人気ブログランキング |
ナイスミドル部屋のこどもたち
a0067056_2224286.jpg
a0067056_2225149.jpg
a0067056_223476.jpg
a0067056_223833.jpg
a0067056_2231324.jpg
a0067056_2232051.jpg


今年はすずの3種混合ワクチンを打たなければ。
すずのような風邪持ちは、ワクチンで一時的に風邪の症状が
悪化することがあります。
うちでは、ワクチン後にあきらかな風邪の症状が出たのは
オボロだけだったかな。
そのオボロも、うちでの2回目のワクチン接種では
風邪の症状がほとんど出ず、平気でした。
年寄りになったらワクチンは中止したほうがいいらしいですが、
体力があるうちは、ワクチンは打っておいたほうがいいな、
とヌシ家では考えるようになりました。
なんといっても、すずが年中風邪ひいているので(^^;)。

ワクチンの毎年接種を見合わせる人は、抗体値検査で
ヘルペス、カリシ、パルボの抗体を把握すると
安心できると思います。

このほか、ワクチンでアレルギー(ショック症状も)が
出た経歴がある場合は、ワクチン接種をしないという選択も
アリだと思います。




かなり切れ切れですが、もー眠くってだめじゃあ。



↓14日に半分寝ながらだらりと追記。
ワクチンに疑問を持つ人も多いようです。
調べると、確かになぁ…と感じる記事がいくつも見つかりますね。
アナフィラキシーショックも意外に少なくない。

ホメオパシーとかなにかいろいろ(てんで詳しくないです)で
自己免疫力を高める方法をとられる飼い主さんもいらっしゃるようです。
自己免疫力を高めるというのは理想的な考えであり、方法である
と思います。
しかしだ、ワクチンなしでは、おそらく必ず風邪くらいひきます。
洟水ぶっ飛ばし、涙をごうごうと流し、熱を出し、食欲をなくした猫に
ゆっくり、落ち着いて付き合って、自然治癒まで導く
世話の時間、心遣いと観察力、判断力があるかどうか。
いちばんこわいのは、パルボですが…これに見舞われたら、どうする。
そのへんの心構えが、あるいは知識がないと
安易に挑戦できるものではないなぁ、と考えています。
もちろん、真剣に勉強し、取り入れて確実な効果をあげている人も
いらっしゃると思います。

しかし、いいですよねぇ。みなぎる自己免疫力。
飼い主さんと猫の結びつきも、よりいっそう強くなりそう。
憧れてしまいます(´ `*)。
ヌシはきっと、おろおろとあやしいサプリや
理解もできんレメディなどを放り込んで
飼いヌシだけがプラシーボにおぼれてしまいそう。
こんなやつにホメなんとか、なんて
危なっかしくて使わせられないですぜ。



↓15日に7割寝ながらしつこく追記。
15日に動物病院に行く機会があったので、獣医さんに
質問してみました。
「もともと猫風邪(ヘルペス)を持っている猫は、
ワクチンによって風邪の症状の改善を期待できるか否か?」
獣医さんいわく
  無理。
だそうです(T T)。
自分でウイルスを保有しており、症状がある限りは
自分の体内で抗体を作り続けているので、
ワクチンは意味がないようです。
では、
「猫パルボはどの程度蔓延しているのか?」
獣医さんいわく
  めったに見ないです。一度、あやしい子を診たことがありますけど。
強毒性のウイルスは感染力が強くない、と、人間のインフルエンザの
話として聞いたことがありますが、そんな感じなんでしょうかね??
  パルボはFIVのようにじわじわ広がって蔓延する性質はないようです。
  致死率が高いだけに、感染して発症すればすぐ死んでしまいますし
  ウイルスを克服して生き残った猫は、強い抗体を持ちますので
  二度と感染しませんから。
  ただし、完治するまでの間、ウイルスを排出し続けるので
  周囲の猫への注意が必要です。パルボは空気中でも長い間
  生き残りますし、空気感染もするので。

すずに関しては、ワクチンの必要性はびみょぉ~ではあります。
でも、すずにはカリシの症状がないらしいので、
それを予防する意味で打っておいたほうがいいのかな。

by K318Ci | 2009-12-13 02:32 | 猫話
<< 半寝半生 すず腕繁盛記 >>