外か、中か
7日はお注射バイトリル編。
診察の際、獣医さんによる耳そうじ 兼 耳チェック。
「これは、もしかして鼓膜の外に炎症ができているかも~?」
というお話もあったりで、

    ちょっと希望が持てる状態、かも

しれませんです。かも、かもって、煮え切らねぇですが。
猫だもの、おとなしく耳穴を差し出すような優等生は
ちょっといませんです。
ノイエはあれでもジェントルに振舞っていたと思いますが
獣医さんが耳そうじをしながら慎重にスコープを覗き込んでも、
患畜ノイエ坊が もぞもぞもぞもぞ 動いてしまったために
クリアな視界は得られなかったようです(^^;)。

鼓膜が破れているかどうかはっきりわからず
中耳~内耳の炎症か、外耳炎かはわかりませんでした。
しかし、鼓膜は膿に浸されてベリーウエットな状態だったそうです。
まだまだ治療は続きそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7日、便は出ていない。
尿は夕方に。pH6.2。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


帰宅後、ノイエの一部屋隔離を終了しようと
部屋をどたばた歩き回っていたら
a0067056_0443072.jpg
アンジーがノイエ用ケージに鎮座。一瞬、ノイエかと思ったよー。
a0067056_045729.jpg
開け放たれた隣室を、慎重に覗き込むノイエ。
このあと、意を決してベッドに飛び乗ろうとして
見事にすってんころりんとしりもちをついてしまいました。
ベッド程度の高さも乗れなくなっちまったかい。
a0067056_10225123.jpg
ここ数日のねぐら、床に置いた段ボール箱にこもって
傷心を癒すノイエ(^^;)。
後肢のふらつきが起きてからは、隔離部屋で
ミニケージと段ボール箱をいったりきたりして
過ごしていました。



ふと見ると、
a0067056_10242643.jpg
オボロがミニケージに鎮座(笑)。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-08 01:37 | 猫話 | Comments(4)
Commented by ツバキ at 2009-04-08 16:01 x
今回の件が気になって、何度も携帯でお邪魔してしまってごめんなさいです。
ノイエ君が早く良くなりますように。
主様も無理なさらないで下さいね。
Commented by 茶道具 at 2009-04-08 21:22 x
ミニケージ、人気ですねぇ(^▽^;)
まったく猫ってやつは、物見高いというか。
片耳が重いと、三半規管に来るんですかね?
ベッドに飛び乗れないのは、いくらのんびりしたラグでも、
猫として心傷いたでしょう…(ノ_・。)
Commented by ネネコチャビー&トラポン at 2009-04-08 23:53 x
 アンジー嬢とオボロたん、「ミニケージに入るとヌシさんにかまってもらえる」と思っているのでは? 
 ノイエたん、目つきはしっかりしているように見えますが、しんどいんでしょうねえ。たくさん食べて、体力つけて、がんばれ~!
Commented by K318Ci at 2009-04-09 01:51
ツバキさん。
いえいえ、ご覧いただいて心強く思います~。
ノイエ、ゆっくりとではありますが、良くなってきています。
お腹の方も、大丈夫みたいですよ(^^;)←これが今はいちばん
うれしいです。

茶道具さん。
隔離していたときはゴハンも運び込んでいたので、ほかの猫たちは
この部屋で日ごとすごいご馳走が振舞われているんだ、と信じ込んで
いたらしいです(笑)。鼓膜の内側に炎症が起こると、ふらふら
するものらしいですね。私は外耳炎しか経験がなくてピンと来ない
のですが、痛みor違和感があるんだそうです。

ネネコチャビー&トラポンさん。
アンジーもオボロも、ノイエが過ごしていた部屋のどこに
ご馳走が隠れているか、探すのに夢中だったようです(笑)。
ノイエはお腹がよくなる昨秋ごろまで、いつも目つきがラリ気味
でした。思えば軟便が定番だった成長期のころは、ずっとどこかの
調子が優れなかったんだろうなぁ。
<< 時計 炎を食い止めろ! ダブルブロック計画 >>