カテゴリ:猫話( 1325 )
春は馬車に
なんとなしに、花を絶やすと寂しいような気がして
これまで切り花など買ったこともないのに、2週おきにスーパーの切り花を
買ってきては供えていました。
3月に入ると、お山は椿の季節。
a0067056_0184844.jpg
(写真は4月8日なんだけど)

a0067056_0132520.jpg
3月23日。

毎週、つぼみを切ってきてはせっせと供えました。
あでやかで野趣あふれる椿を楽しむ日が続きました。

a0067056_0132352.jpg
4月9日。甘えるジジイ、シマ坊。私は、ねまき姿ですよこれは。

すずとハリーがいなくなって4か月。あっという間に過ぎました。
[PR]
by K318Ci | 2017-04-17 00:38 | 猫話 | Comments(0)
惰眠の日々
週の半ばには雪が積もった日もありましたが、少しずつ日差しが暖かくなってきました。
a0067056_051653.jpg
窓辺の猫ベッド(暖房入り)で熟睡するシマ坊。
a0067056_051813.jpg
よく寝ていました。
クシャミが続くので、すずの服を着せてみたところ、
すずより若干小柄なシマ坊には少しゆるかったようです。
クシャミ以外は元気元気。
[PR]
by K318Ci | 2017-03-13 00:09 | 猫話 | Comments(0)
お山の椿
近くのお山には自生の椿がたくさん。
a0067056_01392.jpg
通りすがりに、道端の椿を。
a0067056_0158.jpg
いただいて供えてみました。

虫喰いですがね〜。葉をめくると、いましたよ。洗い流しました。
そろそろ、春です。
[PR]
by K318Ci | 2017-03-13 00:04 | 猫話 | Comments(0)
ゆるくシンクロ
定点観測。
a0067056_214514.jpg
オボロ(右)とホシちゃん(左)。

a0067056_21498.jpg
オボロは向こうを向いてしまいました。
この写真を補正中、2匹は写真と反対向きに、
ホシちゃんが壁に向かい、オボロはこちらを向いて寝ていました。
仲良しでもなさそうなのに、一緒にいることが多い2匹です。

それにしても、猫が前足を伸ばしてくつろぐくらいは気温が上がりました。
1月あたりは固く丸まって寝ていましたし。
[PR]
by K318Ci | 2017-02-26 02:09 | 猫話 | Comments(0)
後ろを見、前を見

2か月。
経ちました。なかなか、寂しい思いは続くものです。


12日のシマ坊。

a0067056_013614.jpg
16日のホシちゃん。ホットカーペットでのびのび。
うちには小ぶりの電気カーペットやストーブがたくさんあります。
購入のきっかけはすべて、度を超えた寒がりのすずのためでした。
彼女がぬくまって寝ているところを見ると、買ってよかったなと思ったものです。
もちろん、今もみんなが暖まっています。せっかくなら、1か所に集まって暖まってほしいものです。

a0067056_013853.jpg
右手前、ユキ姐さん。
中央、木立性ベゴニアのミセス・ハシモト。
左奥、ハリーとすずのおこつ。
ほこりっぽくなるのと日焼けしそうなため、すぐ棚にしまおうと考えていたおこつ。
いざとなると、しまえないものです。

a0067056_0131061.jpg
ユキ姐さん。眠そうです。


とりとめもなく、生きているのはすばらしいことだ、などと考えてしまいます。
生涯を預かった猫ども、どうか健康に長生きしておくれと願います。


※「ぬくまる」=あたたまる
[PR]
by K318Ci | 2017-02-17 00:45 | 猫話 | Comments(0)
ぬくまる
電気マットを忍ばせたカゴに、ユキシマ姉弟がカゴ盛り。
a0067056_2361754.jpg
シマ坊。

a0067056_236776.jpg
ユキ姐さん。

アレルギー気味の姉弟です。
とくにユキ姐さんは3歳の頃から肥満細胞腫とされて
当時一気に症状が出たまま、目立った進行はないのですが
皮膚に刺激を与えないように、と言われ
目クチャがあっても無理にふき取ったりしないようにしています。
でも、ちょっとは拭いたほうがいいのかな、と
顔をまじまじと見るたびに思います。
どうなんでしょ。

今回はじめて、DNGdataをPhotoshop(CS6)で“現像”してみました。
ちょっとやりすぎたかも。。
[PR]
by K318Ci | 2017-02-05 02:52 | 猫話 | Comments(2)
携帯から投稿
真ん中はホシ嬢。左奥ノイエ、右奥オボロ。
a0067056_00323529.jpg
iPhoneかーら投稿。

[PR]
by K318Ci | 2017-02-02 00:31 | 猫話 | Comments(2)
トルコ猫
a0067056_23433528.jpg
1月30日のオボロとホシちゃん。
この2匹は、仲良しという感じではないのですが
冬になるとよく一緒に過ごしています。
外見が似ているからか?

オボロ、ホシはターキッシュアンゴラです。
ターキッシュとはもちろんトルコ出身を意味していて、
トルコのアンカラで、昔から育てられていた猫が祖先です。
そのアンカラを含む、トルコの多くの地域がテロに脅かされる最近の情勢に
なんとも残念な気持ちでいます。
外務省海外安全HP > Turkey > 危険情報・スポット情報・広域情報

いつかトルコに行ってみたいけど、その日までに少しでも平和を取り戻してくれるといいな。
ヴァン猫だって、見てみたいと思いますが…。
旅慣れた人でないと、無理そうですね。
[PR]
by K318Ci | 2017-02-01 00:40 | 猫話 | Comments(0)
冬、猫の様子
どうも。

a0067056_238956.jpg
シマ坊。

お正月に、仕事でお世話になっている洋菓子店の福袋を買ってみました。
お菓子を格納していたダルマ、せっかくなので猫と。
と思ったはいいのですが、みな非協力的なため
ダルマはさんざん足蹴にされていました。
a0067056_2381048.jpg
オボロ。

a0067056_23133335.jpg
そうそうに役目を終えたダルマは、棚の上に…。
このダルマ、なぜかここでよく寝ていたハリーに見えてしかたないのです。
そのうちハリーだと思い込みそうで、ちょっとコワイかも。

a0067056_2313514.jpg
撮影にもっとも非協力的な男、ノイエ。



すず専用ストーブをこちらの部屋に持ってきました。
メインはファンヒーターなので、稀にしか点けません。
消火したストーブの前で、ちょっとムッとしているホシちゃん。

a0067056_23132911.jpg
ユキシマ姉弟の幼い頃、2003年の写真です。
ネットでずいぶん使われていることに気づき、オラオラ、原本はここにいるのじゃと
再度同じシチュエーションでの撮影を目論んでいます、が。

a0067056_23133063.jpg
撮れるのはこんなのばかり…。
あまりにも非協力的…。
[PR]
by K318Ci | 2017-01-22 01:27 | 猫話 | Comments(0)
猫と花
お花をいただきました。虹の橋の向こうのさっちたんから。
a0067056_227441.jpg
おかげさまで、一気に華やかに賑やかになりました。
年末にお花を買おうとしたら、まぁ大変な人出で。
小さな花屋は店内に入ることもできず、仕方なしに、咲きそうにない庭のバラのつぼみを供えていたので、少々寂しかったのです。

a0067056_2274857.jpg
写真は盛大に白トビしてしまいましたが、かわいいですね。
ハリー、すずは、喜んでいると思います。
ありがとうございます。

a0067056_228398.jpg
6日。お花の写真を撮るためにカメラを出したので、ホシちゃんを椅子の隙間から撮ったり。

a0067056_228773.jpg
寝起きのユキ姐さんを撮ったり。

a0067056_2281121.jpg
最近は甘えてそばにやってくるようになった、サヨコさんを撮ったり。
(シブい女だな〜)

a0067056_2281882.jpg
7日。シマ坊を…カメラから目を離して「こっちだこっち」とやっているうちに、超見切れカットになってしまいました。

アンジーとノイエ、オボロも元気にしています。
ノイエは毛玉をカットして、すっきり&ボサボサになっています。


a0067056_2283276.jpg
そろそろ花が終わるかもと、思い出に撮ったのは、ラケナリア ビリディフロラ。
葉が一列にちぎれているのは、ハリーがかじったあとです。
かじられてから4〜5cmほど伸びました。
この植物、本来はもっとずんぐりと育つのですが、光が足りないため徒長気味。
細身に育った葉が、ハリーにはおいしい草に見えたらしいです。
高い場所に置いてあったにもかかわらず、かじられてしまいました。
発見してすぐ、もっと陽の当たらない物置に追いやってしまいました。

a0067056_2283455.jpg
つめたい物置でひっそりと花を咲かせていました。

a0067056_2283685.jpg
12月に花を咲かせるものを植えようと
サザンカを買ってきました。サザンカはお手頃価格でいいですね。
手前のピンク花の株は「乙女」で、すずに。
右側にちょっと見えているのは「今川絞」、ハリーに。
ホームセンターの屋外売り場で寒空にさらされていたので、コンディションはあまりよくありませんが
これから丈夫に育ってくれたらいいと思います。

12月半ばには、バラもかろうじて開くものがあったり、少ないながら花があって助かります。
父が亡くなった1月下旬は、こちらでは花をつける植物はまったくありませんので
今でも寂しいなぁと思います。
[PR]
by K318Ci | 2017-01-08 02:57 | 猫話 | Comments(4)