「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
じつは、虹の橋を渡るという表現はどうもしっくりこなかったです。

むしろ力強い風が吹き抜けてゆくとき、いちど去った死者が
下界に戻ってきて、最後の別れを告げているのではないか、と。
そんなふうに感じています。
失われていく体力とたたかって、泣けるほど弱弱しかったあのひとが
いまは、強い強い力を、誇らしげに、見せびらかすように、
木々を揺らし、家を揺らす。大声で、うたっている。
さようなら、さようなら。
a0067056_0471789.jpg
などと書きつつ…、
26日は嵐の一日でしたが、夕方に虹を見つけました。
あの虹を歩けるとしたら素敵だな。


この春旅立った猫さんたちが、あの虹をわたっているのかも。
たまに思い出してもいいかな? そのときはよろしく。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-27 01:04 | 猫話
ノイエの後遺症
人間家族、食事中にながめるのは。
a0067056_23373211.jpg
このありさま。
ながめるというより、ながめられております(^^;)。

カメラを取りに席を立つと、誰かがついて来ちゃうだろうと思い
ちょうど手元にあった携帯で撮りました。

a0067056_23403710.jpg
どさくさに紛れて、すずの自然に近い表情が撮れましたよ。
最近ではたくみにカメラを避けるか、目を細めてしまうのですが
ふだんはけっこうかわいいのです(^^)。


ノイエは、
a0067056_23422363.jpg
24日には、気持ちだけ完全復活!
転がりつつもドタバタ走って遊びまくりました。
耳が治ってから以降のゴハンの食べっぷりを見ると
体調にムラがあるらしく、うずくまって動かないこともしばしば。
それが、この夜はとても調子がよかったみたいです。
a0067056_2343575.jpg
ぐぃーん。ついつい頭が傾いてしまうようです。
a0067056_23445313.jpg
もひとつおまけに、ぐぃーん。
a0067056_074412.jpg
それでも、元気そうなところを見て、
めちゃめちゃうれしいです(^^*)。

ノイエの状態について異常がなくても電話で教えてくださいと
最後の治療の際に獣医さんから聞いていたので
現在の状態を伝えてみました。

 耳がスッキリしているのに、頭の傾きや体のふらつきが
 治らないとしたら、やはり三叉神経になんらかの影響が
 出てしまったのかも知れませんね(後遺症という意味)。

獣医さんは、どうやら猫の症例はご経験がないようでしたが

 犬で、同じように耳が治ったあとも、頭が傾き、ふらつく症状が
 残ってしまった例がありました。
 しばらくステロイドを使って治療を試みましたが反応が出ず、
 結局「後遺症」としてその後を過ごすことに。
 しかし、それから数ヶ月して自然に治ってしまったことが
 あったのですよ。
 ほかの例では、完治して数ヵ月後に、原因不明だけど
 耳の炎症の再発が見られたこともありました。

 ノイエには、コンベニア注の効果がまだ若干残っていることも
 考えられますから、これからも耳がまたおかしくならないか
 よーく見てあげてください。
 としか…。

この現状が後遺症とは残酷な結末に感じますが…
いまはただ、元気を取り戻してくれてよかった。
としか…、いえないですねぇ。
願わくば、耳の再発なしに後遺症が消えてくれたらいいなぁ。
a0067056_09253.jpg
しかしノイエ自身は心配ごととか緊張感とかなさそうですな(^^;)。
うしろのフトンは陽に干して取り込んで、きちんとたたんでいません。
かっちわる。でっへ~。
a0067056_0112849.jpg
オボロがやや縦長になっていました。
1週間前、旅から戻って以来、猫が変わったようにおとなしく
過ごしています。元気&落ち着いていますけど(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-25 00:27 | 猫話 | Comments(7)
全裸で叫ぶなんてどんだけストレス溜まってたんやろー
本日も、変わりなく。
a0067056_2313383.jpg
日が暮れると肌寒いです。電気マットでほかほかするシマ坊。
a0067056_23131797.jpg
ハリーは白がまぶしくなりましたが、やっぱりふあふあになりませんな。
すすぎが足りなかったのであろうか。
a0067056_23132712.jpg
ずいぶん毛が抜けました。今回は毛縄を吐かなかったので、エライ!

シャンプー大嫌いのハリー。
櫛を手に持つと血相変えて逃げるので(^^;)
しばらくそっとしてあげよう。
慣れないヌシが作った猫シャンプーはたいてい余ってしまうので
残りを自分で使ってみるのですが
ハウスオブアンジュ(Jerob)のシャンプーを使うと
必ず顔がかゆくなってしまうのに、ラファンシーズは
かゆくなりませんでした。しかし、ハウスオブアンジュの
クリームリンスの使用感はかなり好きだったりします(笑)。
a0067056_2315916.jpg
アンジー天井付近でファイト。
こめかみにナニかくっついています。
アンジーは冬を越すと耳の後ろの毛がウチワのように伸びます。
イバラギアンテナという毛だそうです。
a0067056_2314374.jpg
すずのサラダタイム。食べているのは蕪の葉茎です。
いつも、陶酔したかのようにうっとりとかみしめて味わいます。
すずは狩猟本能が強いタイプだと思いますが、
野菜を好むのは猫的本能とズレているような(^^;)。
a0067056_23141519.jpg
ノイエ。
23日はパワーをもてあましたがごとく、走り回っていました。
かなり元気になってきました。
しかし頭の傾きと、平衡感覚のおかしいのは
まったく改善が見られません。
動くようになるとますます危なっかしいので
おかんと2人がかりで保定して、足の裏の毛を
ざくざくカットしてみました。
その後、解放してただちにダッシュで逃げたノイエ。
さっそくひっくりかえっていました(^^;;)。
うーん、足毛を切ってもコケるときはコケますか。
これでは階段の出入りが心配です。
階段上のベビーゲートは人間にとって危険なので
そろそろ撤去したいのですが、今後どうしようかな。
a0067056_23142622.jpg
オボロは1週間前にシャンプーしたのですが、
これがまたまた大失敗(^^;;;)、
よれよれのフケ男になってしまいました。
猫しゃんは奥が深いです。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-23 23:56 | 猫話 | Comments(0)
MOTTAINAI
ハリーを洗いました(^^;)。
a0067056_159634.jpg
「出してよ~。しかもついでに洗濯物を干してんじゃないわよ。」
だってアンジーが敷いたばかりのキッチンマットにかっこみゲーをしたんだもん。
a0067056_205737.jpg
猫どもが見物にぞくぞく集まって、ハリーますます落ち着きません。
ハリーにドライヤーを使うと野生の血が沸騰するので(笑)
ファンヒーターで地道に乾燥です。


洗っている途中に流れる水が黄色くなって、
おしっこ漏らしたのに気づいた瞬間、ヌシが思ったことは
「もったいない!」
でした(^^;;)。ハリーのシッコは一期一会ですからぁ。
ハリー、びっくりしたんだね。

体をぬらす前に櫛ですいてあげたのですが
以前と比べて、櫛にこびりつく脂がずいぶん少なくなりました。
猫の脂は、洗浄力の強い洗剤を使ってもなかなか落ちませんです。
最近、脂が少ないのは、手づくりメシを食べるようになったから
だと思われます。
ドライフードだけを食べていたころは
みんな体表の脂がすごかったです。

油分少なめがいいという訳ではないので、
ヌシはゴハンに混ぜる油の配合率を変えつつ
反応を見ているところです。
a0067056_24392.jpg
シャンプーとリンスはコレ。長毛さん向きだそうです。
カールアップカフェで教えていただいて、そこで
そのまま買ってきました。
シャンプーの手順も、とっても丁寧に教えていただきましたが
ヌシに実践できたかどうか!?


ハリーはまだ乾燥中なので、
a0067056_29169.jpg
じとーっと事のなりゆきを見守るすずとか、
a0067056_295518.jpg
出して~出して~とすすり泣くハリーにお構いなしで
無邪気にファイトするアンジーの顔とかで
本日は終了(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-23 02:22 | 猫話 | Comments(0)
ヒトイキレノ島
長崎県 端島(軍艦島)が一般公開を始めたそうで
ニュースで映像をいろいろ見ることができました。
むせ返るような生活の残骸と
その荒れっぷりは迫力があります。
数年前まで? 猫が数頭生息していたと
どこかで読んだ記憶があります。

端島といえば、有名な壁の落書き。


あれから
幾十年!

この端島は
荒れるに
まかせ

朽ち果てゝ
くち果てゝ
   いた

この島は
もう再び
よみがえる
ことは
   ない

a0067056_154510.jpg

今後は世界遺産として、よみがえるんでしょうかね。
画像はWikipediaより拝借。後日消すかもですが。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-23 01:57 | その他話
ねむ、ねむ
21日は最高気温28℃、いきなりあっつくなりました。
お風呂あがりに扇風機がほしくなりました。

写真は20日、21日のものです。
a0067056_0151685.jpg
シマ坊が“物陰でキリッ!”。
食事中のヌシのひざに乗りたがって困ります(嬉しいのではあるが)。
ゴハンを制限して、体が細くなってきたので
ここしばらくちょっと甘めに盛り付けていたら、
たちまち背中がふっくらしてきました。
いかんいかん、メタ坊やなのに。
a0067056_018720.jpg
ノイエはだいぶ動き回るようになりました。
ゴハンも食べ、快便快尿です。
しかし、不思議なくらい頭は傾いてまぅー。
よろめきはちょっと減りましたが、まだおぼつかないです。
うーん、何が起きているのだろう。
a0067056_0201360.jpg
洗いたい洗いたい、がっしがしと洗いたい(^^;)。
しかしノイエにシャンプーはまだあぶなっかしいような気がして
決行できませんです。
a0067056_0212814.jpg
シマ坊にプロレスを申し込んだら、固く辞退されました。
a0067056_0221497.jpg
まだ、人間不信です(T T)。ところで手前の邪魔なヤツは。
a0067056_0232380.jpg
いつでも静かに最前線にいる、オボロです。
a0067056_0243354.jpg
ユキ姐さん。気温が上がってもホットマットの上がすき。
a0067056_0271293.jpg
シマ坊と姉弟団子。
カメラに気づいたシマ、ちょっとショッパイ顔になってしまいました。

猫団子といえば。
a0067056_0284873.jpg
すずよ、そんな無理な体勢で団子せんでも…。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-22 00:35 | 猫話 | Comments(3)
18日
はればれ、いいお天気でした。
a0067056_4561717.jpg
ハリーもご機嫌です。
a0067056_4562894.jpg
ひさびさにハリーのチッコGET!!! pH6.4でパーフェクト!
ハリーのチッコは一期一会です。またしても手受けでした(^^;)。
これでようやく、pHコントロールを卒業できるかな。
a0067056_4564572.jpg
長旅の翌朝、オボロはしずか~に、元気でした。
a0067056_457589.jpg
ぺろり。
そういえば、カフェの猫さんたちはカメラを向けても
嫌な顔をしなかったです。
a0067056_4572452.jpg
すず&オボロのエキセントリックコンビ(^^;)。
すずは気温が上がるとてきめんにクシャミ・洟が減ります。
これから、だんだん楽になってくるね。
a0067056_4573637.jpg
a0067056_4575087.jpg
ノイエのことが心配だったので日帰りにしたのですが
ノイエは家中をびゅんびゅん走っておりました。
頭を傾けるのと、直線走りしながらずるっとコケるのは
相変わらずです。階段はこわがってあまり近寄りません。
今週には抗生物質が抜けるので、真剣に経過観察をしなければです。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-19 04:58 | 猫話 | Comments(0)
17日、オボロ1000kmの旅
ここはドコだぁ。
a0067056_4512256.jpg
オボロ、半べそ。


17日は、オボロといっしょに東京のヌシ妹宅へ遊びに行きました。
往きでは覆面に追いかけられたりとか、覆面に捕まったりとか
覆面にキップ切られたりとか号泣な出来事もありましたが ・゚・(ノД`;)・゚・
オボロともども、無事に目的地に到着。
妹宅ではキッズの濃密な大歓迎を受けました(^^;)。
せっかくの機会なのでオボロも兄弟に会ってみましょう。というコトで
あらかじめお伝えして、カールアップカフェさんにお邪魔しました。
 土壇場で予定を大きく変更してしまったため、
 かなりお待たせしてお店の方々には大変申し訳なかったです。


a0067056_4513767.jpg
「あなたはどこのおのぼりさんですかぁ?」

白黒のターキッシュアンゴラ、カブト君は
オボロよりちょっと若い、オボロの甥にあたる少年だそうで。
しかしきれいだなぁ。落ち着いているなぁ。
a0067056_4515252.jpg
「……フッ。」
サトル君、椅子の下にちょこんと。
a0067056_452424.jpg
椅子の下にちょこんとたたずんでいるのに
すごい存在感、まばゆいばかりの美少年です(Photoわずかに大)。
んー、オボロ、ほんとにサトル君と同腹なのかね~。
サトル君は稀有なオーラを持った子で、お客様にモテモテの理由、
見ていてよくわかりました。
a0067056_4523622.jpg
どーも不機嫌そうでしたが。
a0067056_4525323.jpg
シャーシャーいうてましたが。
このリアクションは家に来たばかりで騒いでいたころのオボロも
よくやっていたのですが、サトル君のシャーは、気迫が違う(^^;)。
そんな中、オーナーさんの顔を見上げるサトル君の表情が
ふわっと“甘ったれ君”に変貌するのに気づきました。
これには思わず  胸 キ ュ ン  です!
うーん、どこまでもモテる要素を持った、華のある少年です。
a0067056_4531491.jpg
カブト君は肝が据わっている感じですな。しかしほんときれいだな(Photoわずかに大)。
a0067056_4532716.jpg
アンゴラは必ずこのポーズでたたずむ。


こちらのお店の猫さんは、みんな純血種だそうです。
みんな非常にきれいで、お手入れが行き届いていました。
もともとの毛質もよいのでしょうけど、
シャンプーがうまいとすばらしいハリとツヤが出るんですね~~。
a0067056_4534175.jpg
しろくまのおっさん。普通に寝起きの一瞬(^^;)。
おっさんはスタイルがよい、美脚スコでした。
a0067056_4535411.jpg
クリームはアンゴラのスグル君。
チョコレート色のお尻しか撮っていなくて悔しいのが
トンキニーズのロナウジーニャ君。
くりくりのお目目が、ちょーかわいかったです。
a0067056_45468.jpg
ヌシ的に大感動した美猫、ラグのマリー嬢。
体型の整っていること、グルーミングの完璧なこと、
うちのあほあほラグsとは大違い(^^;)。
自信に満ちた表情と、落ち着いた様子が印象的でした。
大事にされ、かわいがられているんだろうなぁ。
ヒトのお手入れ次第で、猫自身も大きく変わるのかもしれません。



店内では、引き続きびっくりどきどきのオボロ。
a0067056_4542194.jpg
どきどき。
a0067056_454318.jpg
ぺろり。

このあと「あーなたーはだれですか~?」と偵察挨拶にやってきた
カブト君にびびって、棚から落下していました。
(ヌシは下を向いていたので目撃していませんが)。
オボロはしょっちゅう落下しているのでヌシは慣れていますが、
お客様はビックリされたに違いない。
つくづく、お騒がせしてしまいスミマセンです。
a0067056_4545283.jpg
オボロのにおいが気になったのか?
うろうろ歩き回るサトル君。
体型はよく似ているんだけど、頭の大きさが違いました。
ほか、サトル君はいつも堂々と肩で風を切って歩くようですが
オボロはすぐ背中を丸めてちーちゃくなってしまう癖があります。


a0067056_4551236.jpg
「つまらねー寸評やってないで、とっとと家に帰しやがれ。」

はーい、オボロ、緊張したね。お疲れさん。帰ろうか。


どうして遠路わざわざ兄弟に会いにきてしまったかといいますと。
うまく書けないのですが、最初に出会ったご実家でのオボロの印象は
地味ぃ~な少年、だったはずが、家にきてからは一転大騒ぎの
大暴れ少年になってしまって、オボロにとって本来の姿はどっち
なんだろう?? と、ながく疑問に思っていたところがありました。
当初の大暴れは今ではもうすっかり鳴りをひそめていますが
ちょいと「ヘン(笑)」なところはいまでも変わりません(^^;)。
たまたま、オボロの兄弟が猫カフェというオープンな場所にいて
気軽に(距離的には気軽じゃありませんが)会えるということで
いちど、その姿を見てみたいと思っていました。
この日のことで、オボロって、実はどんなやつ? という疑問が
晴れたような気がしています。


あらためて。
くれぐれも、誰かと比べるとかそういうことじゃありませんが。
オボロに、出会えてよかった。
オボロと暮らせて、とても幸せで、この出会いをかなえてくれた
ご実家の志と、運命に深く感謝したいと思います。
ありがとうね。オボロ。これからも仲良く暮らそうね。



a0067056_4552953.jpg
ヌシの勝手な希望を快く許してくださったカールアップカフェの
オーナーさん、ならびにスタッフのみなさんに
心よりお礼申し上げます。
スリッパ履いて帰ろうとしてスミマセン(^^;;;)。



      帰りの高速は、土曜日料金で1000円。ヌシは思わずガッツポーズ。
      しかしスピード違反の罰金で実際の予算はオーバー (´Д`)。。
a0067056_455213.jpg
      ICを降りたら家の近辺は濃霧でした。
      写真よりもっと、目の前まっちろ何も見えんでした。
a0067056_455327.gif
      帰宅して、眠い目をこすり出迎えてくれたおかんに
      オボロはお得意の「カヴァリーノ・ランパンテ」のポーズで
      激しくすりすりしていました(笑)。

[PR]
by K318Ci | 2009-04-19 04:57 | 猫話 | Comments(0)
16日
カメラのレンズキャップが水屋の下に入ってしまって
どうしても取り出せないので水屋そのものを動かそうと
棚の中のものを次々と出していたら。
a0067056_4495496.jpg
お約束で、猫どもが次々と中に入っていました。
シマ坊、ちょっとエラそうな顔(^^;)。
a0067056_450539.jpg
めったに使わない、たむろんの
AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiII LD Aspherial [IF] Macro
(長い長すぎる、どこを略したらよいのだ)を使ってみたら、
光量不足でダメダメです。
せっかくアンジーがラヴリーな顔をしていたのになぁ。
a0067056_450198.jpg
ひとりで盛り上がって、爪をガリガリ研いでいました。
ポイントは…鏡の中の、ギャー!!
[PR]
by K318Ci | 2009-04-19 04:50 | 猫話 | Comments(4)
戦士っぽい
耳の治療中からずっと、ベビーゲートで半閉鎖状態の階段、
ノイエはいちど落下してから近寄ろうとしなかったのですが
15日夜には、気づいたら階段をのぼってきて
ゲートの手前で待っていました。
a0067056_1102836.jpg
ふらつきが治ってきているとしたら、うれしいなぁ。
階段のベビーゲートは、もうすこし様子を見てから撤去の予定。

それにしても痩せました。
毛が多いので外見上は目立たないのですが
背骨がとがって痛々しいです。
獣医さんにすすめられたビタミンB群のサプリを買ってきて
砕いてゴハンに混ぜてみたら、気にせず食べてくれました。

a0067056_1112723.jpg
アンジーはただいまヌシのひざの上で
ゴロッゴロッゴロッとのどを鳴らしながら甘え甘え中。
アンジー、ツンデレじゃなかったのかーい?
でも、爪切りはがるがる怒って拒否されました(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2009-04-16 01:25 | 猫話 | Comments(6)