心配性だから♪
月曜午前の動物病院は、やたらと混雑していて鬼門ですな。
a0067056_23443722.jpg
病院から戻って。へそ天しているくらいなので
ムチャクチャ状態が悪いわけでもなさそうです。
a0067056_23444436.jpg
ご機嫌は…よろしくないそうです(^^;)。

病院では、体重計(兼、診察台)から飛び降りたり、
検温をいやがってじたばたするくらいには元気だったので、
緊急性は薄いと判断されたのか
リンゲル液とビタミンを点滴されて、帰ってきました。

 体重 4.56kgくらい(じたばた)
 体温 直検39.3℃、同時に測ったマイクロチップでは38.4℃
 尿検査 比重は異常なし pH8(自宅ではpH7.8)
 検便 異常なし、でも少々ゆるい

マイクロチップは実体温との差が激しいですが、測るたびに
温度がコロコロ変わるというものでもないので、6日夜に
39.2℃の数値が出たのは、やはりその頃には体温が高かった
と考えてもいいのかも。
ちなみに一緒にいたオボロも39℃でした。
6日夜は2匹とも、すぐに数値が38.5℃前後まで下がりました。

おかんの話によると、アンジーは日中は陽の当たる窓際で
ずーっと寝ていたそうなので、熱中症にでもかかったのだろうか?
とヌシは思ったりしています。オボロもかなぁ??

オボロは7日の朝ゴハンをいつものように食べていたし
すっかり普通に過ごしていたので、今のところ大丈夫そう。

アンジーは、6日に出しっぱなしにしていたゴハンを
食べ終えることができませんでした。
7日も、朝も、夜もチビチビとしか食べていません。
食べたそうなそぶりをしますが、吐き気があるよう。
明日は出かける予定があるので、こういうときはツライなぁ。
原因がわからないのもツライなぁ。
アンジー、ゴハン、食べてください。

それにしても、忙しいからといって動物病院のAHTさんってば。
「アンジーちゃんの尿pHは8で、比重も異常なしですから大丈夫ですよ♪」
とおっしゃっておいででしたが
pH8で大丈夫と、普通言うかな(笑)。
まぁ頻尿がなく、潜血や結晶も出ない(ということかな?)なら、
膀胱炎ではないから大丈夫といえば大丈夫ではありますが…。
現在は食事量も飲水量もごく少ないので、危険です。

尿pHはどうも、肥満度とリンクしているような気がします。
揃っていい感じの体重を維持していた初夏ごろまでは、
みんなのおちっこも理想値を維持していたのです。
最近はもーメタメタで、ヌシの至らぬところ、情けないです。



へそ天で傷心をいやしているアンジーのそばで、
a0067056_062658.jpg
すずと。フトンはきっちり畳んだつもりのはずが…。
a0067056_063534.jpg
ユキ姐さんが、並んで寝ていました。
7日はけっこう暑くなりました。アンジーが暑さでダウンしているのに、
a0067056_073880.jpg
すずは寒くてしょうがないのか、無性にユキ姐さんに団子を申し込みます。
a0067056_075285.jpg
せっせとなめなめして、お愛想かと思いきや。
a0067056_08277.jpg
ガタリ! と音がして、2匹が離れる。その場の空気が一気に、
a0067056_081158.jpg
険悪です、険悪な空気がただよっています!
a0067056_082079.jpg
たまりかねてユキ姐さん、退出。


すず、立ち去るユキの後ろ足をカップリやっていました。
ナニやってんだか…。
a0067056_082859.jpg
心配させたオボロは、7日にはすっかり元通りに
すずのお洋服をつついてかぐわって振り回してヌシに見せにきて
せつない叫び声を上げておりました。
ほんっとに、変なヤツ(^^;;)。
7日はオボロも尿が採れたので自宅検査、結果はpH6.0(食前)。
だがしかし。4日にこやつ、pH8.0(食後)をたたき出しております。
アルカリor酸性、どっちね? ほんっとに、変なヤツ(T T)。
[PR]
by K318Ci | 2009-09-08 00:29 | 猫話 | Comments(2)
Commented at 2009-09-09 22:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by K318Ci at 2009-09-09 23:54
鍵さん。
ほんとうですか……。悲しいです。どうぞお気落としされませんように。
ゆっくり休んでくださいね。
<< おなかユルユルの友 アンジーとオボロの夏バテ@にぎ... >>