寒中洗い
8日、冷え込みのピークは過ぎたか、どうか。
超・大昔、臨済宗妙心寺にて蝋八大接心という年末の行に
参加してみたことがありますが、
あのときがこれまでで最もさぶい思いをした1日でした。
さぶかったのに、修行の成果は残念ながら(^^;)。
いまにして思えば、当時はそういうことが流行っていたんですね。
簡単に書くと「逃走論」から「雪片曲線論」へ。
a0067056_2113882.jpg
とうとう、フトン洗いされてしまったノイエ。
風呂場では「ニャーンニャーン!」と鳴き叫び通しでした。
a0067056_2114633.jpg
オボロも洗いました。
猫シャンプーの最中、風呂場に立ち寄ったものは
みなフトン洗いされる運命なのだよ。
a0067056_2115228.jpg
オボロは「フニャ~…」と情けなく鳴いていました。
しかし、写真を見ると情けなさそうに見えません(笑)。

ヌシは腰が痛いです。





☆メモ☆
すずの野菜ねだり癖をやめさせる作戦はめでたく成功か、と思っていたら
こんどは「台所のふきん」をかたっぱしからかじるという奇癖を開発。
あらためて調べてみると、
野菜かじりもオモチャかじりもスリッパかじりもふきんかじりもシッポなめも
典型的な猫のウールサッキングのようです。→資料満載です。
すずの場合はみなぎる狩猟本能も大きそう。
狩り好きといっても、凶暴性はまるっきりないのですけど。
さて、おさまらない異物食い。どうしたらいいのかなぁぁ。
[PR]
by K318Ci | 2010-02-08 02:24 | 猫話 | Comments(4)
Commented by らっき~ at 2010-02-08 14:20 x
みなさんシャンプーお疲れさま

年一度しかシャンプーしませんがもうちょっい頻度を上げてみようかな
クシ通り度具合チェックに
年末洗った後、毛玉精製は落ち着いて3月で爆発精製します
今年は2月末ごろまた洗ってみよう
それで例年のように腹面毛玉だらけにならなければ
シャンプーは毛玉防除に役立っている?せっちの場合
Commented by 茶道具 at 2010-02-08 19:46 x
ウールサッキング!なるほど狩猟本能もあるのかも!
3回で5匹、捨て子や野良子をミルクで育てましたが、
布を吸うようになった子は、1匹。
人間の腹や手を吸うのが2匹。←うち1匹は今いる柚子。
そして、柚子は素材や太さに関わらずヒモ食う猫(^^;
残り2匹は、ちぱちぱ残らず。いずれも、一緒に育てた兄弟の強かった方。
甜々は、親と別れたのが生後2ヶ月ごろだったせいか、
ちぱちぱこそしませんが、子供の頃の異物食いは激しいものがありました。
どうも、遊びやいたずらの新規開発をする子は、異物食いが激しい気がします。
人が振る猫じゃらしではガルガル言って激しく遊ぶものの、
自分では何も新しい事を始めない橙太は、一切異物を食いません。
そして、外遊びをしてた子たちは、誰も異物食いませんでした。
好奇心が満足してたのかなぁ?

異物食い…困りますよね(T^T) 我が家もどんなに注意してても、ヒヤリが収まりません。
台所の布巾…それは微妙なニオイの物がお好みですか?!(;´∀`)オンナノコナノニ…
Commented by K318Ci at 2010-02-10 01:30
らっき~さん。
寒い時期のシャンプーはなんだか気を遣いますね。
私もたまにしか洗わないのでなんとも言えんのですが
毛足の長い猫は、やっぱり洗ったほうがいいみたい。
カールアップカフェさんの猫たちを見て、お手入れの
大事さを知ったですよ~。でも、2週間に1回シャンプーは
なかなか真似のできないことです(^^;ヘタレ)。
Commented by K318Ci at 2010-02-10 01:40
茶道具さん。
ぐぐっていろいろ見ていると、イギリスでは外に出すのが普通なので
ウールサッキングは少ないと書かれたサイトもありました。
甜々くんは成長すると治ったんですか。すずの開発意欲は4歳に
近づいた今でも、衰える気配がありません(笑)。
> 遊びやいたずらの新規開発をする子は、異物食いが激しい
これ、すごくわかります。パワーがありあまっているんですよね。
すずは母猫との別れが早かったのも事実で、資料の多くのケースに
一致していました。人間が注意してあげるしかないですねえ。
しかし、頼みの綱のオモチャにすぐ飽きるのは直してほしいです(^^;)。
<< More ラーメン! 音楽系 >>