ヘイラッシャイ!
目の周りのケガは、運よくドーナツカラーのおかげで
掻いて悪化することを避けられました。
a0067056_237122.jpg
うす~くかさぶたが張ってきました。
湿潤療法を使えたら、もっと早く治るのかな?
猫の目の周りを洗浄するだけでも大変そう(^^;)。
a0067056_237897.jpg
アンジーは安定してゴハンを食べてくれるようになりました。
今回は痩せるほどではなかったようで(汗)。
実は、ちょい太めのアンジーは
おしりがまるくて、かわいいんです。
水のみ器の向こうに、つめとぎのくずが。へ(^^;)。


さて、ぼやいてみようかな(笑)。


最近、家の玄関前に立つと、なんか酢クサイんです。
玄関に入ると
ヘイラッシャイ!!♪
と、イキのいいかけ声が聞こえてきそうな…。
脳みそのなかで、懐かしい3人が踊りだします。
一瞬、鮨屋ののれんをくぐったかと錯覚しそうですが
目の前に広がるのは、いつもの猫どもお出迎えの様子。

先日から使いはじめた酢酸のニオイが、なかなか消えないのでした…。
シッコのニオイは確かにそこそこ消えていると思いますが
かわりに家じゅう鮨屋の香りって、どうよ。
秋になって、サンマを焼いたりカマスを焼いたりと
人間が魚を食べる日が増えたのも原因でありましょう。。

鮨屋より木酢液の方がよかったかも…しかし、
木酢液を現在使っている酢酸の濃度(アバウト5%弱)で
使おうとしたら、ほとんど原液で使うことになるし、
そうするともっと強烈な香りに満たされた我が家になるわけで。
ううむ。

重曹も使ってみようかと買ってきてはみたものの
すでにお使いの方はご存知だろうと思いますが
「コレ、ショッパイ!」
こんな塩辛いもんを猫の行動域にまきたくないなぁ。
エコ界(笑)ではGODのごとくあがめられている
重曹とお酢ですが、あ、手づくり石けんも。
これらはGODとでも思わないと、決して使いやすいものでは
ありませんな。

と、エコ信仰に振りまわされたヌシがぼやいてみました(^^;)。
いいところもたくさんあるのですがね。
[PR]
by K318Ci | 2009-09-20 02:44 | 猫話 | Comments(3)
Commented by ネネコチャビー&トラポン at 2009-09-20 17:49 x
 シマ坊くん、傷が大したことなくて、よかったですねえ! 昨日の写真だと、目元の皮膚が裂けているように見えたもんで、縫わなくていいのかなあと思っていました。それにしても、猫の快復力ってスゴイ!
 重曹とかクエン酸とか、私も一時「エコしなくっちゃ!」と思って、100均で買ってみたりしたのですが、何をするにしても即効性がないので、気の短い私としては「……」でした。気長に汚れ落としをするにはいいのかもしれませんが。
 今日もネズミが庭に来て、雑草を食べていきました。とりあえず、2匹確認。たぶん、クマネズミですわ。
Commented by らっき~ at 2009-09-20 21:06 x
重曹は昔溶かしてスプレーで猫トイレの掃除に使ってたことありました(そのころは良い情報ばかりで)あるとき猫の結石を作ると読んで止めました
どれもこれも何かしら心配事が付き物なんでしょうね
Commented by K318Ci at 2009-09-23 01:40
ネネコチャビー&トラポンさん。
シマの傷はころんですりむいて、くらいの傷で助かりました。
でも痕は残ってしまうかな。猫って傷の直りがやたらと早いですね。
そして、アンジーより、シマの方が回復力があります。
エコなお掃除アイテムは、使い手に細やかさが必要なんですね~。
昨冬は手荒れに悩んで石けんを使いましたが、フライパンの油を
いつまでもぐるぐるかきまぜて、ため息をついていました(^^;)。
DAWN一発ですっきり落ちました(-_-;)。
ネズミの見分けがつくなんて、すごい。お庭でのんびりするなんて
外の猫様方、最近はいなくなったのですかね。

らっき~さん。
猫の結石を、という話があったのですか。知らずに使わずよかったです。
水で流したら問題ないのでしょうかね…。重曹は料理をまろやかにする、
と読んで、ひとなめしたら塩気が強くてびっくりしました。
猫と人を、同じように考えてはいけないですね~。
<< 美顔なやつら 空気が冷えてまいりました、秋です >>