お山のめぐみ&ユキの検査
仕事ででかけた帰り、お山に寄ってマタタビを摘んできました。
そろそろ葉が白くなってきつつあり、見つけやすくなりました。
a0067056_01342100.jpg
夕暮れ時なのでブレブレです。
猫ども殺到、と思いきや
すずだけはどうも勘違いしている模様。
しばらくマタタビの葉っぱをしゃくしゃく食べていましたが
「なんか違う。」といいたげな、釈然としない表情で
離れていきました(^^;)。すずはマタタビには
まったく反応しない子なのです。
a0067056_0172385.jpg
シマ坊は面白いくらい酔いしれていました。
a0067056_018930.jpg
ノイエも、ときどき酔っていました。
お山といっても低山地に生えていたものなので、虫害が多いです。
見たところ、果実はほぼすべて虫癭果でした。
これ放っておいたら虫が出てくるんだろうなぁ。
どうしよう。

a0067056_0241262.jpg
アンジーとオボロがベビーマット※の上で
でろでろと寝ていました。
(※レスポのマザーズバッグに着いていたオムツ替えマット)。
最初はこのマット、使い道がないのでどうしようかと思いましたが
今となっては本体のバッグよりも活躍しています(^^;)。
猫はちょっとでもやわらかいものの上に乗りたいらしく
誰彼ともなく、このマットの上で寝ています。

a0067056_0285518.jpg
1日、ユキは肥満細胞腫の検査に行って、
またお腹にハゲをつくってしまいました(^^;)。
エコー検査と血液検査を行い、癌は内臓には発生していない模様
との結果でした。
膀胱内に「サラサラ、またはモロモロしたもの」が写っていて
こりゃひょっとして、ストルバイトの結晶かも? なんて
イヤンな疑惑も(^^;;;;)。これは尿検査をしなければ
正体がわかりません。膀胱炎の気配はありませんが、要注意です。
ほかにもちょこちょこありましたが、あらためて。
検査をちゃんと記録しなければ~。

頭部におできが発生してから、すくなくとも1年半は
経過していますが、進行していないのはありがたいです。

あとは気温の上昇につれて悪化するアレルギーを
どうしたものか、と悩み中。
皮膚の薄いところ、とくに頭部、四肢の先が赤くなっており
かゆいのか違和感があるのかよく触ってはいますが
かきむしって毛が抜けるほどではありません。
猫の肥満細胞種にはステロイドは効果がないそうですが
アレルギー症状の緩和は期待できるだろうとのこと。
ステロイドをどのタイミングで使うか、悩みます。
イヤ~な経験をするとよけいかゆくなるのか、
この日の夜、ユキ姐さんの顔はまっかっかでした。
[PR]
by K318Ci | 2009-08-02 00:49 | 猫話 | Comments(0)
<< 明日は久しぶりに晴れそうだ ユキの検査 >>