えんどう豆とスイートピー
昨年、畑の春野菜にスナップエンドウを育て、けっこうよくできて収穫が楽しかったので今シーズンも、と様々な品種の種をまいてみました。

しかし、10月後半にまいた種の発芽率がとても悪くて、追いまきをしてみましたがそれもなかなか芽が出ず、次々と苗床を作ってしまいました。
11月に入ると気温が下がってもう外に出していては芽が出ないと思い、部屋に入れてもさっぱり。

12月25日くらいに最後の追いまきをした種が、暖房のおかげでようやく。
そして、11月にまいて一向に芽が出なかった苗床からも、ぽつりぽつりと芽が出始めました。
こうなるとどうしたらよいのか(^^;)。
日光と温度が確保できる場所は限られており、置き場所がない。
そのうち猫が何を思ったか、苗床に踏み入って座り込もうとする始末。
モヤシのような頼りない苗ですが、雪が舞う外に置くしかありません。
そもそも、いまこんな小さな状態では、春からの成長は難しいのかも。
逆に、追いまきした量は多すぎるので、もし全部育ってしまったら豆だらけで食べきれない。
この春の収穫がまったく読めないことになってしまいました。
a0067056_00170894.jpg
しかも、ラベルを立て忘れて何が何の品種かわからないです。
豆つながりでスイートピーもたくさんまいたので、もうめちゃくちゃです。

ヒョロヒョロの芽がたくさん出て嬉しい。
春が楽しみです(負け惜しみ)。




[PR]
by K318Ci | 2018-01-03 13:49 | 緑話 | Comments(0)
<< 年越しはテクノ。 猫はいないけど。 >>