたからには
全員駆虫しなければと思うのですが、問題がひとつ。
ノイエはおそらく駆虫薬で下痢を起こす可能性が高いです。
なので、ノイエだけがお世話になっている動物病院に
電話で聞いてみました。
獣医さん「ジアルジアにはメトロニダロールが主成分の
飲み薬しかありません。ノイエには隔離して過ごしてもらい
検便を繰り返し、様子を見るしか」。
とのご意見、もっともです。…いまさら隔離しても。いや、
伝染るモノから身を守るには、近寄らないことが基本。
ここは、まずオボロを隔離するのが妥当ではあります。
しかしオボロは、性格的にひとりではいられない…。
どこまで厳しくすべきなのか、迷います。甘いですかね。

ジアルジアは人畜共通感染症との見方もあって
いちおうヒトが感染したときの症状なども知っておいた方が
いいな、とググって見ました。んが、ヒトのジアルジアは
そのへんにゴロゴロしているものではなさそうです。
もし、犬や猫から感染するとしたら、身近な危険にならないか
と思うのですが…感染するかどうかがハッキリしていないらしく、
ペットのジアルジアは、ヒトのそれとは少々別次元で語られている
印象を抱きました。
最近はペットブームらしいので、これから新しい情報が
出るかもしれませんです。

多頭飼いは、なにかと相互感染のリスクが高まりますね。
もっと勉強しなければ。
[PR]
by K318Ci | 2008-11-03 01:13 | 猫話 | Comments(2)
Commented by 茶道具 at 2008-11-03 14:55 x
あ!味見したんですか!さすがヌシさま!(≧▽≦)彡☆
というか、その味で食べるオボロさんがさすが…
隔離…私も軽くやったことありますが、猫も人も気持ちが辛かったです。泣かれると、もう…もう!!(T△T)

↓ 純毛は、燃え上がらない…はず。
もし、フェイクファーのノイエ王子等身大ぬいぐるみを火に近付けたら、
一瞬で火ダルマ(恐)だけど、本物のノイエさんは、純毛だから、
チリチリするだけ…危ないのは同じですケド(^_^;)
ノイエさんが熱いのに気付かないのは、毛でしっかり断熱されてるからかしら?
Commented by K318Ci at 2008-11-04 00:11
茶道具さん。
ノイエの獣医さんが「この薬を飲ませるのは、とにかく大変なんですよ〜」と
おっしゃっていたので、興味を持ってしまって(^_^;)。いやもう、忘れられない
苦さでした。
隔離は慣れ親しんだ空間でも嘆き悲しむので、辛いですよねー。
そういえば、すずがケージ寝に慣れるまでは大変でした。やはり飼いヌシの
心構え次第なのかな…ううっ。
ノイエはストーブのてっぺんにシッポをばさ、ばさと突っ込んで、焦げくさーく
なっていたんですよ。さいわい純毛仕立てだったので、炎上をまぬがれた
んですね(^^;)。一瞬の熱さに鈍いのは…天然だから(爆)。
<< 晩秋 消費拡大 >>