メインステージはキモ話
a0067056_0362720.jpg
ハリーは8日、朝からピリピリしているなぁと思っていたら
おしりの毛にうんうんをぶらさげていました。
うんうんがくっついているので逆ギレしていたようです(^^;)。
a0067056_0363978.jpg
オボロはしかし、
毎日同じタイミングで同じ場所にいるなぁ。
a0067056_036456.jpg
土台、ニャンとも。スノコ、デオトイレ。
乗っけてみたらそれなりに安定していました。
ニャンとものスノコはよくできていますが
ペットシーツを使う場合は、横モレがひどくて
対策に悩んでおりました。
フタは、ニャンとものカバーは無理やり使えますが
どうもスッキリしないので、使わないことに。
しばらくこの組み合わせてテストしてみようと思います。





ここからは、涼しくなるお話です。
さわやかにはならないです(^^;)。

[第一話]
先日、マタタビをさがしてお山(といっても国道沿い)を
うろうろしていたとき。
道路沿いに田んぼがあり、あぜ道を少しだけ歩きました。
マタタビの白い葉が目立つのは、日光の当たる高い場所。
上ばかり見て歩いているヌシは、しかし足元に不審な動きを
感じたのです。

  にょろ

すぐ脇の田んぼの中に、ヘビっ! ヘ、ヘ、ヘビ~~~!
赤土の田だったので、はっきり見えました。
それは、よく見るシマヘビではなく、青大将でもなく…。
全身を彩るのは、サイフかバッグにでもありそうな、
鮮やかで美しいダイヤのパターン。
もう歩くこともできず、逃げることもできず…。
ヘビが田んぼの奥に去るまで、硬直したまま
涙ちょちょぎれていました。
帰ってからググってみましたら、それはマムシでした。
はぁ~こわかった。


[第二話]
7日の朝。
最近はすずを夜ケージに入れずに過ごせるようになっています。
いや、いました。
4日にシャンプーして、ちょっと寒がりが復活したかな?
という様子を見せてはいたのですが、体調を崩すこともなく
安心しておりました。
それがまさか、3日後になってフトンにやられるとは。
明け方「フンフンフン!」と鼻息荒くフトンをかきはじめる
音がしただけで、熟睡していたヌシセンサーがするどく反応、
『直角起床』しましたよ。
センサーは正しく反応していました。フトンがびっしょりです。
前日の夜、ひっさしぶりに新調したNewシーツとNew敷きパッドを
おろしたところだったのに…。
その敷きパッドが新しかったので若干の撥水性があり
マットレスに染み込まずに済みましたがね~。
買ったばかりの寝具一式は、さっそく
熱湯漬け→ワイドハイター漬け耐久24時間の刑を受けるはめに。
はぁ~。


[第三話]
7日は燃えるゴミ捨ての日でした。
すずのシッコたれの後始末を終えて、急いでゴミ袋を
車に積み込みまなくてはなりません。
少し前に、おかんが庭木の枝と雑草を刈っていたので
柴ゴミが大量にありました。
ゴミ袋の中の小枝や雑草は、刈ってからしばらく経っており
(刈った後、しばらく日干しして嵩を減らすのが一般的)
ほとんど茶色くなっていました。
が、なぜかところどころ、鮮やかな蛍光グリーンの物体が。
ぎっしり詰め込まれたゴミ袋の口付近や、枝で突いて破れた
袋の裂け目に特に多いような。
…どれも、ゆっくりと動いている…?
こ、これはっ!!
しまんたろ!!!
その場で思わず「ぎゃっ!」と声が出ました。
ゴミ袋の口付近に大量に這い出していたしまんたろを
ヌシは気づかず手でつぶしたりもしていました。
ゴミは根性で捨ててきましたが、あまりにもショックで
一日中、
「しまんたろ、しまんたろ、しまんた…」。。
と、起きながらうなされてしまいました。
はぁ~、今思い出してもさぶいぼが。

※「しまんたろ」とは、イラガの幼虫を指す方言です。
[PR]
by K318Ci | 2009-08-08 00:47 | 猫話 | Comments(2)
Commented by ネネコチャビー&トラポン at 2009-08-08 18:06 x
 ……個人的には、第三話が大好きです(笑)。 「しまんたろ」。名前のかわいらしさからは想像できない、グロテスクな風貌を持つ幼虫のようで……。モミの木、しょっていて豪勢な毛虫ですが、あまり会いたくないなあ(笑)。言葉の響きが面白いので調べてしまったのですが、富山・金沢で「シナンタロ(ウ)」というようです。どんな意味なんでしょう。至難太郎?
 すずちゃんのシッコタレ、困りましたね~。布団の足触り=トイレとすり込まれてしまったのでしょうか。布団部屋は猫出入り禁止にするしかないかもしれませんね。……あ、すずちゃんにはまたケージで寝てもらえばいいのか。
Commented by K318Ci at 2009-08-08 23:57
ネネコチャビー&トラポンさん。
予備知識がなくても、ぞぞっとする造形とカラーリングです、きっと。
しまんたろ、と私は身近な人からよく聞いていましたが、母の実家では
(柿の木が多いので本場です 笑)しなんたろーと呼んでいましたっけ。
意味はわかんないですねー、なかなか絶えないので死なん太郎とか?!
すずはフトンに関しては確信犯です。うーん、またケージかぁ。
<< Bridge サマーシャンプー >>