「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:その他話( 122 )
Driven by Design
このブログは2014年末の更新を最後に、当時はブログ容量が限界だったため
こことか、ここをさまよっていたのですが
以前のような時間が取れず、またPCが古く写真の処理が大変になったこともあって
どうも更新に乗り気になれませんでした。
今回、すず、ハリーと相次いで失うこととなり、さてご報告はやはり
長く歴史を綴ってきたExciteブログでやるべきかな、と思いました。

彼女たちの記録を探す過程で、古い写真を見つけました。
a0067056_5104214.jpg
2004年6月8日に行われた、Appleのセミナー「Driven by Design」です。
このブログは、セミナーの名をもじって名付けました。
車で東京へと走り、Driven by Designに参加し、
その足で六本木に向かい、ハリーを貰い受けるという
今にして思えばなかなかハードなスケジュールでした。
あれから12年も、経ったんですねぇ。
ただただ、時間の流れに驚いています。

正月から訃報となり、ちょっと気が引けて
ささやかなエピソードとして書いてみました。
[PR]
by K318Ci | 2017-01-02 05:26 | その他話 | Comments(6)
強烈な虹
a0067056_23315133.jpg

備忘録

いや詳細はまた。(備忘録にならないけど)
[PR]
by K318Ci | 2014-11-10 23:34 | その他話 | Comments(0)
庵地焼 旗野窯
庵地焼の、これはマッコリ用の器だそうです。
a0067056_091696.jpg
写真は底を写したもの。登り窯だけに刻まれる銘だそう。

昨年1月、テレビ放送されていたのを見て
すぐ、思い立って窯元を訪れ、購入したものです。
家を出たときは雪もほとんどなかったのですが、さすが新潟。
進むにつれて深くなる積雪、高速も真っ白の圧雪、そして地吹雪。
FRのため慎重に走りましたが、何度もリヤが泳ぎ出してしんどかったです。
ようやくたどり着いた窯の皆さんには、築130年の家で暖かく接していただきました。
ほとんどが女性の窯で、皆さん明るいんですよ、ぜひ立ち寄ってみてください。

このとき購入した器は、この年はじめて出た青みがかった黒だそうで
ちょっと吹いているところもあるんですが、深い色合いと使いやすい形も気に入って
約1年弱、コーヒーカップとして大活躍してくれました。
(写真は、その青と黒をうまく出せていないですね)
大事にしていたのに、12月にごろりと落としてしまい、口が欠けてしまった。
また行って買ってこようと思うのですが、
この冬は、車の方が劣化著しく、長距離に耐えられるか不安で
なかなか踏み切れないでいます。
通販でも購入できます。しかし、せっかくなら見て買いたいものです。
[PR]
by K318Ci | 2014-01-26 00:36 | その他話 | Comments(0)
立山黒部アルペンルート
去る10月14日、立山黒部アルペンルート観光に行ってきました。
a0067056_2328541.jpg
ダムの上から放水をのぞきこむ。高所恐怖症にはおすすめできない。
a0067056_23281722.jpg
黒部ダム付近はこのときが紅葉のピークだったそうです。
a0067056_2328276.jpg
これは、ナナカマドではないかと。
a0067056_232839100.jpg
放水の間は常に霧が立ち上っていて、晴れると虹が見られます。
縦画像を縮小表示したいのですが、どうしたらいいのだろう。
a0067056_23284796.jpg
ここは大観峰だったかな。
帰り道です。月が少しずつ明るく見えていました。

昨年は10年に1度といわれるほどの見事な紅葉だったそうですが
今年は猛暑の影響か? まぁまぁの色づきだったようです。
アルペンルートは高低差があるため、いちばんの見所の弥陀ヶ原~黒部平あたりは、最盛期が終わっていました。ちょっと残念か。
それでも山肌がゴールドに輝くさまは、なかなか見られるものではありません。
(室堂で降りなかったため、写真はない…残念。)



おまぁけ。
a0067056_23301663.jpg
これが、ダムカレーだ。
お客さんが多く、セルフサービスでテーブルにたどり着くまでにこぼしてしまいました。
ちょっとぬるかったけど、甘いグリーンカレーのような味でおいしかったです。
[PR]
by K318Ci | 2013-11-04 23:51 | その他話 | Comments(0)
秋なのに水辺植物に挑戦
なぜこの時期から始めたかといいますと、
猫のフードを買おうとした店で、水辺植物の品揃えが豊富だったのです。
a0067056_134098.jpg
9月21日にセットした、姫睡蓮「スノー・プリンセス」と水草3種。
筒状のものは、暗渠パイプです。これ、睡蓮や蓮の栽培では使わないものですが
水が腐ったときにスピーディに交換できるかと思い、設置してみました。

a0067056_1364041.jpg
10月6日、水草ばかり茂って、姫睡蓮の葉がくさってしまいました。

くさった葉を割り箸で取り除いていると、
姫睡蓮の新しい葉を発見!
枯れたんじゃないんだ、と喜んだところで力が入ったか
割り箸で根っこごとぐいっと抜いてしまいました。
いもづる式とはこのことか。。。
あわててつついて戻しましたが、前途多難です。
果たして来年の夏、花を咲かせることはできるのか?
[PR]
by K318Ci | 2013-10-07 02:15 | その他話 | Comments(0)
あさがお
正月から、一気に真夏モード。
a0067056_0405755.jpg
プラチナ・シルバー・シルク。Platinum Silver Silk Morning Glory.

a0067056_041755.jpg
チタニウム・ブリザード。Titanium Blizzard Morning Glory.

写真は明け方で、ちょっと暗いですね。

5~6年前にヤフオクで買った種を、ことし蒔いてみました。
名前から察するにアメリカかどこかの品種だと思いますが、2つとも情報が見つかりません。
最近、緑のカーテンにと普及してきた西洋アサガオ系ではなさそう。
少しかげりのあるブルーがきれいです。
特に、控えめと言うか中途半端な覆輪がいい味を出している
チタニウム・ブリザードが、お気に入りです。
まさか芽が出ると思わずに蒔いて、2種をごちゃまぜに植えてしまったので
種が交雑すると思いますが、来年も育てて見たいと思います。
[PR]
by K318Ci | 2013-08-18 00:54 | その他話 | Comments(0)
ゼリーが行列なしてやってきた
もうずいぶん昔から、ブックマークに入っていたお店。
遠方で、通販でしか入手できないとなると
なかなか手が出なかったのです。
そのお店が3.11以来、休業を余儀なくされ
秋になってようやく通販を再開したと知ったのは最近のことでした。
予約分は既に完売していますが、Twitterで臨時追加販売の
アナウンスをキャッチ。思い切ってオーダーしてみました。
そのときの販売分は5分ほどで完売していたので、運がよかった。
a0067056_1202763.jpg
雨の晴れ間に写真に撮ろうと思ったら、
みるみる日が翳ってしまった。
a0067056_1202948.jpg
きらきらして、ぶるぶるしています(^^;)。
2つ、いただきました。懐かしいゼリーの食感に
素材の繊細な香りとやさしい甘さで、とても美味しいです。
写真で見るよりもボリュームがあります。
a0067056_1203067.jpg
ゼリーのイエ」というお店です。

何年も前からブックマークしていましたが
営業再開を知ったこの秋まで
東北にある店、としか認識していませんでした。
福島県いわき市だそうです。
[PR]
by K318Ci | 2011-12-04 01:39 | その他話 | Comments(0)
南相馬~相馬
11日、12日と、ふたたび相馬方面へ。
今回、道中は行きも帰りも濃霧をかき分けて進みました。
そんな中、12日はいまの時期としては
かなり暖かく天気のよい日だったのでは、と思います。
前回9月に訪れたときも、夏の最後の猛暑日だったし
なにかと好天に恵まれているようです。
a0067056_6382886.jpg
東北電力原町火力発電所。
周囲は何もなく、のっぺらぼうでした。ところどころに瓦礫。
a0067056_6383169.jpg
復旧工事のため、一般車通行止めになっていたエリア。
近所の人? がさくさく乗り込んでいるので
着いていったら…
a0067056_6383367.jpg
道がくずれています。ずっとこのような状態です。
トラックなどが通れるよう、道の真ん中は補修されていました。
a0067056_6383584.jpg
これは携帯で撮ったもの。
川にかかる橋が流されており、仮設の橋がかかっていました。
この橋が小山のような高さ!
普段なら折り返して戻るところですが、自分のローダウン車で
突破しました。無謀すぎです。
a0067056_6383860.jpg
やや高台から見えた、津波の被害。
津波の走ったあとには、ほとんど何も残っていない状態でした。
a0067056_4543596.jpg
実は、柱と屋根だけを残した無残な家屋や
紙くずのように丸められ、つぶれた車の残骸が点在して
いたのですが、近寄って撮影する気になれませんでした。
遠くから、おそるおそる。
a0067056_6384034.jpg
       相馬港。
a0067056_4534747.jpg
a0067056_4534348.jpg
1階は市場だったかもしれないので、壁が抜けただけかも。
しかし、2階も壁がなく、柱だけが残っていました。
a0067056_6384147.jpg
松川浦大橋を通ろうと思ったら、復旧工事のため通行止め…。
そろそろ、事前に調べて行動しよう。
このほか、相馬港から松川浦にかけての民宿街を通りました。
どうやら地盤沈下が起きているらしく、津波の被害に加え
海水が引かず、道路が水没している場所がありました。
民宿のいくつかは、復旧工事で人が増えているので
そうした人たちを泊めるため、営業しているようでした。
a0067056_6384364.jpg
松川浦。8月14日に訪れたところ。
a0067056_4541261.jpg
a0067056_6384876.jpg
この舟も、8月14日に撮ったものと同じもののはず。
道路の真横で、多くの人が行きかう場所です。
8月の時点では、捜索済などの表示はありませんでした。
a0067056_6405370.jpg
復旧工事は進んでいましたが、被害があまりに大きいので
まだまだ時間がかかりそうです。
a0067056_6385196.jpg
いま、福島は柿がたわわに実っています。
どの木も実の重みでしだれています。

つい、もいで食べないのかな、渋柿なのかな、と思ってしまいましたが
今年は屋外で実った柿を食べられないのだ、と
この地を離れてから思い出しました。
そのくらい、ここから20km向こうで起きていることを
忘れさせるような、静かで、平和で…豊かな土地でした。


※一度だけ、バアちゃんたちが集って嬉しそうに柿をもいでいるところを見かけました。
バアちゃんたち、我慢ならんかったのかも知れません(^^;)。

[PR]
by K318Ci | 2011-11-14 06:39 | その他話 | Comments(0)
相馬とアサリ
a0067056_142910.jpg
田んぼが広がっていたと思われる場所。あちこちに舟や車。
a0067056_143469.jpg
松川浦。満潮だったようです。海の色が日本海とは違う。
a0067056_143893.jpg
「丹下左膳之碑」と書いてありました。津波で倒れたものを立て直したのではないかな。
壊れたボートが集めてありました。
a0067056_144026.jpg


14日、福島県相馬市へ。

相馬は、父が我が家を建てたころ、長期出張に赴いた土地です。
相馬港で、我が家の地元の船の整備か修理をしていたようです。
その間は、港付近の民宿に泊まっていたといいます。
民宿のひとは皆明るく親しくしてくれて、父が家に戻るときは
おみやげにと相馬で獲れたアサリと、生昆布を持たせてくれました。
家に父が帰ってくるたび「アサリがある! これを食わせてやる」と嬉々として
自分の荷物も解かぬまま、発泡スチロールの箱から見たこともない大きなアサリを
どっさり取り出し、フライパンで酒蒸しにして家族に供してくれました。
生昆布はどう料理したらいいのかよくわからなかったのですが(笑)、
この、相馬のアサリの美味しかったことと、数週間か数ヶ月ごとに
一時帰宅したときの父の嬉しそうな様子は、今でも忘れられません。
「相馬はいいところだ、人がみんないい。
 漁港のすぐそばにはアサリが獲れる浜がある。
 昔オワ(俺)が若かったころの放生津潟とよく似ている。」
そんな話をしていた記憶があります。
相馬での仕事が終わったあとも、わざわざ民宿に頼んで何度も
アサリを送ってもらいました。そのくらい、家族みんなの好物でした。

父は出張が終わったころから、時間をかけて体を壊していきました。
母は何度か「あのとき相馬に行かせたのがよくなかった。」と言います。
当時、父に何かがあったのか、今でもわかりませんが
家を建てた直後で、大黒柱として責任が重くなったときではありました。
せっかく家を建てたのに、家族の空気が揃わなくなっていきました。
最後まで、父が相馬と我が家を行き来していたころまでのような
家族の姿は戻ることがなかったと思います。
まぁものすごい不幸があったわけでもありませんが。

3月11日から東日本大震災のニュースを見るにつけ
福島は、相馬はどうなったんだろうと気になっていました。
震災直後は原発以外の福島のニュースがきわめて少なく、
地震や津波の被害状況がわかりませんでした。
Google Mapが更新され、相馬港から
アサリの獲れる浜(松川浦という場所らしい)までの写真を見て
直接この場所を見たいと思うようになりました。

海岸への道を進むと、屋根にブルーシートを被せた家が増えていきます。
ところどころ不自然に激しく枯れている植え込みに異様なものを感じつつ
それでも5月に訪れた(迷い込んだ!)浪江町ほどの被害ではないなぁ…
と思っていたら、空気が徐々にドブっぽい潮のニオイに変わり
ふと右を見ると、津波がかけあがったと思われる泥沼が広がっていました。
ニュースで、ネットで、もうすっかり見慣れてしまった被災地。
実際に目にすると、予想以上の強い衝撃を受けました。

そして、松川浦。どんな場所なのかまったくわからないまま
訪れたのですが、堤防とおぼしきものは破壊されており、ただただ
広大な海が広がる景色に呆然と立ち尽くすばかりでした。

ぬるい潮風に吹かれて沖を眺めていると
不意に、父がかつてここに立ち、想ったことを強く感じました。
生まれ故郷とそっくりの景色(らしい)のに、ここは太平洋。
やっぱり、寂しかったんじゃないかなぁ…と、はじめてその気持ちがわかりました。
昔と変わらない沖の景色を見ては父の気持ちを思い
背後に広がる、津波による無情の光景を見ては震災の恐怖を思い
しばらく混乱が収まりませんでした。

震災から5ヶ月、この地もぼちぼち復旧が進んでいるようでしたが
復興とまでは、まだまだ。
地元の人々は落ち着いた様子で家を出入りしていましたが
このすさまじい破壊から、心に負った傷は小さからぬものと思います。
どうか、家族や地域の絆を見失うことなく
3月11日までの暮らしを取りもどしてほしいと切に願います。
そのときが来たら、今度はアサリを買い込みに来るつもりです。

食べ物のウラミは晴らす…(笑)。




この地域の津波、動画。
すみません、こんなにすさまじい波だったとは想像に及びませんでした。
亡くなられた方に心よりお悔やみ申し上げます。
相馬の復興をこれからも見守りたいと思います。
[PR]
by K318Ci | 2011-08-18 01:51 | その他話
偽薬に手を出すな

[PR]
by K318Ci | 2011-08-10 00:55 | その他話