<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
腰痛で
昨年末に買った携帯が、勝手に電話をかけるので
困っとります…カバンに入れて、ころがるついでに
ボタンを押してしまうらしく…イタ電をかけてしまった方、
すみませんです。
この携帯、ロックボタンは、あるのかいな。
a0067056_324828.jpg

a0067056_32529.jpg

a0067056_325389.jpg
今回のヒートは、現在のところ非常に穏やかなホシちゃん。
余裕があるからか、ゴハンをしっかり食べ、よく遊びたがります。


土~日にかけて雪が降り続き、玄関の雪かき、車の掘り出し、
漬け置きしておいた猫トイレの掘り出し等々と、
すっかり雪に振りまわされております。
日中もずっと零下だったので、当地方では珍しく
見事なパウダースノーですよ。
ぱふぉぱふぉ。
[PR]
by K318Ci | 2011-01-31 03:12 | 猫話 | Comments(3)
携帯特集
一度、爪を切って以来、すっかりヌシを怖がって
遠ざかっていたホシちゃんですが、
a0067056_4282127.jpg
26日の写真。
このとき久しぶりに膝にやってきてくれました!
ヌシ手が変なところにいますが、ホシが腕にしがみついているので
こんな風になり、動かせなかったのです。
a0067056_428244.jpg
ちょっと緊張気味ながらも、しばらく膝の上で寝ていました016.gif
うれしいなぁぁ。


a0067056_428372.jpg
で、オボロはユキ姐さんにもセットしていた記録(笑)。
もちろんトンネル抜けで逃げられておりました。
この1枚は16日の撮影です。


ホシ嬢、29日夜半から4度目のヒートがやってきました。
ホルモンの変化なのか何なのか、体型がどんどん変わっていきます。
急激に成長している感じ…。
ただ困ったことに、ヒート中はエネルギーを消費するのか、
なかなか体重が増えません。
[PR]
by K318Ci | 2011-01-30 04:40 | 猫話 | Comments(3)
零下7度
もともと、深夜~早朝に運転することがまずない生活なので
その時間帯であれば、もっと過激な数字が出るのでしょうけど。
a0067056_22274424.jpg
ー7℃。
いつも走る、家の近くの国道で ~略~ 。
この車に乗ってすでに101000km以上走行していますが、
これだけの低温を表示したのははじめて!
ヌシ車の温度計はフロントバンパーのダクトの奥にあり
0.5℃刻みながら、わりと正確です。
路上は乾いているところが多かったので助かりましたが
濡れていたところはもちろんぴかぴかに凍りつき、
直進でもど~りど~りでした(^^;)。
道中、霧が濃いところもあってスリリングでした。
この冬は本当に寒いです。


※気象庁の記録では、28日最低が-4.3℃、29日最低が-5.2℃。
[PR]
by K318Ci | 2011-01-28 22:33 | 車話 | Comments(0)
個室付き
洗濯物の影からネコジャラに目を輝かせるシマ坊。
a0067056_2314239.jpg
首に下がっている黒い物体はナニカと言いますと、
a0067056_231448.jpg
摩天楼・シマ専用ハウスの鍵なのでした。
ケージ下の白いドアがオートロック仕様となっています(^^;)。
このため、24時間シマ坊だけが出入り自由。
1階にはシマ専用猫トイレ完備。
旧型ニャンともにデオトイレのスノコを組み込んだ特別仕様。
ハリーとアンジーをはじめ手描きイラストの顔が入った
ハンドメイドカーテン*付き。
ありゃ、顔が横向き…。
a0067056_2314646.jpg
摩天楼シマハウスの最上階には、電気マットを仕込んだベッドを装備。
この電気マットベッドのおかげで、ロック付きドアを覚えてくれました。
ゲンキンなヤツです(笑)。
もともと、手術後のシマを休ませるためにしつらえたものですが
傷が治った今でもすっかり気に入っている様子なので、
このまま使おうと思います。

a0067056_2314887.jpg
おま~け。
3猫団子。ホシちゃん、体はそこそこ伸びました。
ヒートのおかげで体重が減ってしまいまして、先週の計測で2.12kgでした。


*ハンドメイドのキルトマットはもっとゴージャスなものがこちらに
[PR]
by K318Ci | 2011-01-25 02:45 | 猫話 | Comments(6)
たくさん いるので
椅子寝の日々が続きました。
できごとをランダムに。
a0067056_124773.jpg
ノイエはお腹が弱く、軟便王子の名をいまだ返上できずにいます。
しかし、一昨年に続けていた手づくりゴハンをたべていたときは
毎日すこぶる快便で過ごしていたのでした。
それが、キャットフードに戻してから、見事に軟便復活…。
療法食「消化器サポート」を食べても改善しないので
思い切ってノイエだけ、生肉食に戻すことにしました。
肉だけではバランスが不安なので、写真の添加物
…インスティンクツというのかな? を購入。
以前、らっき~さんに分けていただいて、食べてくれることを確認済み♪
(その節はありがとうございました051.gif
しかし、袋に書いてある規定量を皿に持ってみると
とてもじゃないが、猫の食事量を考えていないような…。
案の定、時間をかけて食べ終えたノイエ、間もなくゲロッパで
総リバース(泣)。
その次からは、量を少なくして慣れさせております。
肉+健康一番に変えてから、ノイエの便は約束したかのように
健康なかりんとう状になりました。
a0067056_124231.jpg
ノイエ、とりあえず、よかったねぇ。
目クチャ浮いておりますが(^^;)。


a0067056_12493.jpg
すず。
正月に腸閉塞を起こしたシマ坊の心配は、
そのまますずへの心配にシフトしています。
なにしろオモチャかじり好き、野菜かじり好き、スリッパの底かじりが好き、
野菜もスリッパもかじらせてくれないとなると、ぬれぶきんをかじり出し、
それもかなわぬとなると、布と言う布をかたっぱしからかじり出す、
とんでもないかじり虫なんですから。
とりあえず、野菜を一度に大量にあげないよう注意しております。
何もあげないと、どこをかじり出すかわからないので…(^^;)。
ちなみに、好きな野菜はきゅうりです。
昨夏から野菜が高くて大変なのだよ、すず。


a0067056_1241156.jpg
ももらー、初めて実物を見た!
まだ食べていません。


このところ機嫌の悪かったオボロ。
23日、とうとう思い切ったか…
ホシ嬢にセット(; ̄ー ̄川
いつひきはがそうかと思いつつカメラを取りに行っている間に(ぉぃ)
ホシの方から
「なにこのおやぢキモッ」
てな表情を浮かべ、オボロトンネルを華麗にくぐりぬけて
逃げていきました。
a0067056_1242230.jpg
「きいてよ、オボロおじさんったらやくたたずのくせに(以下略)」。
a0067056_212253.jpg
若いじょしにすげなくされたオボロ、穴があったので入ってみた。
オボロよ、あきらめなさいな。


a0067056_1241899.jpg
a0067056_1241637.jpg
ホシちゃん、3度目のヒートはそろそろ終了。
2度目に比べると、比較的穏やかでした。人間の方が慣れてきたのかも?
[PR]
by K318Ci | 2011-01-24 02:16 | 猫話 | Comments(2)
それから
写真を撮っていないので、16日のもので。
a0067056_138320.jpg
はーい わたしのなは ほし。
ほしづきよ と いうのよ。
ちいさいときは べにほっぺ とよばれたわ。
つぎのちいさいときには らんか とよばれたわ。
いみなもあるわ。 なつのよる というのよ。
なまえが たくさんあるから しゅっせねこ といってもいいわね。

※参考/出世魚の一例→ツバイソ、コヅクラ・フクラギ・ガンド・ブリ

さいきん わたしの ぶーむといえば
萌え
なのよ! ぜんしん 萌え 萌え いっぱい!
おおごえで おとこを よんで うたうのよ!
でも このいえの おとこどもは どいつも こいつも
やくたたず なのよ。

だから こんやも げんかんで うたってくるわ。
はやく おうじさまが きてくれないかしら。



…来ていただかなくて結構だっ。
この冬は最近では珍しいほど寒く、降雪がとだえないからか
自由猫のイケメン達がまだ家の周囲に現れず、助かります。
ホシ嬢はひんぱんに発情をむかえているので、イケメン登場は
時間の問題かな。
ううむ。
子どもを待つなら喜ばしいことだけど、子どもは生ませない。
そう考えると、自然の摂理とはいえ、やっぱりかわいそうですねぇ。
飼いヌシは、これまで猫の発情を何度も見守るなんて経験がないので
落ち着きませんです。

おまけ話。
先日までべたべたに甘えん坊だったシマ坊、
ホシがさわがしくなってくると、声の大きいホシ嬢にびびって
隠れております(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2011-01-20 02:28 | 猫話 | Comments(4)
萌えの主役はオレだ!
16日の写真。
a0067056_241279.jpg
14日に動物病院から帰ってきて以来
オボロに威嚇されまくったホシはちょっとおびえています。
左端のピンクは20年物の毛布。
a0067056_2412541.jpg
なぜか突然、すずにシモから襲いかかるオボロ。
その気ゼロのすずに蹴とばされ、ヌシに引きはがされました(^^;)。
やや興奮状態のようですが、17~18日には落ち着いてきました。
ホシのヒートに反応している様子でもないし
なにがオボロの興奮のネタなのか不明です。
オボロは不思議男子なので、驚きゃーしない。
でも、甘えたい気分にはなっているようです(^^;)。

念のため、オボロはすでに実家でおかまデビューを果たしております。
そうさ彼はおかまなのさ…。



ホシちゃん3度目のヒート、17日にスタート。
サイクルが短いですね。
[PR]
by K318Ci | 2011-01-19 02:54 | 猫話 | Comments(3)
シマ坊の治療終了
a0067056_227224.jpg
15日朝、むゎ~~~ったり♪ と寝ぼけているシマ坊。
a0067056_2272369.jpg
キャリーを持ち出して出かける支度をはじめたら
ベッドの下にこもってしまいました(^^;)。
a0067056_2271877.jpg
キャリーに仕込む予定のあったかい湯たんぽを枕に
「むふー」とほおずりするノイエ。
夏にバリカンで刈った襟毛が少し伸びて、またしょうゆ風味に
なってきました。


動物病院では縫合の傷口もきれいにふさがり、元気であることから
治療は終了となりました。
年末の葛藤を思うと、手術以降の展開の速さに気持ちが着いていけません…。
ゴハンも出すものも問題は起きていませんが、お腹の中はまだ本調子では
ないだろうし、ゆっくり回復してくれたらと思います。
フードはそろそろ、入退院時に食べていたa/d+i/dから
ベッツプランシニアプラスエイジングケアに戻しつつあります。
食餌の量と配分、時間が厳密に決まっていて、なかなか大変でしたよ。
精密秤を持っていて助かりました。

a0067056_2272960.jpg
寒がるようになったので、すずが着ていた服を
着せてみましたが、犬猫服はお腹の部分ががばっと開いているので
あまり意味がないかも(^^;)。
そのうち、シマが自分で脱いでしまいました。

a0067056_2273236.jpg
ホシ嬢、爪切りの次の課題は耳そうじだな…。
a0067056_2273512.jpg
病院帰りのホシちゃん、オボロに怒られて小さくなっていましたが
(オボロはホシに威嚇はしましたが、手ぇは出さない)
16日夜には慣れてきたのか、これまでと同じように並んでゴロ寝
していました。
[PR]
by K318Ci | 2011-01-17 02:43 | 猫話 | Comments(2)
ホシ嬢の災難
2011年はしょっぱなから冷えておりますなぁ…。
恒例の屋外猫トイレ洗いも、寒行のごとく厳しくなりました。
水道はまだ凍っていませんが、猫トイレ洗いに利用しているホースが
凍ってしまい、栓を開けてしばらくホースを持って突っ立っていました。
つぶてのように吹きすさぶ、吹雪、無常ナリ。

a0067056_1148157.jpg
12月~1月と、すでに2度のヒートを迎えすっかり成長したホシちゃん。
a0067056_11483430.jpg
14日は避妊手術の予定日でした。
前日から準備を整え、14日に動物病院に連れて行きましたが
2.2kgと体が小さいことなどを考慮し、慎重な対応をお願いしました。
獣医師さんも、純血種*であるということと成長の具合などから
血液検査をはじめ、レントゲン、エコーまで撮って(おおお)
全身麻酔が可能かどうか、慎重に考えたいとのこと。

その結果…、
「ホシちゃん心臓バクバクで、こわくて手術はできんですよ~」。
でしたぁ(^^;;;)。
なにしろ、抱っこしただけで血相を変えて嫌がるくらい気が小さいんだから
動物病院で保定されるだけでもう、心拍MAX上限ナシ! という状態(^^;)。
「おそらく性格だと思うんですが、これだけ鼓動が早いと心配で…」。

前日の爪切りで「ひとごろしぃぃぃぃ!」と嫌がられたヌシも
それでは手術中止もいたしかたなし、と納得です。
生後9ヶ月のホシちゃん、骨の成長はそろそろ終わる頃なので
体の小さいのは今後も変わらないでしょうが
身と心はまだまだ成長の途中。
もっとしっかりしてから、あらためて手術を考えましょう。

a0067056_11485029.jpg
朝、家を出て夜に帰宅*したホシを見て、オボロが静かに激怒していました。
シマの退院ではまるで気にしていなかったオボロでしたが
ホシが近寄ると、怒ってうなって逆ギレ威嚇(^^???)。
…もしかして、おまえホシの存在を忘れていたのでは?
と思ったですよ(笑)。
a0067056_11491136.jpg
帰宅して、ゴハンをたらふく食べてほっとしたホシちゃん。
この写真ではエコーの剃り跡は見えませんな。

こう書くと、ホシ嬢そうとうな難物かと思われかねませんが(^^;)。
人間に対してはときに気が小さいところを見せるけど、
他の猫どもにさりげなくなじんでおり、天才的に猫付き合いが上手い。
おとなしくて無邪気で、甘えん坊のすごくかわいいお嬢さんなんですよ。


*純血種について。
動物病院では、純血種に対しては品種由来の好発疾患の可能性を重視されます。
ターキッシュアンゴラについては個体数が少ないため、好発疾患についてのデータはありません。


*朝出て夜帰宅。
実は手術で泊まりだと見込んで仕事の予定ぎっしり、当日のお迎え要請はダブルブッキング。結局夜まで動物病院に預けてしまいました…(>_<)。

[PR]
by K318Ci | 2011-01-15 12:59 | 猫話 | Comments(5)
シマ坊、順調に回復中!
10日。
a0067056_152640.jpg
退院してきたシマ坊と対面した、ユキとすず&オボロは普通に接していました。
アンジーも特別な反応がなかったなぁ。
ノイエはジェラシーを感じたか、いつもの回転走りがさらに速く(笑)、
1階と2階を行ったり来たりしては、うにゃ~うにゃ~吠えていました。
ハリーとホシは、なぜかビビッてしばらく部屋に来ませんでした(^^?)。


11日。
a0067056_1533180.jpg
抜糸しましたよ。
平熱。体重はカラー&腹帯付き&じたばたしながらで不正確だけど3.86kg。
さすがに痩せました。
この日、退院後2度目の便が出てほっとしました。
以来1日1回の排便と、順調です。軟便はなし。
入院してからずっとa/dとi/dだけを食べているのですが、
その割には緑がかった黒い便です。
(ヒルズのフードは多くのシリーズで明るい色の便が出る傾向がある)。
吐瀉物が黒緑色の場合は腸の異常、と獣医師さんから聞いているので
便の黒緑色も関係があるのでは、と思います。

a0067056_1524674.jpg
顔の掃除ができないので汚れ気味ですが
いつも汚れ気味なので違和感ナシ(笑)。


12日。
a0067056_10444658.jpg
カラーをドーナツタイプに換えてみました。
さっそく端っこをかじっていました。
手前の黒い影はホシ嬢。
a0067056_10454760.jpg
ユキ姐さんは、いつも落ち着きのないシマ坊がしおらしくしているので
そばに寄り添ってまったり過ごしていました。


13日。
a0067056_1045625.jpg
お腹の縫合痕が妙にツヤツヤしていました。
ドーナツカラーではお腹に届いてしまうらしく
舐めて掃除してしまったようです。傷口が少しほころんでいました。
あわててプラスチックカラーに戻しました。
黒緑色だった便は、少し普通の色に近づいてきたような…。


コメントでお気遣いいただいた皆さま、本当にありがとうございます。
大晦日~元旦に判断を迫られるというのはなかなかないことで
病院に連絡するまで、飼いヌシはけっこう悩みました。
シマの命を最優先に考え、積極的に対応していただいた動物病院にも感謝!
[PR]
by K318Ci | 2011-01-15 11:25 | 猫話 | Comments(2)