ハリーのジャパニーズボブテイル
ある日ポストをのぞいたら、うりょービックリ!
ハリーが、ジャパニーズボブテイルとして
CFAに登録されたとのお報せでした。
a0067056_0562930.jpg
23日のハリー。
a0067056_057443.jpg
確かに、シッポは短いけれど。
a0067056_0582378.jpg
ネコジャラを狙うハリー。
a0067056_0593026.jpg
Macの上で、定番まったり。

ハリーは、我が家の猫どもの中ではもっとも雑種的なルックスで
動物病院でも“チンチラMIX”と記録されています。
そんなハリーが、日本原産の猫「ジャパニーズボブテイル」
として認めていただけたこと、ヌシにとっては意外で(^^;)。
とにもかくにも、ヌシ家は思わぬサプライズに喜びにつつまれました。
浮き足立つ家族につられてか、猫どもも、誰彼ともなく上機嫌!
a0067056_1204942.jpg
これが、送られてきたハリーの血統書です。
正式な血統書というものは、ヌシはじめて見ましたです。
アンジーやノイエの血統書は持っていません。

ご好意でハリーをCFAに申請してくださったのは
ジャパニーズボブテイルのキャッテリー「雪うさぎ」を
運営しておられるブリーダーのSUZUNAさんです。
(無断リンクで失礼いたします)。
どうやら、日本全国あちこちに、こんなサプライズを贈り続けて
いらっしゃるようですよ(’-’*)むふふふふふ。
さすがに「雪うさぎ」の猫さんたちは、どこかなつかしい
面立ちの中にも、美しさと気品が感じられます。

a0067056_151989.jpg
お礼だよハリー。ホレ、ぺこり。

カメライヤンでそれどころじゃないハリーにかわって、
ヌシから、心よりお礼申し上げます m(_ _)m 。

ご先祖さんがかわいがって残し続けた、代々のみじかシッポの猫、
そんな日本の猫が海外の猫好きな方々に愛されるということ、等々。
1枚の血統書から、いろんなことに思いを馳せました。
いつか、シッポの形状にかかわらず
日本猫がもっともっと多くの人から愛される存在になれたら
いいですね。


おま〜け。
a0067056_222953.jpg
生粋の放生津猫すず、今夜も洟キラリ☆
by K318Ci | 2008-01-25 02:24 | 猫話
<< さぶいです フレッドバウチン >>