「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ごきげんマイナスオボロちゃん
いろいろ滞っております。
大事なことを進める時間や、時間を無視しても取り組みたい
無謀な野望などが少なめで困ったですよ。
毎日なにかと面白いことはあるのに、もったいないです。

オボロちゃん、今夜もとっても不機嫌です(^^;)。
a0067056_2452567.jpg
シャーシャー言っていました。
なにごとも、慣れるまで時間のかかる男ですから。


オボロが敷いている地図は、復興支援地図というもので
東日本大震災の被害状況が地図上に記されています。
4月下旬頃の情報が元になっているためちょっと古いですが
被災地に赴く人には、役に立つかもしれませんね。
この地図で、みちのく組の家を見てみると(だいたいの見当で)
お家は無事と聞いていますが、津波がすぐ近くまで押し寄せており
また原発20km圏の警戒区域も近く、とても大変な地域にあるようです。
南相馬市の現状は、厳しいんだな…と、地図からも窺われます。
[PR]
by K318Ci | 2011-07-30 02:46 | 猫話 | Comments(0)
青春のがっつきエイジ
このところ、更新が遅れ気味でもどかしいです。
写真は23日の撮影分。
a0067056_243894.jpg
ガッシュガッシュガッシュ!

フル茶トラ@1号の食事は、戦争(笑)。
晩ゴハンは水(温かい肉スープ)びたしドライフードです。
水分、フードとも、うちの猫どもにはとても無理な量を
食べていますが、なかなかがっつきは治まりません。
3匹でいるので、どうしても競争心が出てしまうのかな?
…それを言うと、家は8匹なのだが…。
ゴハンを持って部屋に入ると、興奮した3匹が棚の上などから
一気に勢いよく飛び込んでくるので、3皿を盛大にひっくり返すことも
しばしばしばしば。
フッ飛ぶゴハン、散開し追いかける3匹。ほとんど漫画です(^^;;)。
a0067056_24408.jpg
ゴハンを食べ終えると、石のマットに寝そべってクールダウン。
1号はカメラが嫌いで、なかなかいい表情が撮れんですよ。
かわいんだけどなぁ。
a0067056_24429.jpg
こちらもピンボケですが、ミケチーもよう食べます。
ミケチーは、保護時から健康状態は良好でしたが、3兄妹の中で
ひときわ毛艶が悪く、家にきてからもなかなか改善しませんでした。
それが、ごく最近になりしっとり艶やかになって
見違えるような滑らかな毛並みに変身。
女の子はなにかと苦労が多いものね。

もちろん、茶トラ~ずも毛が柔らかくなってきました。
特にフル茶トラ@1号は短めのみっしりした毛が気持ちよいのである。
a0067056_244657.jpg
茶白@2号は撮りやすいです。
2号は毛足がちょっと長めで、茶色が深く鮮やかです。
a0067056_24483.jpg
茶白@2号。この目の色はカッパーだと思うのだけど
あまり見ない珍しい色だな、とググってみたら
日本の在来猫にはカッパーの目色は存在しない、と
書いてあるサイトもあった。
洋猫ゆずりの色らしいですね。

この色はもっと成長するとゴールドに近くなる傾向があるように思います。
1歳。彼らは最も美しい時を生きています。


だからさー、ゴハンはもっとまったり食べようぜ(笑)。
[PR]
by K318Ci | 2011-07-30 02:36 | みちのく猫 | Comments(2)
夏床
18日は、猛暑きわまった16~17日よりは、ややマシな暑さでした。
ただ、夕立が降ったので蒸し蒸ししています。
a0067056_3121121.jpg
オボロちゃん。
a0067056_3121337.jpg
顔にピンが合わない、オボロちゃん。

うちに重曹があったので(ずっと前に猫の尿臭除去を期待して買って、
悲しくも裏切られたブツ)ぞうきんを洗うのに使って消費しようと思い
久しぶりに使ってみたら、洗い上がりがサッパリして
予想以上によい感じです。
猫の尿臭には非力な重曹ですが、洗濯には役に立ちそうです。



ううっ、ねむいです、ねます(zzz
[PR]
by K318Ci | 2011-07-19 03:34 | 猫話 | Comments(0)
マーゴンちゃんは烈女なのか
台風6号が近づいているそうだ、しかも見事な直角コーナーを描いて
日本列島、特に太平洋側をナメて行く予想。

(「ウェザーニュース 台風リポート」画像クリックでリンク)

東電の福島原発は、台風には耐えられるんでしょうか。
台風は、関東まで来ると勢力が落ちていることが多いですがね。
今年はまったく、驚くべき事態が続いております。




ホシちゃん。
a0067056_1164795.jpg
a0067056_1164877.jpg
a0067056_1165080.jpg
風鈴を吊るしたら、果敢に攻撃していました。


今年は風鈴や扇子、うちわなど
古典的な涼グッズが注目されているそうです。

風鈴は近くに銅器の生産地があり、昔から作っているのでおなじみですが
最近は新しいデザインのものをいろいろ出しています。
風に打たれるときの音が大変によいので、おすすめです。
猫ちゃん好きな人には これ なんていいんじゃないかい?
[PR]
by K318Ci | 2011-07-18 11:07 | 猫話 | Comments(2)
七夕の日の写真
たぼーたぼーで、更新が遅れております。
長い夏休みが懐かしい(笑)。しかし、ヌシが夏休みを満喫できた時代
夏はこんなに暑くなかった。


写真は、実は7日の撮影分です。
現在もまったく変わりなく、のんびり元気にしています。
ゴハンどきには1日のエネルギーの多くを消費するシステムになっている
らしく、暑さに負けず大変なテンションです。
a0067056_3582469.jpg
茶白@2号。
角材を振り回して視線をいただこうとしたら(なんて野蛮な)
角材そのものに興味を持たれてしまいました。
a0067056_3582715.jpg
フル茶トラ@1号とミケチー。
みんな毛がたくさん抜けて首もとがスッキリしました。
1号は首ががっちりしているので、そこをマッサージしては
「ええ感触や♪」と喜んでいる、ヘンタイヌシであります(笑)。
a0067056_3583231.jpg
ミケチー。角材をかじられてしまいました。
a0067056_3583446.jpg
この兄妹、全般的に猫のオモチャへの反応がちょっと薄いです。
しかし、角材はお気に召した模様(笑)。
思わぬ反応に調子こいてブンブン振り回し、ふすまにぶつけてしまった。
みな、ビックリ(^^;)。
a0067056_358353.jpg
おまーけ。
用足しミケチー。
カーテン裾の汚れは、窓から雨が吹き込んだとき、建材の着色がうつったもの。
洗わなければ~。
このトイレは旧型ニャンとも清潔トイレに、デオトイレのスノコと
蓋を乗っけたもの。ペットシーツを使うときはこの組み合わせ、
漏れにくくおすすめです(^^)vv。

3匹ともトイレマナーが理想的によろしく、砂の好みもうるさくなく
大変に助かります。


ところで7月はまたずいぶんな猛暑続きで、もう猛暑は例年のことで
慣れてきつつありますが、やっぱり暑いのはきつい。
とうほぐ育ちのみちのく猫たち、北陸はさぞ暑いだろうなぁ…と
心配でしたが、このところずっと、福島の方が
あちちじゃありませんか(´Д`;)。
福島って暑い地域だったんですね…。
避難所など慣れない生活を続けている方、熱中症に注意してくださいね。
[PR]
by K318Ci | 2011-07-18 04:12 | みちのく猫 | Comments(2)
3種混合ワクチン 第2回接種
少し遅くなってしまいましたが、みちのく組の
2回目ワクチンを打ってきました。
彼らは初めてワクチンを打つので2回接種が必要と聞いています。
でも成猫に2回ワクチン、よそではあまり聞かないですね(^^;)。

フル茶トラ@1号  5.2kg
茶白@2号  5.0kg
ミケチー  3.65kg
全員平熱。

人懐こい彼らは、診察時もほとんど抵抗しません。
今日のワクチン接種は院長先生の登場でしたが
経験の長い院長先生が
「うーーーーーーーん、、、、、、この子たち、すごい!」
と感嘆したほど、検温も注射もスムーズに終わりました(^^)。
そんな院長先生の腕は、積年の裂傷でいっぱいなのです。
a0067056_2358066.jpg
フル茶トラ@1号。
a0067056_23544572.jpg
茶白@2号。
a0067056_2354471.jpg
茶白@2号。
a0067056_23544812.jpg
部屋が涼しくなると、3匹かたまって親睦会を開いています。
今夜はワクチンでお疲れだからか、ずっとこうしてかたまっています。
仲良し兄妹の姿は見ていてほほえましい。
2回目のワクチンはダメージが出やすいと聞いているので
ちょっと心配ですが、帰宅後はいつものように猛烈な勢いで
ゴハンを食べ終えました。



☆長つぶやき☆

ヌシ地元の県にも、福島から避難してきた人が大勢いるそうです。
現在約470人、およそ200世帯と聞きました。
たくさんいらっしゃるんだな、と思いましたが
他地方と比べるとまだ少ないんだそうです。
こんな情報を見つけた。
そして、個人情報保護法の壁が避難者同士のコミュニケーションを阻んでいると。
つまり、福島では同じ町に住んでいた人が
いま、すぐ近所で避難生活を送っているとしても、
自治体からそれを伝えることはできないので、わからない。

ヌシの地元の支援ボランティアに聞いてみたところ、
携帯は必需品なので携帯のネット環境はあるでしょうけど、
パソコンを持っている人はほとんどいないらしい、とのこと。

こんな状況では、避難者の方たちには、ネットの情報は
おそらく全くと言っていいほど伝わらないだろうと思いました。
福島では今もペットの保護活動が続いていますが、こうした動きは
地元福島でさえ周知が足りていないのに、
他地方に移り住む避難者にどうしたら届けることができるんだろう。

ネット環境のあるヌシでさえ、仕事の合間では
保護活動の全貌を掴みきることができません。
枝葉のように増えていく「保護した被災動物の近況」ブログの数々は
いったい、誰に何を訴えているのか、まるでわからないものが多い。
(中にはここのように、飼い主さんが見ているケースもあると思うのですが)
人々が去った町で生きていた動物たちは、本当に「見捨てられた存在」なのか。

必要としている人に、必要な情報を、または届けたい情報を
伝えることの難しさを感じます。
[PR]
by K318Ci | 2011-07-03 02:04 | みちのく猫 | Comments(5)