「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
オボロごころ
オボロちゃん、そろそろご機嫌なおしておくんなさい。
a0067056_2465198.jpg
「…ボクはいつでもご機嫌だよ?」
a0067056_2465314.jpg
「ネコジャラを見て“それずっと使い古してんじゃん”なんて思っても
ムカついたりなんかしないよ?」

「ムカッ! 怒ってなんかいないってば。」


ネコジャラを振ると、遊びながらシャーシャー怒るんですから。
不機嫌は体に悪いぞ?
そしてそろそろ爪を切らせておくんなさい。
爪が引っかかるのでまた怒っています(^^;)。




☆31日のおまけ☆
a0067056_9145181.jpg
怒ってます(笑)。

[PR]
by K318Ci | 2011-08-30 02:48 | 猫話 | Comments(0)
3匹合唱隊
はちゃめちゃ元気です。
ゴハン時が近づくとそわそわするのは皆同じですが
3匹がかわるがわる「ブニャーン」「ミギャーン」「ウミャーン」と
声は違えど同じ調子で鳴き続け、見事に息の合った合唱で大賑わいです。
部屋の境目に棚があって、どうもそこに乗ってしまうと柱が傷つくので
一部、猫避けトゲトゲを置いてガードしたつもりが
みんなおかまいなしに飛び乗って、蹴散らしてしまいます。
猫避けトゲトゲの上を歩く猫、なかなかいないのでは(゜∀゜)。
そんなわけで、元気満ちあふれるみちのく兄妹なのでした。
元気なことはいいことだ、うむ!
a0067056_403689.jpg
a0067056_404178.jpg
フル茶トラ@1号。
a0067056_403936.jpg
a0067056_402741.jpg
茶白@2号。
a0067056_40239.jpg
a0067056_403123.jpg
a0067056_403016.jpg
a0067056_1058632.jpg
ミケチー。


部屋にいると、3匹が寄りそってきて、ヌシをかこんで
思い思いに寝そべって、ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ…。
そんなときのみちのく猫たちは、とても嬉しそうです。
人が好きなんですね。
彼らは犬も好きらしいですが、うちは、犬がいないからなぁ。



福島の猫たちの救出が続いています。

[PR]
by K318Ci | 2011-08-28 04:01 | みちのく猫 | Comments(2)
すずのパフォーマンス
21日、すずがやってくれました(^^;)。
度重なる『キュウリコール(キュウリ食べないとしんじゃうの)』を
無視していると、台所からごっとんごっとんとひきずってきたものは。

スイカの皮!

ヌシの目の前まで、見るからに苦労している様子で運んできて
みょ~おにオーバーなしぐさでかじっております。
必死です。いや、必死なふりをしています(バレバレ 笑)。
おまい、これは流し台の三角コーナーに捨ててあったスイカの皮じゃないか。
えぐいぞ、すず。
a0067056_2191087.jpg
すやすや。


先日、スイカの皮を丁寧に白いところだけ剥いて出してあげたときは
「ふ~ん」という様子でスルーしていたのにね。
ところがキュウリを出すと、品定めもせずにかじりつくのにね。
つまり、スイカの皮はそれほど好きじゃないって、もうばれているんだぞ。
先日買ったキュウリの徳用袋、ニンゲンがちょっとしか食べていないのに
もう空っぽなんだぞ。おまい、おかんに相当ねだっているだろ。

これだけキュウリを食べ続けて不健康そうな様子もないので
しょうがない、明日はまた徳用袋を買ってくるとしよう。



☆おまけ☆
いつ里に、オボロを発見!?
「グレーがかった黒猫、おぼろ君です。」
コンセプト的に同じだ (゚д゚)!!
リンク、リンクとたどっていくと、トライアル決定と書かれていたので
↑のいつ里の記事は間もなく削除されると思います。
宮城の被災猫で、もとの飼い主さんは津波で…。
おぼろ(仮)君、再び幸せになってほしいですね。

a0067056_2401968.jpg
うちのオボロはまだスネスネ中。長引く男ですから(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2011-08-23 02:44 | 猫話 | Comments(2)
天井のときめき
週末は一気に涼しくなりました。
エアコンなしで過ごせる幸せ!
しかし猫どもは、隣の部屋のみちのく組の
たしなみ相撲(よくひまつぶしに取り組んでいる)の迫力に
2階の部屋を避けて1階で過ごす習慣になっております。
ヌシさびしいでござる。
もともと夏は、猛暑で蒸しあがる2階、またはエアコン運転中の2階を避け、
天然の風が入り涼しい1階で過ごすことが多いのです。
(みちのく組の部屋は、増築部分で断熱が効いており
 ヌシ部屋ほどは温度が上がりません)。


そんな猫どもが突然、次々と2階にやってきては、
a0067056_1016399.jpg
天井を見上げて「ニャ? ニャ?!」と恋しげに鳴きだしました。
ハリーはハンターの素質があり、こうした音には血が騒ぐようで。
ユキ姐さんは我関せずです(^^;)。あとふすまのガムテープが
気になりますね、風で障子が落ちるので、適当に固定しているのである。
a0067056_10164484.jpg
ホシちゃんも、落ち着きなく天井を見上げてはアクセスポイントを探します。
a0067056_10164699.jpg
a0067056_10164781.jpg


天井裏を、小さなモノが走り回る音がしました。
ネズミではなさそう…、もしネズミならかなり小さいと思います。
しばらく活発に走り回っていました。
うーん、何だったんだろう?
[PR]
by K318Ci | 2011-08-21 10:35 | 猫話 | Comments(0)
避暑中のみちのく猫
元気やでー。めっちゃ元気やでー。
a0067056_1385854.jpg
左:茶白@2号。右:フル茶トラ@1号。
a0067056_139389.jpg
フル茶トラ@1号。
茶白@2号。


先週、24時間ほど不在にしたのですが
猫の数も多いことだし、今回はドライフードを
バケツ大盛りにしてでかけました。
(ドライが食べられないノイエの分だけは家族に頼み)
みちのく組にはだいたい800gほど置いていったところ
帰宅したとき、ほとんど食べつくしてありましたヽ(´Д`;)ノ
ちなみに家の猫どもには1kgほど盛って行ったのですが
こちらはなんと、空っぽになっていましたヽ(´Д`;)ノ
猫どもの腹がね、横にドーンと張り出しており、爆食いのすさまじさを
物語っていました。
事前に数日かけて食事量を増やしたりと、いろいろ仕込んだつもりが
意味がなかった(^^;)。
もちろんトイレにはクリーミーな(略)。
置き餌方式も悪くないようなのですが、慣れるまではこうやって
爆食いしてしまうので大変かも。
みちのく組は、保護主さん宅でも爆食いを続けていたらしく
ずっと下痢で困った~と言っておられました(^^;)。
保護直後はともかく、食いすぎだったのでは。
ミケチー。19日、なにげに部屋を出てきたので
そのまま家中を好きに歩いていました。
ミケチーは、すずより少し体が小さいことに気づきました。
みちのく兄妹はみんなそうですが、体が細いんですね。
すずも、家の猫の中ではすらりとした体型なんですが…。
家の(アンゴラ除く)ずんぐりむっくりーずの中では、
ミケチーはとてもほっそりして見えます。


14日にはみちのく組の保護主さんが主体となって設立されたシェルター
「南相馬にゃんこはうす」を見に行ってきました。
本当は手伝いなど…のつもりが、タイミングよろしくなく(^^;)。
週末に保護された猫たち10匹以上が、さっそくケージに入っていました。
どの子もみな状態が悪く、また飼い主さん依頼の子が多いこともあって
写真は撮りませんでした。
当日中に動物病院に(保護後すぐ病院に連れて行く方針のようである)。
保護隊の皆さんは、福井ほか各地からの長距離移動、
そのまま夜を徹しての保護活動、シェルターに搬入、
ひと休みする間もなく猫たちの世話、動物病院へ搬送、
依頼してこられた飼い主さんと連絡を取り、引き合わせと
超過密スケジュール。
おりしも猛暑がピークを迎え、にゃんこはうすに向かう途中で
路上の電光掲示板に「36℃」の表示を見た日でした。

飼い主のいない家で生きながらえている猫たちの健康状態は、
5月からたった数回見ているだけでも
きわめて悪くなってきているのがわかりました。
「飼い主さんが喜んでもらえるから続けていける」
保護主さんから何度か聞いた言葉です。

また、飼い主不明の子が見つかったときは、健康状態と
引き受け先を考えつつも、可能な限り保護して連れてくるそうです。
シェルターが稼動をはじめたので、こうした子たちの保護が
増えるのかもしれません。
里親募集、一時預かり依頼、活動費・シェルター運営費の募集は
これからも続くと思います。


いちおう有志の会が設立・運営となっているので
ヌシには細かいことはようわからんのですが
現在もっとも具体的な情報が出ているのは、
みちのく組の保護主さんのところです。
収支報告、支援物資送付先などの情報がまとめられているのはこちら
福島の猫たちのことが何かと気になるアナタからの
ご支援、ご協力をお待ちしているに違いないです。

[PR]
by K318Ci | 2011-08-21 01:40 | みちのく猫 | Comments(2)
キュウリ娘ほか
17日深夜、それはそれは猛烈な雨と雷が天上を通過していきました。
猫どもはみな、ひっそりと身を縮めていましたが、
a0067056_353714.jpg
すずは平気な様子で、スヤスヤ寝ていました。
(みちのく組も、豪雨+轟く雷鳴の中、3匹揃ってまるで平気にいつも通り)。

そのすずが、コレ↓を取り出すとピキーンと目覚め、
床に仰向けになって、ぐねぐねダンスを踊りだします。
a0067056_354039.jpg
キュウリだemoticon-0171-star.gif
スーパーで、山形産と福島産、ごちゃまぜになって売られていました。
もともと東北産の野菜はあまり見たことがないのですが
今年は突然、大量に並ぶことがあります。
a0067056_354359.jpg
ハリーはキュウリなど決して食べません。猫なら普通食べません。
a0067056_354578.jpg
これは福島で買ってきた桃。あかつきという品種だそうです。
購入後、すこし日を置いてしまったのですが
それでもプリップリに新鮮でおいしかった!
a0067056_354713.jpg
ホシちゃんは、すっかりむっちり嬢に変身です。
a0067056_355256.jpg
猛暑の車中に設置しているポータブルナビの液晶が瀕死の状態。
とりあえず、小型のナビを購入。
これは実際に走ってみるとかなり“使える”モノでした。
時々頑固に、近道と称して狭い峠越えの道を案内するところなどは
ナビ中のナビ、ナビらしいナビと呼んでもいいでしょう~(^^;)。
車だけでなく、徒歩モードや自転車モードがあります。
[PR]
by K318Ci | 2011-08-18 03:07 | 猫話 | Comments(0)
相馬とアサリ
a0067056_142910.jpg
田んぼが広がっていたと思われる場所。あちこちに舟や車。
a0067056_143469.jpg
松川浦。満潮だったようです。海の色が日本海とは違う。
a0067056_143893.jpg
「丹下左膳之碑」と書いてありました。津波で倒れたものを立て直したのではないかな。
壊れたボートが集めてありました。
a0067056_144026.jpg


14日、福島県相馬市へ。

相馬は、父が我が家を建てたころ、長期出張に赴いた土地です。
相馬港で、我が家の地元の船の整備か修理をしていたようです。
その間は、港付近の民宿に泊まっていたといいます。
民宿のひとは皆明るく親しくしてくれて、父が家に戻るときは
おみやげにと相馬で獲れたアサリと、生昆布を持たせてくれました。
家に父が帰ってくるたび「アサリがある! これを食わせてやる」と嬉々として
自分の荷物も解かぬまま、発泡スチロールの箱から見たこともない大きなアサリを
どっさり取り出し、フライパンで酒蒸しにして家族に供してくれました。
生昆布はどう料理したらいいのかよくわからなかったのですが(笑)、
この、相馬のアサリの美味しかったことと、数週間か数ヶ月ごとに
一時帰宅したときの父の嬉しそうな様子は、今でも忘れられません。
「相馬はいいところだ、人がみんないい。
 漁港のすぐそばにはアサリが獲れる浜がある。
 昔オワ(俺)が若かったころの放生津潟とよく似ている。」
そんな話をしていた記憶があります。
相馬での仕事が終わったあとも、わざわざ民宿に頼んで何度も
アサリを送ってもらいました。そのくらい、家族みんなの好物でした。

父は出張が終わったころから、時間をかけて体を壊していきました。
母は何度か「あのとき相馬に行かせたのがよくなかった。」と言います。
当時、父に何かがあったのか、今でもわかりませんが
家を建てた直後で、大黒柱として責任が重くなったときではありました。
せっかく家を建てたのに、家族の空気が揃わなくなっていきました。
最後まで、父が相馬と我が家を行き来していたころまでのような
家族の姿は戻ることがなかったと思います。
まぁものすごい不幸があったわけでもありませんが。

3月11日から東日本大震災のニュースを見るにつけ
福島は、相馬はどうなったんだろうと気になっていました。
震災直後は原発以外の福島のニュースがきわめて少なく、
地震や津波の被害状況がわかりませんでした。
Google Mapが更新され、相馬港から
アサリの獲れる浜(松川浦という場所らしい)までの写真を見て
直接この場所を見たいと思うようになりました。

海岸への道を進むと、屋根にブルーシートを被せた家が増えていきます。
ところどころ不自然に激しく枯れている植え込みに異様なものを感じつつ
それでも5月に訪れた(迷い込んだ!)浪江町ほどの被害ではないなぁ…
と思っていたら、空気が徐々にドブっぽい潮のニオイに変わり
ふと右を見ると、津波がかけあがったと思われる泥沼が広がっていました。
ニュースで、ネットで、もうすっかり見慣れてしまった被災地。
実際に目にすると、予想以上の強い衝撃を受けました。

そして、松川浦。どんな場所なのかまったくわからないまま
訪れたのですが、堤防とおぼしきものは破壊されており、ただただ
広大な海が広がる景色に呆然と立ち尽くすばかりでした。

ぬるい潮風に吹かれて沖を眺めていると
不意に、父がかつてここに立ち、想ったことを強く感じました。
生まれ故郷とそっくりの景色(らしい)のに、ここは太平洋。
やっぱり、寂しかったんじゃないかなぁ…と、はじめてその気持ちがわかりました。
昔と変わらない沖の景色を見ては父の気持ちを思い
背後に広がる、津波による無情の光景を見ては震災の恐怖を思い
しばらく混乱が収まりませんでした。

震災から5ヶ月、この地もぼちぼち復旧が進んでいるようでしたが
復興とまでは、まだまだ。
地元の人々は落ち着いた様子で家を出入りしていましたが
このすさまじい破壊から、心に負った傷は小さからぬものと思います。
どうか、家族や地域の絆を見失うことなく
3月11日までの暮らしを取りもどしてほしいと切に願います。
そのときが来たら、今度はアサリを買い込みに来るつもりです。

食べ物のウラミは晴らす…(笑)。




この地域の津波、動画。
すみません、こんなにすさまじい波だったとは想像に及びませんでした。
亡くなられた方に心よりお悔やみ申し上げます。
相馬の復興をこれからも見守りたいと思います。
[PR]
by K318Ci | 2011-08-18 01:51 | その他話
偽薬に手を出すな

[PR]
by K318Ci | 2011-08-10 00:55 | その他話
ぶぶ文章は後程。。。
a0067056_301757.jpg

a0067056_30232.jpg

a0067056_302518.jpg

a0067056_302710.jpg


a0067056_302926.jpg
すごいチラシが入っていました。
これはきっついなー。


ぶぶ、文章が出ないまま次のトピックへ(^^;)。
[PR]
by K318Ci | 2011-08-08 03:02 | 猫話 | Comments(2)
暑さかまわず
福島県特産の桃「あかつき」がことしも皇室に献上されたそうですよ。
そんな高級品、ヌシの口には永遠に入りそうにない(^^;)。
でも、ガリ桃で充分だから食うさ、福島の桃。
…売っていないですけど…とほほ。
a0067056_2583819.jpg
「この間、福島産のピーマンを食っていたじゃないか。」
a0067056_2584058.jpg
「よく食べるわね、物好きね~。」
いや~、あれは5個買ったものがレジで6個分計上されていて悔しかったよ。
てかミケチー、なんだか怖いんですけど(^^;)。
a0067056_2584191.jpg
「かわいい私を捕まえてなんてことを!」
ごもっとも。てかミケチー、キミが福島産。
a0067056_2584549.jpg
「ミケチー、生まれ故郷を忘れちゃったのかい。」
a0067056_2584823.jpg
「ミケチーが風評被害、やってるんだ。」


なぁん、こういうときに文句を言う人は、持ちつ持たれつという心を
忘れている悲しい人なのさ。お子さんと若い女性は気にしたほうが
いいとも思いますがね。それでも、生産者に文句を言うのは筋違い。
[PR]
by K318Ci | 2011-08-08 02:59 | みちのく猫 | Comments(2)