人気ブログランキング |
カテゴリ:みちのく猫( 37 )
福島の崖っぷちたち
久しぶりにネットめぐりなどしていたら
預かりさんに託したはずの、福島の飼い主不明被災犬、
その犬が保健所のHPに掲載されているのが発見され
処分直前、すんでのところで保護した、という記事を読む。
マジスカ。
少々お怒りモードで彼らを撮ったさ。
a0067056_3341391.jpg
今夜の茶トラ兄弟。最近お腹がぽよぽよしてきました。


またいろいろいろいろ考えてしまいました。
うちは、飼い主さんの元に帰れるまで、3兄妹を大事に育てます。


誰がどうした、はここで問題にしても仕方のないことですが
こうした問題が起きる背景に、被災地の、特に福島の保護活動が
個人ボランティアのキャパシティを超えているという現状がうかがえます。
多くの人が活動に理解を示して、参加者が増えて広がっていけば
改善できると思うのですが、なかなか難しいところもありますねぇ。
なんと言うか…労わってあげられたらなぁ、と思うんですよ…。
まぁ現実は、地震のジの字もない遠方でやきもきしているばかりです。
by K318Ci | 2011-08-05 04:19 | みちのく猫
夏の夜はゴロゴロ
3日(2日深夜)、寝る前に携帯のカメラで撮ったですよ。


デジイチだとしょっぱい顔になってしまうフル茶トラ@1号が
かわいい顔で映っています。
甘えるとき、手をカジカジするのが1号流の甘え方。
ヌシ手はごついので噛み甲斐があるじゃろ~。
時々、ちょっと力が入るので牽制してみました(^^;)。
途中、かまってほしくて寄ってきたミケチーをはたくのは、なぜ??


寝巻きが見えてお恥ずかしいです(^^;)。
by K318Ci | 2011-08-04 03:38 | みちのく猫
青春のがっつきエイジ
このところ、更新が遅れ気味でもどかしいです。
写真は23日の撮影分。
a0067056_243894.jpg
ガッシュガッシュガッシュ!

フル茶トラ@1号の食事は、戦争(笑)。
晩ゴハンは水(温かい肉スープ)びたしドライフードです。
水分、フードとも、うちの猫どもにはとても無理な量を
食べていますが、なかなかがっつきは治まりません。
3匹でいるので、どうしても競争心が出てしまうのかな?
…それを言うと、家は8匹なのだが…。
ゴハンを持って部屋に入ると、興奮した3匹が棚の上などから
一気に勢いよく飛び込んでくるので、3皿を盛大にひっくり返すことも
しばしばしばしば。
フッ飛ぶゴハン、散開し追いかける3匹。ほとんど漫画です(^^;;)。
a0067056_24408.jpg
ゴハンを食べ終えると、石のマットに寝そべってクールダウン。
1号はカメラが嫌いで、なかなかいい表情が撮れんですよ。
かわいんだけどなぁ。
a0067056_24429.jpg
こちらもピンボケですが、ミケチーもよう食べます。
ミケチーは、保護時から健康状態は良好でしたが、3兄妹の中で
ひときわ毛艶が悪く、家にきてからもなかなか改善しませんでした。
それが、ごく最近になりしっとり艶やかになって
見違えるような滑らかな毛並みに変身。
女の子はなにかと苦労が多いものね。

もちろん、茶トラ~ずも毛が柔らかくなってきました。
特にフル茶トラ@1号は短めのみっしりした毛が気持ちよいのである。
a0067056_244657.jpg
茶白@2号は撮りやすいです。
2号は毛足がちょっと長めで、茶色が深く鮮やかです。
a0067056_24483.jpg
茶白@2号。この目の色はカッパーだと思うのだけど
あまり見ない珍しい色だな、とググってみたら
日本の在来猫にはカッパーの目色は存在しない、と
書いてあるサイトもあった。
洋猫ゆずりの色らしいですね。

この色はもっと成長するとゴールドに近くなる傾向があるように思います。
1歳。彼らは最も美しい時を生きています。


だからさー、ゴハンはもっとまったり食べようぜ(笑)。
by K318Ci | 2011-07-30 02:36 | みちのく猫
七夕の日の写真
たぼーたぼーで、更新が遅れております。
長い夏休みが懐かしい(笑)。しかし、ヌシが夏休みを満喫できた時代
夏はこんなに暑くなかった。


写真は、実は7日の撮影分です。
現在もまったく変わりなく、のんびり元気にしています。
ゴハンどきには1日のエネルギーの多くを消費するシステムになっている
らしく、暑さに負けず大変なテンションです。
a0067056_3582469.jpg
茶白@2号。
角材を振り回して視線をいただこうとしたら(なんて野蛮な)
角材そのものに興味を持たれてしまいました。
a0067056_3582715.jpg
フル茶トラ@1号とミケチー。
みんな毛がたくさん抜けて首もとがスッキリしました。
1号は首ががっちりしているので、そこをマッサージしては
「ええ感触や♪」と喜んでいる、ヘンタイヌシであります(笑)。
a0067056_3583231.jpg
ミケチー。角材をかじられてしまいました。
a0067056_3583446.jpg
この兄妹、全般的に猫のオモチャへの反応がちょっと薄いです。
しかし、角材はお気に召した模様(笑)。
思わぬ反応に調子こいてブンブン振り回し、ふすまにぶつけてしまった。
みな、ビックリ(^^;)。
a0067056_358353.jpg
おまーけ。
用足しミケチー。
カーテン裾の汚れは、窓から雨が吹き込んだとき、建材の着色がうつったもの。
洗わなければ~。
このトイレは旧型ニャンとも清潔トイレに、デオトイレのスノコと
蓋を乗っけたもの。ペットシーツを使うときはこの組み合わせ、
漏れにくくおすすめです(^^)vv。

3匹ともトイレマナーが理想的によろしく、砂の好みもうるさくなく
大変に助かります。


ところで7月はまたずいぶんな猛暑続きで、もう猛暑は例年のことで
慣れてきつつありますが、やっぱり暑いのはきつい。
とうほぐ育ちのみちのく猫たち、北陸はさぞ暑いだろうなぁ…と
心配でしたが、このところずっと、福島の方が
あちちじゃありませんか(´Д`;)。
福島って暑い地域だったんですね…。
避難所など慣れない生活を続けている方、熱中症に注意してくださいね。
by K318Ci | 2011-07-18 04:12 | みちのく猫
3種混合ワクチン 第2回接種
少し遅くなってしまいましたが、みちのく組の
2回目ワクチンを打ってきました。
彼らは初めてワクチンを打つので2回接種が必要と聞いています。
でも成猫に2回ワクチン、よそではあまり聞かないですね(^^;)。

フル茶トラ@1号  5.2kg
茶白@2号  5.0kg
ミケチー  3.65kg
全員平熱。

人懐こい彼らは、診察時もほとんど抵抗しません。
今日のワクチン接種は院長先生の登場でしたが
経験の長い院長先生が
「うーーーーーーーん、、、、、、この子たち、すごい!」
と感嘆したほど、検温も注射もスムーズに終わりました(^^)。
そんな院長先生の腕は、積年の裂傷でいっぱいなのです。
a0067056_2358066.jpg
フル茶トラ@1号。
a0067056_23544572.jpg
茶白@2号。
a0067056_2354471.jpg
茶白@2号。
a0067056_23544812.jpg
部屋が涼しくなると、3匹かたまって親睦会を開いています。
今夜はワクチンでお疲れだからか、ずっとこうしてかたまっています。
仲良し兄妹の姿は見ていてほほえましい。
2回目のワクチンはダメージが出やすいと聞いているので
ちょっと心配ですが、帰宅後はいつものように猛烈な勢いで
ゴハンを食べ終えました。



☆長つぶやき☆

ヌシ地元の県にも、福島から避難してきた人が大勢いるそうです。
現在約470人、およそ200世帯と聞きました。
たくさんいらっしゃるんだな、と思いましたが
他地方と比べるとまだ少ないんだそうです。
こんな情報を見つけた。
そして、個人情報保護法の壁が避難者同士のコミュニケーションを阻んでいると。
つまり、福島では同じ町に住んでいた人が
いま、すぐ近所で避難生活を送っているとしても、
自治体からそれを伝えることはできないので、わからない。

ヌシの地元の支援ボランティアに聞いてみたところ、
携帯は必需品なので携帯のネット環境はあるでしょうけど、
パソコンを持っている人はほとんどいないらしい、とのこと。

こんな状況では、避難者の方たちには、ネットの情報は
おそらく全くと言っていいほど伝わらないだろうと思いました。
福島では今もペットの保護活動が続いていますが、こうした動きは
地元福島でさえ周知が足りていないのに、
他地方に移り住む避難者にどうしたら届けることができるんだろう。

ネット環境のあるヌシでさえ、仕事の合間では
保護活動の全貌を掴みきることができません。
枝葉のように増えていく「保護した被災動物の近況」ブログの数々は
いったい、誰に何を訴えているのか、まるでわからないものが多い。
(中にはここのように、飼い主さんが見ているケースもあると思うのですが)
人々が去った町で生きていた動物たちは、本当に「見捨てられた存在」なのか。

必要としている人に、必要な情報を、または届けたい情報を
伝えることの難しさを感じます。
by K318Ci | 2011-07-03 02:04 | みちのく猫
節電1
文章後程(^^;)。
   。
   。
   。
   。
文章追記(^^;)。
a0067056_9195348.jpg
フル茶トラ@1号。
丸顔で愛嬌のある容貌、アメショの血を引いているとしたら
いかにも、な顔立ちです(ショータイプとは全く違うけど)。

最近の彼は、ゴハンを供するために部屋のふすまを開けた瞬間
勢いあまって部屋を飛び出す癖が。
ヌシは躊躇せずふすまを締め切り、彼が戸の向こうで
うろたえている様子を感じつつ、お部屋の2匹(茶白@2号とミケチー)に
ゆっくりゴハンを配るのであった。
なぜなら、フル茶トラ@1号はゴハンを食べるスピードが3匹中最速で
少し遅く食べはじめるくらいがちょうど良いのであります。

a0067056_91955100.jpg
茶白@2号。
1号と比べると、顔がやや大きくてマズルが長く、より日本猫顔です。
顔の大きいわりに、茶白@2号の方が首が細いです。

換毛期を終えつつある今日この頃、茶白@2号の毛色が
どんどん赤く濃くなってきています。
最初のころは、茶トラ2匹があまりに同じ毛色のために
ほとんど見分けがつかなくて、わずかに茶白@2号の方が
縞がくっきりして、白い部分が目立つところで区別していたというのに。


しかし茶白2匹、上記のように細かな違いはあるけれど
だいたい同じ
というのが総評です(笑)。

a0067056_9195771.jpg
ミケチー。
ミケチーの名(仮名なんだけど)の由来は、『三毛チビ』だそうです。
飼い主さんいわく、3匹みんな『チビ』と呼ばれていたのだ(笑)。
ミケチーは標準的な日本猫サイズで、3.5kg前後がちょうどいい体格ですが
要求するゴハンの量が多いです。
茶トラ2匹もそうですが、外を駆け回って育ったからか
筋肉がすごーく発達しているのです。
写真ではナヨナヨして見えるミケチー、
触ると筋肉ムッチムチですごいのだ(笑)。




家の猫どもにつられたか、クシャミが出だした茶白@2号は
その翌日、気温が急激に上昇したことがかえってよかったのか
すっかり元通りに落ち着きました。は~よかったよ。
by K318Ci | 2011-06-30 09:20 | みちのく猫
奥の間の3匹
a0067056_3281474.jpg
フル茶トラ@1号とミケチー。
a0067056_3281685.jpg
この2匹は一緒にいることが多いです。仲良しバトルも日課です。
a0067056_3282093.jpg
フル茶トラ@1号。
日曜、はじめて「お茶の猫砂(おから系)」を入れた猫トイレを設置してみたら
1号、トイレに顔を突っこんでもりもり砂を食うておりました…。
ただちにトイレ撤収(T_T)。
うちはアイリスの「1週間取り替えいらずネコトイレ」をメインに
使っていますが、今、ちょうどこれが高いので、セール待ちなのだ。
「デオトイレ」なら安くなっているんだけどなぁ。どうしようかな。
そんなわけで交換用トイレが不足している状態です。
型にこだわらなければ、猫のトイレ容器はくさるほどあるので
なんとかしのいでおります。
a0067056_3282286.jpg
茶白@2号。
なんと、彼もクシャミを出して風邪らしき症状がでてきました。
どうして? なぜに? 多頭飼い9年目にしてはじめての
風邪の流行に、戸惑っております。
いまのところ、皆あまりひどくならないうちに症状が和らいでくる
パターンですが、慎重に見なければ、です。
月曜は猛暑になるらしいので、どうなるかな。
a0067056_3282497.jpg
ミケチー。ポーカーフェイスなのに甘えたがり。
a0067056_3282690.jpg
甘えるときはストレート、そしてさりげないミケチー。
…手がむくんでいたので、ドカチンを超越しております(^^;)。
by K318Ci | 2011-06-27 03:42 | みちのく猫
抜糸完了
18日にみんな糸抜きが終わりましたよ~。
詳細は後日!

-------------------------------------------------------
後日の追記。
a0067056_322070.jpg
フル茶トラ@1号とミケチー。
a0067056_322693.jpg
フル茶トラ@1号とミケチー。
この2匹はよくこうやって団子を組んでいます。
a0067056_323395.jpg
茶白@2号。
いただきものの新鮮マタタビ枝に興味をお持ちのようです。
下唇に膨れたところがあるのを写真で発見、急ぎ実物を観察したところ
猫の口にはこういった膨れた部分があることに気づきました。
異常ナシ、でした。
a0067056_323670.jpg
茶白@2号。美男子です。
a0067056_323863.jpg
ミケチー。この写真は抜糸の後です。
ミケチーは時間をかけて腹帯をちぎってしまい、お腹の傷が
少し膿んでしまっていました。
気づいてあわててカラーを着けたのですが、遅かった。
もう少し化膿止めの薬を飲みましょうということになりました。
彼女の傷は、先日避妊手術を行ったうちのホシより大きかったにも関わらず
糸を全部抜いてもらうことができました。
a0067056_324269.jpg
カラーを着けて、戸惑っていましたが
ホシのようにパニックにはならず、大人しく過ごしています。
この兄妹、なんというか、なにごとにも適応性の高い子たちです。
a0067056_324652.jpg
フル茶トラ@1号。彼もカラー越しに傷のはしっこを舐めてしまいまして
ミケチーよりは短い期間ですが、投薬を延長しました。
a0067056_324919.jpg
フル茶トラ@1号。いちいち仮名を明記しないとわからないおそれ(笑)。
たいへんな甘えん坊でね~、とにかく甘えてくるんです(^^)。

病院から戻って、夕暮れのなかで。糸がなくなっただけでも楽になったかな。
a0067056_32532.jpg
ミケチーと茶トラ坊(どっちだろう、きっと2号だと思う)。


21日には茶トラ2匹のカラーを外しました。
すると、はじけることはじけること。あまりの元気さに
またいろいろな物体が部屋を飛び交っております(^^;)。
まぁ、のびのびやりたまえ。



そういえば、カラーを着けているとき、茶トラ坊のどちらか忘れましたが
ゴハンファイト(食事の配膳をはじめると、興奮して
高い棚から飛び降りたり飛び乗ったり、右往左往する)が行き過ぎて
カラーが吹っ飛んで落下してきたことがありました。
ホックはちゃんと止めているのに、吹っ飛ばすとはおそるべし(笑)。
by K318Ci | 2011-06-20 03:03 | みちのく猫
輪唱ニャンニャン
6月3日に撮影した携帯動画。



ゴハンを待っているところなので、テンションが上昇中です。
実際にゴハンを配膳するときは、テンション5倍増しくらい(^^;)。


彼らみちのく組のように、避難後も飼い主さんが面倒を見ていて
運よくボランティアさんと知り合い、健康なうちに保護できた猫は
ごく少ない。
多くの動物は、死ぬか、衰弱してきているようです。
この後、冬が来たら、山間部はもちろん、市街地でも場所によっては
人が入れなくなると思います。


それも運命と静観するのも悪くはないが…。



by K318Ci | 2011-06-17 04:16 | みちのく猫
福島から
6月13日、またトレタテニャンコが北陸へ。



福井のボランティアさんが福島で保護し、
富山県内のボランティアさんに移動した、成猫3匹。
a0067056_2102110.jpg
きじ白。とても小さくてガリガリ、栄養状態がよくないです。
a0067056_2102395.jpg
きじ白。顔がふっくらしてきれいなので元気なのかと思いきや
キャリーをあけたらガリガリの体が現れたそう。
a0067056_2102441.jpg
グレー(ブルースモーク?)&白の半長毛。
怖かったのか硬直していました。
この1枚だけ写真が大きいですね(^^;)。



そして、うちに滞在するみちのく組の、
a0067056_2103034.jpg
お母さん猫、クイーン。
a0067056_210362.jpg
参考:みちのく組@ミケチー嬢。
似とるな、きわめて。ちなみに茶トラ坊2匹も母に酷似。
a0067056_2181299.jpg
母、クイーンはクラシックタビーでした。
大きさはミケチーと同じくらいかな。
こんな状況でも、手を差し出すとスリスリしてくる甘えん坊でした。
ケージの中の小さな段ボール箱をしきりに隠そうとしています。


段ボール箱の中身は
a0067056_210414.jpg
a0067056_2104426.jpg
この春生まれた、新チビ3匹。
…似とる…(^^;)。

母猫クイーンは富山県内の別のボランティアさんが預かり、
南相馬の飼い主さんの元に戻れる日まで、富山で暮らす予定です。



写真の新チビ3匹はあらたに里親さんを探すことになりました。
うちに滞在するみちのく組と同じ血なら、間違いなく美形で
スペシャルに甘えん坊の、イチオシ猫たちです。
恋したアナタ、ヌシが代行しますぜ。
右メニューのメルアドに送ってきなされ。
なお、募集のガイドラインは保護主さん、預かり主さんのそれに準じ、
ヌシは連絡役のみとなります。ご了承ください。



a0067056_2104743.jpg
そんなどたばたも知らず、兄妹でまったり
腹や股間の傷を癒す、我が家のみちのく組なのでした。
by K318Ci | 2011-06-15 02:35 | みちのく猫